キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第18話 私も辞める

「それなら、私も辞めるよ」
「は?」

  今回の出来事によって、僕が男性であることがバレる可能性が高まる。だから、危険を避けるために、それから何よりもレオノールに面倒をかけないためにクランの脱退を申し出たら、なんとレオノールまで辞めると言い出した。

 彼女の浮かべる表情に冗談という感情は無い、真剣そのものだった。

「ちょっと待って、本気か? 戦乙女クランを立ち上げたのは、叶えたい夢があるからって言っていただろう? それを簡単に辞めるなんて言って」
「今なら問題ない。もう、後輩も育ってきたから彼女たちに後を任せても大丈夫だろう」

 彼女は本気のようだった。本気で戦乙女クランのマスターを辞めるつもりで居るようだった。

「ギルが出て行くんなら、私も後をついていく為にクランを辞めるよ」

 そしてレオノールの発した言葉は、遠回しのプロポーズのような言葉だった。彼女は、僕を真っ直ぐ見据えながら言った。

 いつものクランマスターとして振る舞う凛々しい表情を浮かべているが、耳だけ真っ赤にさせて。彼女は、平静を装って恥ずかしがっている事が分かるような反応だった。

 僕は彼女と長年一緒にいたけれど、実は普通の友達としてしか思われておらず、恋愛感情は無いのではないかと、そもそもレオノールは僕が男であることも認識しているかどうか怪しいと思えるぐらい、何事も無かった。そんな彼女が、今の言葉を発して恥ずかしがっている。僕の後を追ってくると発言した為に。

 苦労しながらも大切にして育ててきた組織である戦乙女クランを、後輩に渡してでも付いてくるつもりで居るというほどの本気。

 正直に言って、彼女の言葉を聞いた僕は嬉しく思った。どう考えても、彼女が僕に対して好意を抱いている、という事が明らかに分かったから。今までレオノールが、恥ずかしがっている反応を見たことも無かったから、よりいっそう。

 けれども、同時にマズイとも思う。今の戦乙女クランが成り立っていられるのは、レオノールという存在が持つカリスマによってだと僕は思っていた。それを突然に脱退すると言って彼女がクランから去ってしまったら、大混乱が起こるだろう。

 しかも今は、魔核という存在によって王国に問題が起こっている最中。指導者を失い混乱が重なって、最悪の場合はクランの崩壊が引き起こるかもしれない。

 そしてなによりも、レオノールの脱退する原因が僕だったとクランメンバー達に知られたら、性別が男であるとバレた場合よりも上回って僕は批難されるだろう。

「ごめん、そこまで言うのなら僕はクランを脱退しない。なんとか皆にはバレないように、今までの生活を続けるよ」
「そうか、辞めないのか」

 謝って戦乙女クランから脱退する、という言葉を僕は撤回した。すると、ちょっと残念そうな表情を浮かべるレオノール。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】