キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

閑話1 マレット視点

 ロートリンゲン家に新たな跡継ぎ様が誕生する!

 初めてお付でお世話する人。私は赤ちゃんを覗き込みながら考える。ロートリンゲン家の旦那様のように、凛々しい目鼻立ちをしながら、奥様のように輝く金色の産毛が生えていて、赤ちゃん特有の可愛らしさがにじみ出ている。

 私はこれから、彼の世話をする事になると考えると、気分が非常に高揚した。

 彼の名はルーク。ロートリンゲン家の長男として生まれた子供だった。

 それから、乳母が一人に侍女が私と合わせて三人付いて、計四人体制でルーク様のお世話をしていたのだが、ルーク様は普通の赤ちゃんとは違い、非常に手がかからない子だった。生活のリズムは、大人の人間と同じように朝起きて三食決まった時間に乳を欲しがって、夜にぐっすりと眠る。非常にきっちりとリズムが整っていて、驚くほどに手がかからなかった。夜泣きも無く、奇妙なほどに。

 更に驚いたことに、半年で拙いながらも言葉を話しだして、意思表示もしっかり出来て、しかも歩き出す。更に1歳で本をねだるようになり、読み聞かせではなく自分で読み込んで理解している様だった。そんな風に手がかからない子供だったので、乳母や私以外の侍女は配置換えされて、お世話は私一人だけで行う仕事になった。

 三歳頃には、旦那様の真似事をするかのようにロードリンゲンに住む領民の事について考えるようになられて、施策を幾つか紙にまとめているのを見る機会があった。

 私はルーク様の行いを旦那様に報告した。旦那様はルーク様の類まれなる才能を大変お喜びになられて、わずか三歳の子供に教育を付ける事にしたようだった。
 それから、旦那様は家庭教師が付く元で些か早めの教育を受けることになったが、この時から少しずつおかしくなっていった。
 どうやら、ルーク様は私達では考えつかないような奇抜で素晴らしい事を思いつく事には長けていたが、貴族としての知識を身に付ける事は苦手とされていたようだ。私はなるべくルーク様が少しでも勉学に集中できるように補佐して来たが、ルーク様はだんだんと教師の言うことに反発し始めて、遂には勉強をする事を放棄し始めた。

 旦那様や奥様は初めての子育てで浮かれてしまい、早まってしまったかと後悔なさいました。私も非常に罪悪感に苛まれた。私が最初に旦那様に報告をしてしまったのが原因だから……。

 それから私は、なるべくルーク様には快適に過ごしていただくように、少しでも早く勉学に興味を持って復帰できるように補佐したつもりだったが、それもイケなかった。私が甘やかしすぎたせいで、だんだんとわがままな言動が増えるようになり、使用人達にキツく当たり始めた。ルーク様は、使用人達に嫌われ始めると、自室にこもることが多くなった。
 たまに外にでることがあれば、何人かの護衛を連れて周りを威嚇始め傲慢な行動が目立つようになった。

 ルーク様は、昔の民を想う素晴らしい人物ではなくなり、ただの平民を甚振る嫌な貴族になってしまった。

 それは、ある日突然のことだった。ルーク様が王城でのパーティに参加予定の日。日も暗くなり始めた頃に、ルーク様が屋敷へと運ばれてきた。ところどころに、血のような赤い痕を見つけて、もしかしたら暴漢に襲われたのかもしれないと予想したが、そうではなかった。いや、もしかしたらそうだったのかもしれないが。

 ルーク様は、城下町から少し外れたところにある森の中で発見されたらしい。護衛していた者達は皆、斬り殺されていてルーク様だけ何故か助かった。
 ルーク様が目を覚まされると、何もかもを忘れてしまっていた。私のことも、両親のことも、そして自分のことさえも。私は、神様にルーク様の記憶が早く戻るようにお願いしたが、その願いは叶うことはなかった。

 結局、今回起こった事件でルーク様はロートリンゲン家の跡継ぎから離されてしまい、地方へと追いやられてしまった。


 しかし、ルーク様は、先の事件によって心を入れ替わられたのだった。


 ロートリンゲン家の屋敷に到着するやいなや、今までやってこなかった勉学に励むようになった。更には、身体を動かすために剣を振ったり、乗馬したり、何故か鎧を着て屋敷を走り回ったりした。数々の行動について、ルーク様に詳しく聞いてみると、どうやら修行をしているとの事だった。

 私は当初、ルーク様の無茶苦茶な修行を止めるように言ってみたが、ルーク様は聞く耳を持たなかった為に、私はルーク様を止めることが出来なかった。しかし、3ヶ月が過ぎた頃ぐらいには私はルーク様を止められないで良かったと思うようになった。
 ルーク様は、自分に課した厳しい修行を経て非常に成長なさったのだ。今では私が見上げるぐらいに身長が高くなり、ロートリンゲン領で一番の男前になった。更には、剣の腕もロートリンゲン領で民たちの護衛をしている剣士はおろか、ロートリンゲン領で一番と呼ばれる剣士を呼び寄せて試合をした所、勝ってしまわれていた。
 ルーク様は非常に素晴らしいご主人様だった。今まで色々なことが有ったが、私は非常に幸せだった。ルーク様に仕える事ができて、非常に良かったと思えた。私は自分の命が尽きるまで、ルーク様のお世話を全うすることを誓った。

 

 

次へ >>     目次

【スポンサーリンク】