キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第14話 伝言を預かりました

 戦乙女クランの拠点出入り口を守っていたティナから話を聞いて、僕が討伐任務と後輩に指導を行っている間に何が起こっていたのか、という事は知れた。

  だが、騒動を起こしている首謀者達だと思われるドラゴンバスターとフレーダーマウスの2つのクランメンバー、彼等が戦乙女クランを襲撃したり街で暴れる目的や動機が判明せず、謎のままだった。

 これはレオノールを探しに行って彼女と合流するべきか、むやみに動かず拠点で待ちながら騒動に対処するべきか迷っていた。すると、クラリスが拠点へ急ぎながら戻ってきたのだった。

「ギル様、仕事を終えて戻っていたのですね。ちょうど良かったです」
「うん、ついさっき戻ってきた。それで、ちょうど良かったって?」

 クラリスは拠点の出入り口で立ち止まり、走ってきてズレてしまったメガネを掛け直しながら、僕を見据えて言った。何やら彼女は、僕に用事があるようだった。

「ティナも居るなら、丁度いいから一緒に聞いていて」
「うん、どうしたの?」

 クラリスは僕の側に立っていたティナも呼んで、話を始めた。

「私は、レオノール様からギル様に伝言を伝えるように頼まれて一旦戻ってきました」

 レオノール本人はどうしたのだろうかと疑問に思った僕の表情を読んだのか、クラリスは補足して説明してくれた。

「レオノール様は、今ドラゴンバスターのクラン拠点に居ります。そこで、騒動の後始末を行っている最中で手が離せないので、私が代わりに伝言を預かり拠点へと戻ってきました」
「なるほど、それで?」

 僕が話の先を促すと、クラリスは羊皮紙を取り出し開いて確認しながら話を進める。あの羊皮紙に、出来事についての詳細が書き記してあるのだろう。

「今回の王都襲撃を行ったという首謀者は、ドラゴンバスターとフレーダーマウスのクランマスター2人でした。そして、その原因は魔核です」
「魔核?」

 突然に魔核の名称が挙げられて、なぜ今回の騒動の原因となるのかが結びつかず僕は疑問を抱く。クラリスは、説明を続ける。

「はい。王国から捜索依頼を出されていた、魔核という物質。どうやらドラゴンバスターとフレーダーマウス2つのクランは、既に発見して王都に持ち帰っていたようです」

 やはり噂に聞いていた通り、彼等のクランは既に魔核を見つけ出していたのかと納得して頷く。だがまだ、騒動の原因となる理由がわからない。

「実は、魔核にはモンスターを突然変異させたり、生物の体調を悪くさせるという他にも、どうやら人間の精神を変異させる、という作用があるようなんです」
「人間の精神を、変異させる?」
「そうです。それで、今回の騒動は魔核を持ち帰っている最中に悪影響を受けた2つのクランメンバー達が正気を失って、暴れていたというのが騒動の真相です」

 魔核を知っているつもりだったが、そんな影響があるとは知らなかった。そしてまさか、魔核という存在がそんなに危険な物質だとは思っていなかった。どうやら、レオノールが今回は依頼を避けようとしていた彼女の勘は、当たっていたのだろうと思える。

 そんな事を考えていると、クラリスは魔核についての説明を加えた。

「それから魔核は、特に男性に大きな影響を与えて精神のバランスを崩す、というような悪い影響があるようです」

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】