キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第21話 魔核の増加は

 王城での話し合い。魔核問題に対処するための人材として、勇者と呼ばれている人物を派遣する急に言われたので、その内容を確認するのが目的でやって来た僕とクラリスの2人。

  その部屋には、僕とクラリス。そして勇者側にはアランと名乗る青年と、仲間であるらしい女性たち、タチアナ、コラ、メラニーという3人が居た。

 それから少し遅れて、王族に仕えている臣下がやって来た。以前、クラン会合で進行役を務めていたあの人だ。そしてそんな彼が、今回の勇者を派遣するという話を持って来た人物らしい。まずは彼と話をする。

 話し合いは、なぜ急に勇者という人材を派遣するという話を持ってきたのか、という事について確認する事から始まった。

「戦乙女クランは、いま魔核問題の処理に追われていますが作業は非常に順調です。時間は掛かっていますが年内には全ての仕事が完了する予定です。率直に言って、今のところ新たに誰かの助けは必要無いのです」

 むしろ今から助っ人だと言って作業に組み込もうと考えれば、調整する為だけに余計な手間が増えそうだった。

 そもそもが、魔核の影響を受ける可能性があるだろう男性のアラン。魔核のある場所には派遣できない。

 しかも、外部からやって来る男性。戦乙女は男子禁制のクランであるので、現場に派遣して協力し合うのは難しい。だから、王国から人材を派遣してくる必要は、無いんだと訴える。

 だが今回の勇者を派遣するという話、別に理由が有るという。

「実は今回の魔核の出現に関して、恐ろしい事実が発覚したのです」
「恐ろしい事実?」

 僕は臣下である彼の言葉を聞いて、繰り返し同じ言葉を口にした。その発覚した事実というのが、今回の勇者という人物を急に派遣すると言い出した原因なのだろうか。

「私達も魔核の問題を解決するために、昔の記録を紐解いて原因と解決策を探ろうと動いていました。そうした所、200年程前に魔核が増加したという記録を発見しました。そしてその記録によれば、魔核の増加は魔王が出現する前兆であったと記されていたのです」
「……それはつまり、近い将来に魔王が出現する可能性があるというのですか?」

 魔核の増加は魔王が出現するという前触れであると主張し、僕の言葉にコクリと頷いて肯定する臣下の彼。

 200年も昔に魔王が居た、という話を僕は本で読んだ記憶があった。その当時は魔王の軍勢によって世界は滅びの危機が迫るほどだったそうだが、勇者によって人類は助かったと伝えられている。

 だがしかし、昔の出来事なので魔王に荒らされたという土地の復興も進んでいた。だからもう、過去にあったという話が残っているだけで魔王が存在していたという証拠となるようなものは残っていない。今ではもう、本当に魔王なんて居たのか?と疑問を呈する人達が居るぐらいだ。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】