キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第20話 凛々しい名前だね

 王国から派遣されてくるという勇者について、まずは彼等と面会することになった。

  場所は王城に場所を借りて、戦乙女クランの拠点には招かなかった。男子禁制である戦乙女クランは拠点の中に男性が入ってくるのも制限していて、よっぽどの理由がない限りは男性立入禁止としていた。

 そして、今回はよっぽどの理由だとは考えなかったので、王城に場所を借りることにした。

 それと王国からの急な話について事情を確認するためにも、今回の助っ人を寄越してくる事になった経緯について。関係者に話を聞くために、僕らの方から彼等が居る場所へ訪ねて行く事にしたのだった。

「初めまして、戦乙女クラン代表代理のギルです。よろしくおねがいします」

 約束していた時間。王城の中にある一室に入って行って挨拶をした僕を、じっと見つめてくる長身でイケメンの男性。年は20歳になったばかりぐらいだろうか、若そうな見た目だった。

 今はラフな格好をしていて、武装もしていなかった。けれども多分、彼が勇者と呼ばれている人物なのだろうと予想する。

「そして彼女はクラリス。戦乙女クランのメンバーです」
「初めまして」

 僕の紹介に合わせて、頭を下げて礼儀正しく挨拶をしたクラリス。話し合いに、同行してくれた彼女の紹介をしたのだが、青年はチラリと目線を送った後に、また僕をじっと見つめてきていた。

 そんな彼の側には、3人の見目麗しい女性たちが居た。彼が一緒に組んでいるパーティーの仲間たちなのだろう。あんなに綺麗な女性を3人も引き連れているとは、なんて勇者に対して嫉妬心を抱いている僕がいた。男らしくて長身で、しかも顔もかっこいい。羨ましい限りだった。

「僕の名はアラン。よろしく、ギル」

 相手の観察を続けていると、自分の名前を名乗って握手を求めるように僕の目の前に手を差し出してきた。

 こんなにイケメンでモテモテそうな奴とは、宜しくとはしたく無い。けれども、これから一緒に仕事をする仲間となるかも知れないから、愛想は良くしておこう。そう思って営業スマイルを浮かべて彼の差し出した握手に応じる。

「よろしくお願いします」
「ギル。可憐な見た目とは反対の、凛々しい名前だね」

 普通の女性ならば可憐だと言われたら嬉しいんだろうけれども、性別が男である僕には何にも響かないアランの言葉を受け流す。というか、早く手を離して欲しい。

 僕の方から握手した手を離そうと試みるが、手はキツく握られている。振り払うのもなんなので、僕は強引に手をパーに開いて離してくれと示す。すると、彼は何かを確かめるようにギュッと僕の手を握った後、ようやく手を離してくれた。

 異様に長い時間の握手だった。

 もしかして、手を握った時に何か気付かれたかと思った。けれども、手を離した後も彼は何も言わず。それに長年女性のフリをし続けてきた僕には、初見の人に男だとは絶対にバレないでいる自信があった。だから、アランも僕が男性であるとは勘付かれずに、女性だと思ってくれているだろう。

 少し焦りつつも、話題を変えるようにして会話を続ける。

「後ろの人たちは?」

 アランの後ろに立っている女性たちが何者なのか、と僕は尋ねた。すると、アランは仲間だと彼女たちを紹介してくれた。

「コッチに居るのが、タチアナにメラニー、それとコラという名前の僕の仲間たちだよ。ほら皆、しっかりと挨拶して」
「こんにちは」「よろしくおねがいします」「どうも」

 アランは自分の仲間である女性たちに対して、子供に言い聞かせるような口調で自己紹介を促す。

 僕に向けて挨拶をしてきた女性3人の表情は、不愉快という感じだった。そして、発する言葉も態度も適当だった。どうやら僕の事をあまり良くは思っていないようで、友好的でない感じ。

 なので、僕も彼女たちとは仕事上の関係と割り切り、彼女たちには簡単な対応で済ませようと思った。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】