キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第07話 準備完了

 世界各地で魔王による被害が出ていると報告を受けている。勇者を魔王のもとへ連れて行く、そしてトドメを刺させる。その準備を急がなければならない。

 必要なのは魔王にトドメを刺す為の、勇者による最後の一撃だけ。幸い勇者たちは今、文句も言わずに訓練を受けている。そして、もうそろそろ訓練も終了。彼らの中から、旅に連れて行く2名を選び出す。

 1人は、召喚初日に王の言葉を受けて勇者達を鼓舞した青年を選んだ。魔王を倒すために召喚された事をすぐに受け入れて、他の勇者達も言葉を掛けて巻き込みスムーズに事を運んでくれた彼だ。

 その彼の果敢な性格を表すように、訓練も真面目に受けて勇者達の中で一番に能力が高い者になるまで成長していった。その結果、旅に同行することを決めた。

 そしてもう1人は、少し前に僕の部屋を訪れて仁音という正体を突きつけてきた彼女。2人目の彼女は予備として連れて行くのだが、実は魔物に対して容赦のない攻撃を見せる、攻撃する事への躊躇いの無さと、僕の部屋を1人で訪れて真実を暴こうとした度胸を評価して連れて行く事を決めた。

 バイアトロル城に残す数十名の勇者たちは、城に目掛けてやって来るかも知れない魔王の配下に備えて、フラヌツ王を守るための最後の盾として残して行く。

 被害報告の情報を整理して、魔王の居場所を特定する。そして旅のルートを決定。この場所ならば、急げば一週間で到着できるであろう。

 魔王のもとへ向かうまで馬を使い潰すつもりで一日中走らせスピードを上げて行き、片道だけ行くのを想定していて帰り道は一切考慮しなければ。

 そして、魔王の元にたどり着くまで多く見積もっても10日でトドメを刺す所まで辿り着ける。そして無事に魔王を倒すことが出来たら、その時の帰りはゆっくり急がなくても大丈夫だから。

 勇者たちを連れて旅に出てから10日後には魔王を打倒し、ソレで世界の混乱は収まるはず。終わりが見えてきたように思える。ただ、油断は禁物だ。

 急ぐためにも食料は必要最低限だけ携帯して、武器もそれぞれに使い慣れたモノを一つだけ選んで装備しておく。勇者2人は、訓練で習得した剣を腰から下げて武装していた。

 しかし、道中の敵は僕と同行する兵士たちが蹴散らしていく予定となっている。そして、魔王との戦いでも、戦って弱らせるのは僕の役目となっていた。勇者達が武器を使う状況となるのは最後の最後だけトドメを刺させる時だけに留めたいが、さてどうなるか。

 

 魔王を打倒するためにと用意した手段は3つ、念には念を入れて用意した数々だ。このどれかの方法を使って魔王を倒す。

 それぞれを紹介するならば1つは、僕が以前から用意していた対魔王用の魔法。効果は何度か実践で試してみて、今までに魔王を倒すまでには至っていない。だが改良を施したから、今度こそ。その結果を、ぜひ検証しておきたい。

 それから次の方法が、言い伝えにより発覚して当初の予定となっている勇者の手によってトドメを刺す方法。これが今の所、一番に有力視されている方法だった。

 勇者の称号を持つ者によって魔王にトドメを刺せるという言い伝えが本当ならば、今回は魔王を倒せずに敗走という事にはならないだろう。

 そして3つ目の用意した手段が1つ目、2つ目の方法が失敗した場合に用意している最終手段。ずばり魔王を封印する、という方法だった。と言っても、コレは問題の先送りにしかならない方法であるし、成功率も低いので可能な限り使いたくはない。まさに最終手段である。

 ココまで周到に用意して準備は万端にしておけば、心構えもバッチリだった。これだけ用意して、失敗してしまったとは言えない状況にまで完璧に備える。後は旅に出て実行するだけ。

 こうして僕たちが準備万端にしてバイアトロル城を出発したのは、勇者召喚を行った日から、ちょうど一ヶ月が過ぎたぐらいの頃だった。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】