キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第10話 私達は、何時も通りに

 王国から派遣されて来た男性が、現在の王国内で多発しているというモンスター突然変異について、あらかたの情報を周知した後。

  魔核という、いま問題として挙がっている変異の原因だと思われている物質を、発見して報告した者には報奨金が与えられるという。更に、魔核を破壊して残骸を持ち帰ることが出来れば、報酬が上乗せられるという内容。つまり、依頼主が王国である探索系の依頼が発行されたということ。

 王国が依頼達成の報奨金として提示した金額は、結構な大金だった。羽振りの良いことに、最上級S級ランクと言われているモンスターを一体討伐した時に受け取れる報酬と比べてみて、おおよそ何十倍もの金額であった。通常の依頼では、決して到達しない程の報奨金だった。

 それらを話し終えると、さっさと会議室から去っていく王国から派遣された男性。他のクランマスター達も、それぞれに付いているサブの人員と今の内容について話し合ったり、さっさと部屋を去っていく。

 僕とレオノールも、さっさと部屋を出ていく連中の一組だった。そして、会合が行われていた建物から出ると、僕と彼女の2人きりになって戦乙女クランの拠点へと帰っていく道中。先程、聞かされた内容についてを話し合う。

「どうする? 探す?」
「いいや、今回は関わるのは止めておこう」

 魔核を探すかどうか、クランマスターであるレオノールの方針について尋ねてみる。すると彼女は、速攻で関与しないでおこうという答えを口にした。僕が質問する前には、もう方針は決定済みの考えであったらしい。

「どうして? 報奨金が結構高いから、探してみるのもアリかと思うけれど」
「なんだか関わると、面倒な事になりそうな予感があるからな」

 歩いている最中に腕を組みながら、少し考える素振りを見せるレオノールだった。彼女の勘は鋭く、なかなかの察知能力が有るので従ったほうが懸命だろう。

「一応、王国からの依頼だから適当に取り組んでる姿勢だけ見せて、後は誰かが見つけて処理するのを期待して、解決するのを応援するとしよう。私達は、いつも通りに通常の依頼をこなすだけでいい」

 クランのトップであるマスターを務める彼女は、早々に意思決定をしてクランの進むべき方針を固める。そういう判断の早い所にカリスマ性が有るのだろうな、と僕は考えていた。そして、自分とは違う彼女の判断力の速さに憧れすら感じる。

 その判断力の速さや意志の強さがあれば、早い段階のうちに僕も戦乙女クランから脱退できていたのだろうか。そんな僕の考えている思考を遮るように、レオノールが会話を続けた。

「だから今回は、あの2つのクランの活躍に期待しよう」

 あの2つのクランとは、先程クラン会合の時に色々と言ってきたりしたフレーダーマウスとドラゴンバスター、2つのクランのことだろう。

「皮肉だよね、それ」
「まぁな」

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】