キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

06.女の子?

今日も、マリアとレンガの家の前で別れて、畑へと向かう。

最近、この畑を耕すというのが完全にルーチン化されて困っている。
このままじゃ、一生マリアの世話になりっぱなしだなぁ、なんて考えていると、
畑の前に真っ黒のローブを着た子どもが一人しゃがんで居るのが見えた。

おかしいなと思う。

どうやら、この村で俺は避けられているらしく、
村民を時々見るが、話しかけることも出来ずに逃げられる。
そしてマリアもどうやら村人から避けられているのか、避けているのか、
どっちかわからないが、村人とマリアが話し合っている所を見るのは、ほとんど無い。
ほとんどと言っても、村人とマリアが話しているのを見たのは、
初日の村長の息子だったヤツと話した所を見ただけの一回だ。
1週間、ソレ以外で見ることはなかった。

考えてみると、レンガの家がある場所は村から少し外れたところにある。
そして麦畑も、村から結構な距離を離された場所にあって、村民が近づくことはこの1週間なかった。

しかし、今目の前には子どもがしゃがんで、顎に両手を当てて居る。

おかしいと思っったが、調度良い機会だとも思う。
村人になんで避けられているか、この子と話して探ってみよう。
「どうしたんだい、お嬢ちゃん」
とりあえず、無難に怪しくないように言葉を選んだが、
客観的に聞くと、どうしても怪しく聞こててしまうような言葉を言う。

「なんじゃ、お主は?ココはマリアの畑じゃぞ」
妙な年寄り臭い言葉遣いで返される。
声を聞くと、どうやら子どもは女の子だったらしい。
その彼女が、しゃがんで両手を顎に当てたまま顔をこちらに向ける。

「いや、そうなんだけど、マリアに頼まれて俺が耕して畑を大きくしてる途中なんだ」
「む、お主、マリアの知り合いか?マリアは今何処に居るんじゃ?」

「今日も、アーデンの森に狩りに行ったはずだけど」
「なんじゃと!マリア、約束をすっぽかす気かの」
そう言うと、立ち上がって身体をこっちに向ける。
ローブで良くは見えないがココロの均衡のとれた真円に、驚く。
この子は、ココロを全く動かさずに居る?
今まで、ココロをこんなに動かさない人間に会ったことがなかった。
多かれ少なかれ、ココロというものは常に動いているものだというのに。

それに、ちっちゃい、身長140cm無いんじゃないのか?

「む、今、お主、ワシのことちぃっちゃいとか思わんかったかの?」
小さいくせに、妙な迫力がある。言葉遣いも変だし。
「イヤ、そんなことよりも、君は誰だい?」
「なんじゃぁ、畑を頼まれているのにワシのことは聞いとらんのか?」

マリアが何か言っていただろうか?記憶を探っても、女の子のことは分からなかった。
「ふっふっふっ、」
女の子がバサッとフードを取る、
「知らざあ言って聞かせやしょう!
名せえゆかりの魔法使いのパタノフ・ダリヤたぁ、ワシのことじゃあ!」

「は?」
「なんじゃ、お主、日本人じゃないのかのぉ?」
一気に白けた風に、彼女は言う。

「いや、日本人だけど?いきなり何なんだ?」
「なんと!日本人なのに知らぬのか、せっかく日本人に会った時用に練習しておったのに、
分からんとはやり甲斐の無いヤツじゃのぅ」

あまりにもあんまりな自己紹介、歌舞伎か?
え、日本人ッて聞いたということは、
「日本を知っているのか?」
「知っとるも何も、ワシは日本が大好きじゃ」

両手を腰の左右に当て、胸を思いっきり張って、フフンと何だか自慢げだった。分からん。
そして、もうひとつ気になる点、魔法使いって言ったか?
「魔法使いなのか?」
「本当に聞いとらんのか?マリアも気が利かんのう」
「なんで魔法使いがこんな所に?」
マリアに聞いた話だと、魔法使いは本当に少ないらしく、大陸中でも10人はいないらしい。
そんな人間が、こんなところで何してんだと真面目に疑問に思う。

「まぁ良いか、お主、マリアの知り合いということは、あとでマリアに言うてもらえば良いか」
こっちの話もよく聞かずに、その女の子は話を進める。
そして、よく分からないことを言いながら、自己解決しているふうに、何度か首をウンウンと振ると、
ローブに手を突っ込み何かを取り出す。
「おぉ、魔法使いっぽい」
取り出したのは、15cmほどの長さの木の棒。あれは、魔法使いの杖なのか。

「ちょっと下がっておれ。そしてよく見ておれよ」
言い、なにか唱え始める。俺は、彼女に言われたとおり少し下がる。
何を言っているのか俺には理解できないが、どうやら魔法を使う気らしい。
彼女は、唱える呪文が終わったのか黙りこくると、杖で大きく円を描いた。
瞬間、光が差して目が見えなくなる。
「ぐぁ、眩しい」
腕で顔を覆うが、まだ目がチカチカする。

「ほれ、終わったぞ」

目が見えるようになって、畑を見たが特に変化はなかった。
「ん?何も変わっていない?」

「土にちょっとした力を加えただけじゃから見た目は変わらん。
ソレよりも耕した部分もついでに、魔法を掛けておいた。感謝するんじゃぞ」
「は?」
よく意味がわからない。
「じゃ、今年も畑に魔法を掛けておいたと、マリアに伝えるんじゃぞ、では、さらば!」
「は、ちょ、ちょっと待て、意味が分からん。お~い」
どこからか飛んできた箒?を掴むと、あっという間に、その箒に乗って飛んでいって見えなくなった。

「一体何だったんだ?」
意味の分からない、女の子だった。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】