キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第05話 泰然自若

「勇者が黙って城から出て行った?」

「はい、昨晩遅くに3名の勇者が一緒になって城から抜け出しました。その後は城下町に行って宿で一泊した後、朝になって旅の準備として食料と道具を幾つか買って、外へと出ていったようです」

 目覚めた朝一番に聞かされた、昨夜に起こったらしい出来事の報告。僕が起きるのを待っていたのだろう、報告してくれている兵士は昨夜から寝てないのか少し疲れ気味の表情を浮かべていた。

 そんな彼に、更に詳細を知りたいと僕は質問を重ねる。

「城から出ていった三名というのは誰だ? 名前は?」
「オガタ、ヤマザキ、ヨシオカの三名です」
「訓練を拒否していた者たちか」

 もしかしたらと予想していた事では有ったけれど、本当に城から抜け出すとは思わなかった。

 一応勇者の待遇に関しては気を使って、訓練を拒否した勇者であっても普通に生活する分には苦労をかけないよう配慮したつもりだったが、一体何が不満だと思って黙って城を出ていったのだろうか。

 しかも、念のためにと勇者達に支給していたお金もちゃっかりと持ち出して行って、それを上手い具合に活用して旅の準備を整えてから外に行ったらしい。準備をしっかりと整えたということは、戻ってくるつもりも無いのだろうか。

「出ていったという三人には、監視は付けているのだろう?」
「はい、それぞれに常時4名ずつの監視員と交代要員を付けています。彼らを連れ戻すようにと指示を出しますか?」

「……いや、そのまま出ていった者たちの自由にさせよう。彼らが死にそうになった場合にだけ、監視員達に手助けするように命じておけ。後は常に居場所の把握だけ出来るようにしておけば、放って置いていい」
「了解しました」

 わざわざ黙って出ていったのだから、彼らの意志に任せて魔王討伐を果たすまでは自由に行動させておくのが良いだろう。そう判断して、3名の城から出ていったという勇者を連れ戻すことはせずに、暫くの間を放置することに決める。

 居場所の把握だけしておいて、魔王討伐を果たした後に元の世界へ送還する時に連れ戻せれば良いのだから。

 報告をしてくれた兵士に休むように言って下がらせると、僕は朝食に向かいながら考える。

 彼らは何を目的にして城から出ていったのだろう。訓練は強制参加ではなく、続けられる者たちだけ参加してくれれば良いと言っていた。

 生活をする部屋や食事に何かしらの文句があったのなら、言ってくれれば改善するという対応も出来たのに。

 そして、元の世界に彼らを送還するという約束もしている。魔王討伐を果たすまでと期限も決まっているので、暫くの間を待っていれさえすれば無事に元の世界にも戻れる。

 そう、何不自由なく過ごせる場でしばらく待っていてくれれば、元通りの生活に戻れるというのに。

 それとも、外の世界に憧れを持って出ていったのだろうか。そうだとしたら危機感が無さすぎると言わざるを得ない。せめて戦闘訓練を受けてから出てくれれば、と思ったけれど勇者の称号があるから戦闘力は普通の人間に比べれば高いだろう。暫くは、大丈夫かもしれない。

 結局の所どうだか分からないけれど、正直言って死なないというのであれば後はどうでもいい、と思うだけだった。


***

 一応念のために報告はしておいたほうが良いだろうと、勇者召喚された中で唯一の大人であった為に勇者達の引率者という立ち位置となった彼女に、三人の勇者が城から出ていったという情報を共有しておく。

「なぜ……、なぜ生徒が抜け出すのを止めてくれなかったのですか!?」
「城から出ていったのは彼らの意志です」

 昨夜の、緒方、山崎、そして吉岡という3名の男子が城から抜け出して行った、という事を嘘偽り無く伝える。話を聞いた彼女は居なくなった3人の事について驚き、責めるような口調になって何故止めなかったのかと僕に問いかけてきた。

 僕は彼女の問いかけに対して、淡々と答える。そして、出ていったのは彼ら自身で選択した振る舞いであることを強調する。つまり僕らは一切悪くなくて、勝手に出ていった彼らに責任があるのだと言うことを。

「貴方は、目的を果たせれば私達を元の世界に戻してくれる、って約束をしたじゃないですか?」
「そうですね。だから、魔王討伐が終われば出ていった彼らを連れ戻してきて、約束通り元の世界に帰還させます」

 王に命じられた面倒な課題。そうだった、勇者達の帰還の準備も進めておかないと。そんな煩わしい仕事が有った事を思い出す。

「!? それなら今、緒方くん達が何処にいるのか知っていると言うこと? 今すぐ連れ戻してきて下さい」
「彼らが自主的に城を出ていったのなら、我々が彼らをココに連れ戻したとしても、またすぐに城から抜け出すでしょう。だから、全てが終わるまで放っておいた方が効率的です」

「そんな……」

 連れ戻す気なんてさらさら無いという僕の答えを聞いて、力が抜けて座り込んでしまった様子の彼女。

 そして、そんな女性を目の前にしている事も一切気にせずに僕は、どうやって仕事が早く片付けられるかに頭を悩ませるだけだった。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】