キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第16話 話は聞いているか?

 ドラゴンバスターとフレーダーマウス、2つのクランが起こした王都での騒動は、暴れたり正気を失った彼等クランメンバーが全員捕縛されて、王都に持ち込まれた魔核の破壊が完了すると、翌日になって街は一応の落ち着きを取り戻していた。

  事件の詳細についてをまとめたクラリスから、話を聞いて騒動の内容はおおよそ把握している。そして、事件が起こった翌日の朝になって、僕はレオノールに呼び出され彼女の執務室へとやって来ていた。

「昨日の事件、話は聞いている?」

 僕が部屋に入ると、レオノールはすぐさま本題へ入って会話を始めた。部屋の中には僕と彼女の二人だけ。そして話の内容は、昨日の事件についてだった。

 昨日はその後、レオノールとは顔を合わせる機会がなくて、彼女は早朝も拠点には居なかった。いつの間に戻ってきていたのか、呼び出されて会う。レオノールは、どうやら昨日から働き詰めなのか、疲れ気味という表情。

「一応、クラリスから内容は聞いてるよ」

「なら、今回の魔核問題について王国から直接、解決の依頼をされた事については知っている?」
「それも昨日、クラリスが言っていたのを聞いてるよ。もしかしたら魔核処理は我々、戦乙女クランに任される仕事になりそうです、って言っていた。もう、仕事を引き受けるのは決定なのか?」

 昨日の今日で既に依頼が出されて、僕たちのクランが処理を引き受ける、と決定したのかと早い展開に驚きながら僕が尋ねると、彼女は不本意だというような表情を浮かべて答えた。

「王国から直々の依頼だから、断れなかったよ。本当はね、魔核という物には極力関わらない方がいいと私は思うんだけれど。それに、他に引き受けられるクランも無くなってしまったから」

 今回の出来事を王国は非常に重く見いているのだろう、迅速な行動によって依頼を出してきた。そして、王国から直接お願いされてしまった今回の依頼について、断れなかったと語る。だが彼女は、その依頼を受けないほうがいいと考えているようだったけれど。

「それに、戦乙女クランは女性冒険者しか所属していない、けれどもメンバーの数は結構いる。ってなると、今回の魔核問題の処理に打って付けって事だからね」

 なるほどと、僕は納得する。魔核の特性を知れた今、なぜ魔核が男性のみに限定して正気を失わせるのか分からないけれども、原因が分からない今は女性冒険者が処理するのが得策だと思う。そして女性冒険者が多くいる戦乙女クランを頼るのは、道理の分かる考えだった。

 そして、もう一つ話を聞いていて気になった点がある。それは依頼を引き受けられるようなクランが無くなってしまった、とレオノールが口にした言葉について。僕は、尋ねた。

「やっぱり、今回の騒動を引き起こした張本人であるクランは解体されるのか?」

 正気を失いつつも、彼等は結構色々な場所を襲撃しに行って被害を与えていた。ドラゴンバスターにフレーダーマウス、2つのクランメンバー達は、魔核によって狂わせられての行動。とはいえ、彼等が色々な場所に襲撃を行ったのは事実。そんな彼等に課せられる罰は、いったいどんなものなのか。

 かなり厳しい罰を課せられるのではないか、と僕は予想していた。どうだろう。
 
「今回の事件で、大手クランとも言われていた2つのクランは、どちらも解体処分される、ってことで決定らしい」

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】