キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第13話 一体何が起こっているんだ?

 襲撃されたという戦乙女クランの拠点を確認してみるが、特に建物が崩壊したりという様子は見られなかった。今朝、任務に出ていく時と同じ様に見える。壊れて変化した様な所は見られなかった。

 「襲撃はどうだったの? 誰か怪我をした?」
「突然の奇襲だったから、メンバーの何人か怪我をしてしまったけれど、その他に大きな被害は無いよ。死人も出ていないし、建物も見ての通り無事だ」

 大きな被害は出ていない、ということなので、まずは一安心する。しかし、奇襲までしてくるとは。

 フレーダーマウスのクランが戦乙女クランの拠点を襲ってきたのは、やはり前回のクラン会合での出来事が原因なのだろう。

 挑発して黙らせたレオノールを恨んだ結果、今回の襲撃が起こった。僕がそう考えていると、どうやら原因はそれではないらしい。

 ティナの話を更に詳しく聞いてみると、僕が思い違いをしているかもしれない、ということが分かった。

「レオノールは? 中に居るの?」

 そう言えばと、見当たらないと思ったクランマスターである彼女の姿を探す。

 何か起これば先頭に立って解決に当たる、今の状況だったらティナと一緒になって拠点の前に立って、一緒になって警戒していそうなレオノーラの姿が見当たらない。拠点出入り口の辺りに姿が見えないから、この場には居ないようだった。

 だから、彼女は拠点の中にいるのかと思ってティナに尋ねたら予想していない、別の答えが返ってきた。

「フレーダーマウスの奴ら、ココだけじゃなく街のあちこちを襲撃しているらしい。だからレオノール様は、何人かメンバーを連れて確認しに行ったよ」
「なんだって?」

 そういや、王都に到着する前に街の何箇所か、別の場所から黒煙が上がっているのが見えていたのを思い出す。

「僕らの拠点だけじゃなくて、街のあちこちに攻め入っているのか?」
「うん、そうらしい。聞いた話じゃ、フレーダーマウスだけじゃなくて、ドラゴンバスターのクランも一緒になって暴れてるって聞いた」

 王都であるこの街で暴れるなんて、それだけでクランの解散を命じられるような騒動だった。いや、下手をすると死刑という重い罰が課せられるかもしれない程。そうまでする、彼等の目的が分からなかった。

「どういうことだ? 何の目的があって彼等は街の中で暴れてるんだ?」
「それが、分からないんだ。暴れている奴ら、話が出来ないから理由も聞き出せないって」
「話ができない?」
「うん、そう。ココを襲ってきた奴らも、私達の言葉には一切耳を貸さず暴れていたから、全員気絶させる必要があったの」

 いま現在、起こっているという出来事について聞いてみたけれども、僕には理解することが出来なかった。

「この街で、一体何が起こっているんだ?」

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】