キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第19話 勇者のパーティー

 僕は再びクラン脱退を訴えたが、それなら自分も辞めると言い出したレオノールの強引な提案によって、今回は仕方なく脱退を撤回。

  それに今は魔核問題について、王国からの任務を受けて戦乙女クランは今よりも忙しくなりそうだった。そんな時期にクランメンバーを見捨てて脱退するのも悪いと思えたから。とにかく僕がクランから脱退して、遠く離れた場所で性別は男性に戻して、新生活を始めるのは当分先の事になりそうだった。


***


「じゃあ、後は任せる」
「いってらっしゃい」

 レオノールは仲間を引き連れて、魔核捜索の遠征に出ていった。彼女を見送った僕は、戦乙女クランの拠点を任されて留守番をしている。

 なるべく、男性への悪影響があるという魔核に近づかないよう拠点で待機していた。魔核捜索には出ず拠点に籠もって仕事をしている。

 王国から依頼されていた魔核の処理、という任務を果たすためクランマスターは自ら動いて外に出ていっている。それに対して、僕は連日拠点で待機しているだけ。クランメンバーから、不審がられるかも知れないと思っていたら、意外と何とも思われていないようで。

 むしろ、落ち着き無く外へ何度も出ていくレオノールの後処理をするために拠点に籠もって仕事をしている、と思われているようで、毎日大変そうだと同情の目で見られていた。

 ともかく、拠点に籠もっている僕も魔核の問題解決を少しでも手助けしようと、情報を集めて整理し、まとめるという仕事をする。

 人から聞いた噂、最近おかしな現象が起こっている地域の話、紫色の石を目撃した情報、等など。それから、モンスターが突然変異を起こした場所を記録した後に整理して、魔核のある場所を予想する。そして、クランのメンバーを派遣していた。

 魔核捜索の依頼は戦乙女クランだけで仕事を独占するのではなく、王都にある他のクランにも協力をお願いして、事に当たっていた。

 他のクランにも協力してもらって、人海戦術によって魔核に関する情報を次々に集めていく。実地調査や魔核を破壊する作業は、戦乙女クランに所属している女性冒険者が請け負って、送り込まれた彼女たちは魔核を発見次第、次々と破壊していく。

 王国全土にあるかもしれない魔核を探す長い作業を、少しずつでも効率的に行えるように。拠点に籠もりながら情報を精査して皆に指示を出しながら、実際に魔核と対峙する者たちを間接的に手助けしていった。

 僕は拠点に籠もりながら他のクランと協力して情報を集めて、レオノール達は外へと遠征に行って魔核を破壊していく。周りからは不審がられない役割分担も出来て、魔核処理は大分安定してきていた。まだまだ全てを片付けるのに、時間は掛かりそうだったが。

 そんなある日の事、クラリスは王国から伝えられたという話を持って来た。

「ギル様。王国から、今回の魔核問題を解決するための助っ人を派遣すると」
「助っ人?」

 何も聞かされていなかった僕は、王国からの急な話に驚く。魔核処理に関しては、今は状況が安定しているので、手助けが必要だという要請なんかしていない。

 そして、王国から伝えられた話を報告をしに来てくれたクラリスも、困惑したというような表情を浮かべている。彼女も、王国からの急な助っ人という話に関して不思議に思っているようだ。

「王国が派遣すると言っているのが、巷で勇者と呼ばれている者がリーダーを務めている一行だそうです」
「勇者のパーティーか」

 王国はなぜ、今のタイミングでそんな急に助っ人なんて寄越そうとしているのか。勇者の事は僕も噂で少しは聞いたことがあるけれど、そんなに詳しく知っている、というような人物でもない。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】