キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第22話 魔核の出現という出来事

「でも、魔核の出現という出来事は30年ぐらい前にも起こっていますよ。そして、更にさかのぼって今から50年前にも」

  魔核が出現する事は、稀にある出来事なのだそうで。僕が生まれる前の話なので、人から聞いて知った情報やら本を読んで得た情報だけれども、30年前にも魔核の出現が起こっていたという。

 モンスターの増加や突然変異によって、各地で被害を被ったという出来事があったと記録に残されている。それから50年前にも、魔核が出現したという記録が残っている。更に過去の記録を探せば、何十年、何百年か昔に魔核が出現したという記録は、まだまだ残されているだろう。

「その魔核が出現した時に、魔王が現れた、なんて話を聞いたことはありません。なぜ今回の魔核が出現したという事が、魔王が現れる前兆だと思ったんですか?」

 魔核の出現は、だいたい2、30年位の周期で起こる自然災害のような物事だった。そして、魔核が出現したときに魔王が現れたなんて話は聞かない。

「その疑問は当然でしょう。なぜ今回の魔核が出現したという事が、魔王の現れる前兆だと思ったのか、それは200年前の魔核と今回出現した魔核と似た影響を及ぼしていると分かったからです」

 臣下は言葉を一旦止めてから、僕の反応を確認して話を続けた。

「今回出現した魔核は、30年前や50年前に現れた物と違って”男性に強い影響を与えて正気を失わせる”という特性がある事が分かっています。そして200年前の出来事にも、酷似した状況が記録されていました」

 臣下は古めかしい本を取り出して、僕らの目の前で中を開いた。つまり、あの本に書かれている物が200年前の魔王が現れた頃の記録という訳だろう。

「この本には、王国で起こった過去の出来事が細かく記されてあります。そして、次のように記録されていました」

 そう言って、臣下はその本に書かれている文章を読み上げた。

”我々は首都を防衛する為に増えすぎたモンスターを狩猟し、魔核を処理するための軍隊を派遣した。しかしその作戦は、派遣した軍隊がほぼ全滅という最悪の結果となってしまった。なぜ我が国の精鋭であったはずの軍隊が全滅したのか、その原因は彼等が仲間割れを起こしたからだと言う。正気を失い、仲間同士で互いに殺傷しあった事態が起こったのだ。後に判明した事なのだが、彼等が正気を失った原因は魔核にあった”

「ここに書かれている通り、魔核の影響によって正気を失ったと記されています。200年前に出現した魔核には、現在の魔核と同じ様に”正気を失わせる”という特性があったようようです」

 確かに、いま出現しているという魔核には、30年前、50年前の過去に現れた魔核とは違う特性を持っている事が分かっている。そして、それと似たという魔核が200年前にも出現していて、その頃に魔王が現れたという記録が残っていると。

 だがしかし、それだけの情報では可能性があるかも知れないという程度だと僕は思う。魔王が現れる、という事が確信できる程ではないだろう。用心するに越したことはないと思うが。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】