キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

閑話02 忌々しい

 クラン会合が終わった後、フレーダーマウスのクランでマスターを務める男と、ドラゴンバスターのクランでマスターを務めている男、その2人は再び集まって、会話をしていた。周りには2人以外に誰も居ない部屋の中。

  彼等の会話の内容は、戦乙女クランのマスターであるレオノールの態度について、それからモンスターの突然変異に関してだった。

「あぁ、忌々しい」
「何なのだ、あの女の態度は」

 ふたりは、恨めしいという感情を言葉に出して発散していた。もともと攻撃的な態度をとったのは彼等が先だったのだが、その時の記憶は都合よく頭の中から抹消、反抗された時だけを憶えていてレオノールを批判していた。

 相手を悪く言う為だけに彼等の思考は働いていた。反省しようと少しも思わないから、彼等の態度が改まることは無い。

 どんどんと女性を見下すという考え方が強くなり、男子禁制で女性冒険者集団である戦乙女クランを目の敵にして憎しみや蔑みが止まらない。

 彼等は戦乙女クランに対して、自分たちよりも総合的な実力は下だと思っている。それなのに最近は優秀な成績を収めて活躍している。世間での評判も良いらしくて、実力が下だと思っていた者たちが際立った仕事ぶりをしていると聞くと、嫉妬して憎しみを増大させていた。

「ふん、まぁいい。今回の王国からの依頼を遂行すれば、今の状況も正常に戻るだろう」

 戦乙女クランが躍進を遂げているのは、今の状況が異常だからなのだと考えていたドラゴンバスターのクランマスターである男。

 そんな彼は、今回の王国からの魔核に関する依頼を遂行することで状況が変わると考えていた。そして、自分達が依頼を達成できると信じて疑わなかった。彼が、そんなに自信満々になれるのには理由がある。

「既に、我々は魔核のある場所は把握できている。ちょうどいい時期に、ちょうどいいタイミングで王国が動いてくれた。運は我らの方に向いているな」

 笑顔を浮かべるフレーダーマウスのクランマスター。

 彼等も伊達にクランマスターという立場に居るわけではなく、モンスターが突然変異している現象には以前から目をつけていて、原因の調査を行うパーティーを派遣していた。

 その結果、魔核という原因を突き止めて、魔核がある場所も既に把握していた。そんなタイミングで、王国から出された依頼の内容を聞いたから、自分たちに幸運が舞い込んでいると感じていた。

「発見を報告するだけでもアレだけの報酬が出される。魔核を持ち帰れば更に追加の報酬。王国は兵士を派遣するのではなく、冒険者クランに依頼を出してあれ程の大金を放出をして手伝いを願い出る程、王国は今、困っているようだな」

 現状を予想し、王国に頼られているんだと考えると、ドラゴンバスターのクランマスターも笑みを浮かべた。

「そんな困っている事態を我々が早期解決すれば、クランの名を上げる良い機会となるだろう」

 そして、評判を得て有名になっている戦乙女クランの人気を追い越し、再び自分たちが上の立つ瞬間がやって来る。そんなバラ色の未来を妄想していた。

 早速、フレーダーマウスとドラゴンバスターのクランに所属しているメンバーを編成して、いくつかのパーティーを組むと、既に発見している魔核を王都に持ち帰ってくるように指示を出した。魔核を既に発見している、という情報はまだ報告しない。

 魔核の回収は、他のクランには秘密裏に行われて魔核のある場所も当然、誰にも知らせずに2つのクラン内だけで情報共有。フレーダーマウスとドラゴンバスターのクランだけで全ての処理しようと、功績を自分たちだけで独占しようと考えていた。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】