キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第17話 問題なのは

 王国から指名されての依頼。王都に運び込まれた魔核を探し出して処理をすること、それから今回魔核が発見されたところ以外に、他の場所にも魔核が残っていないかどうか、捜索して見つけたら破壊していくという仕事。

  魔核の処理は手間が掛かりそうで大変そうな仕事ではあるものの、強力なモンスターを討伐したり、高貴な人物の護衛任務に比べると難しさは低いだろう。ただ、探し出すという地道な作業が多く有るだけ。

 それに、今回は依頼をこなして作業した分の報酬も多く用意されているらしい。つまりは、魔核を見つけることは出来なくても、手数をかけたことに対する報酬として、手数料が支払われる約束になっているという。

「やっぱり、問題なのはギルの性別だな」
「魔核の特性が本当なら、僕はダメそう」

 今回の騒動によって発覚した魔核の特性。男性は近づくと強く影響を受けて精神のバランスを崩し、正気を失ってしまうというもの。しかし、女性は魔核に近づいても具合いを悪くするが正気を失うほどではないらしい。

 現に、ドラゴンバスターのクラン拠点に魔核が運び込まれた時、その拠点に魔核を運び込んだ男性冒険者達、そして、その拠点に居た男性らは全員が正気を失っていたが、女性冒険者が数名拠点に居て、でも正気を失わずに拠点から逃げ出すことに成功していた。

 それから、正気を失ったドラゴンバスターのクランメンバー達を鎮圧に向かったレオノールも魔核を目の前にして、体調を悪くさせていたけれど変化はそれぐらいで、正気を失うことは無かった。

 なぜ、男性だけが強い影響を受けてしまうのか。今のところ原因は不明だけれど、事実として魔核に近づいた男性たちは正気を失っている。

 だから性別が男である僕も、魔核には極力近づかない方がいいだろう。しかし、これから戦乙女クランの引き受けた任務を遂行するためには、そういう訳にはいかない。そこが問題だった。

「やっぱり、僕は戦乙女クランを脱退したほうがいいと思う」
「ダメだ」
「どうして? 僕は今回の任務に参加することは出来ない。王国から命じられた大事な任務なのに。任務に参加しない僕は皆に不審に思われて、そこから性別がバレてしまうかもしれない」

 今まで性別を隠して過ごしてきた、戦乙女クランでの日々。もしも僕が男だったとバレてしまえば、彼女たちは怒るだろう。それが恐怖だった。

「皆にはバレないように、魔核に関する仕事をしないでいいよう細工する」
「そこまで面倒な事をするのなら、僕をクランから追放してくれたほうが早いし、面倒なことをしなくて済む」

 だから、追放してくれと僕は言った。今回は男だとバレるかも知れない危険よりも、レオノールの手を煩わせるのが嫌だったから。

 戦乙女クランを抜けたら、僕は王都から離れて何処か遠くの場所へ行こうと計画してみる。この辺りの人達は、僕のことを女性だと思っているから出来る限り離れた場所で、僕のことを知らない人達が住む場所で、男性として新生活を始めようと考えていた。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】