キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第11話 煙が上がってる?

 魔核という存在が最近の多発しているという、モンスター突然変異の原因と知らされて、王国から各クランに魔核の捜索か依頼された。成功報酬はかなり高くて、発見したのを報告しただけでも報酬があり、持ち帰って来れば更に報酬がアップするという。

  情報を惜しげもなく共有してくれて、太っ腹な報酬まで支払ってくれる。王国にとって、緊急を要する事態なのだという事が分かった。

 だがしかし、戦乙女クランのマスターであるレオノールは今回の出来事に積極的には関与しないという方針を決定した。なので、僕たち戦乙女クランのメンバーはクランマスターの言う通りにして、通常の依頼をこなしていく毎日を過ごしていた。

 その他のクランでは、アクティブに魔核の捜索活動を行っているようで、あの場所では発見できなかった、あの場所が怪しそうだ、という情報が盛んに交換されているようだった。

 特に、戦乙女クランを目の敵にしているらしいフレーダーマウスとドラゴンバスター2つのクランは、数あるクランの中でも一番だと言えるくらい活発に魔核捜索を行っているようだった。

 そしてクランメンバーを総動員して、色々な方面に魔核の捜索へと行かせていた。でも聞いた噂によれば、もう既に魔核を発見していて、いま動かして見せている人員は囮である。極秘に動いている数組のパーティーが魔核を王都へ持ち帰る準備をしている、とか何とか。

 そんな話が聞こえてきても、やっぱり戦乙女クランは平常通り。むしろ、皆が魔核の捜索に必死になっている最中、王都周辺に増えてきたモンスターの討伐やら、突然変異した強力なモンスターの討伐といった依頼が舞い込んできていたので、その処理に追われるような感じになっていた。その仕事の片手間に、少しの時間だけ魔核を探す素振りを見せるぐらいだった。


***


「ギル様、討伐完了しました」
「うん、お疲れ様」

 いま僕は、後輩を連れてやって来たモンスターの生息する森のなかで戦闘指導中である。

 依頼をもらった討伐対象のモンスターランクによっては、僕やティナ、エレーナのような実力ある人間が戦う前に、後輩の訓練相手として依頼をこなすという事も。

 そして、今の僕は指導役として彼女達の戦闘を観察し、コーチしている最中だった。

 是非とも彼女たちには、冒険者として大きく成長してもらってほしい。僕の居る必要もなくなるぐらい、僕が戦乙女クランから脱退するための代わりとなる人物になってもらいたい、という密かな願いを抱きながら彼女たちを指導する。

「周辺に敵影は?」
「ありません」

「倒したモンスターの素材回収は?」
「終わりました」

「よし、じゃあ依頼は完了。拠点に戻ろう」
「了解しました」

 仕事を終えて拠点へと、訓練を終えた後輩たち皆で帰る。幸い道中ではモンスターと遭遇することはなく、今日はスムーズに帰ってこれたと思ったけれども、緊急事態は最後に訪れた。

 戦乙女クランの拠点がある王都へ到着する直前、僕は異変に気付く。

「ん? 煙が上がってる?」

 遠くからでも見えるぐらい明らかに、街中から黒い煙が複数箇所で上がっているのを発見した。何やら王都内で、問題が起こっているようだった。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】