キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第15話 応援に行くよ!

 クラリスが語った、今回起こった騒動の真実について。そして、魔核に関する話。特に男性に悪い影響を与える、という話を聞いて僕はドキッとしていた。つまりは、性別を隠しているが男である僕にも効くという事。

 「女性に対しては比較的影響が小さい、ということが確認されているのです。決定ではないのですが今後の魔核処理は我々、戦乙女クランに任される仕事になりそうです」
「あ、あぁ。なるほど、そうなのか」

 魔核という物質が何故か、男性に対する影響が大きく、女性には影響が小さいというような事が判明した。だから、女性の冒険者だけで構成されているという我々戦乙女クランに合っている仕事だと僕も思う。性別が男である僕以外のメンバーには、合っている。

「それから、まだ後処理が終わっていないので拠点から誰か応援を呼んでくるようにと、レオノール様に言われて来ました」
「後処理?」
「ドラゴンバスターの拠点に持ち込まれた、魔核の処理です。王都に運び込まれた物は完全に破壊するようにと、レオノール様が働いています」

 僕はクラリスの言葉を聞いて緊張し、身体が固くなるのを感じた。つまり魔核はまだ残っていて、破壊するという作業がある。もし僕が現場に行けば、どんな事になってしまうのかを想像して、悪い事態を思い浮かべてしまう。

「あ、じゃあ私がレオノール様の応援に行くよ!」

 今まで黙って僕の側に立ちながら、一緒になってクラリスの話を真剣に聞いていたティナが手を挙げて主張する。クラリスは、急に手を挙げたティナの突然な行動に驚いていた。

 ティナは僕の性別についてを知っているので、急に主張したのも今の話を聞いて、僕を魔核に近づかせないようにと先んじて手を挙げて、彼女は配慮してくれたようだった。

「え、えぇ。レオノール様からも、ティナを連れてくるように指示されていたから。ギル様には、拠点を任せて来るようにと言われていたので丁度いいわ」

 そして、やはりレオノールも魔核と僕の反応を危惧して、僕が近づかないように気を配って拠点を任せる、と言ってくれていたようだった。

「それじゃあ、早速行こう!」
「他に、もう少しメンバーを連れて行って行きましょう。ギル様、後は任せます」
「わかった、行ってらっしゃい。気をつけて」

 クラリスとティナ、そして10人のクランメンバーを引き連れ拠点から出発して、レオノールの応援に行った彼女たち。

 しかし、大変なことになった。ドラゴンバスターとフレーダーマウスという2つのクランが王都で暴れて騒動を起こしたこともそうだが、今回は魔核という危険な存在が現れたこと。

 しかも、男性にだけ強く悪影響を及ぼすという事なので、僕は近づけないと思う。なのに、僕が所属している戦乙女クランは女性の冒険者だけの集まり。魔核の問題に対処する為のチームとして適任だと思えた。僕以外は。

 これから、魔核の問題に対してどう立ち向かうべきかと僕は頭を悩ませる。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】