キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第24話 船長ミラの立場

 突如目の前に現れた船に対して、もう少し警戒心を持っておくべきだった。

 その宙域は管理された場所であったので、普段は許可が無いと通るのは禁止されている宙域である。そして、無断で入ってしまうと罰せられる可能性もあった。
 だから、私たちはその宙域に近づいた時点で手続きをして、通る許可を取っていた。

 宙域を通る許可を貰うときに、色々と教えて貰ったこともあった。その情報の一つに、手続きした期間ではジュペンス号以外に許可を取った船は無いという。つまり、ジュペンス号で宙域を通るときに、他に宇宙船が存在していないということ。

 無断で入り込んだら重い罰を受けないといけないし、ましてや戦闘行動を起こしたら死刑に処される場合もある。だから、目の前に現れた船は間違って迷い込んでしまった宇宙船なのだろうと、勝手に思い込んでしまった。

 私は、立ち入り禁止宙域だという事を伝えて相手の所属を問い合わせた。その直後に、ジュペンス号に相手の砲口が向けられて、砲撃されることになった。

 まさかいきなり撃ってくるとは思わず、唯一ジュペンス号に積んでいた攻撃砲、隕石群を散らすための物を用いて反撃に移ろうとした時に、もう一隻が現れて二隻になって襲ってきた。
 仕方なく二隻の船から逃亡することを選んで、適当に進路を決めてジュペンス号を最大船速で相手の船から離す。

 ジュペンス号の速度性能は、宇宙の中でも上位に位置するぐらいに優秀で、相手の船なんてすぐに離してしまい逃げきれるだろう、と考えたからだ。

 案の定、ジュペンス号の速度を生かして相手を撒いた、と思って油断してしまった。

 気づいたら二隻の船はすぐ近くまで来ていた。そして、通常の速度に戻っていたジュペンス号は、二隻の船から放たれる砲撃によって動力にダメージを受けてしまった。

 速度の差によって離していたはずなのに、気づいたら近くに居た。あるいは、短距離転移という方法を使えば、離れていた距離をゼロにして、近づいたことも可能かもしれない。 けれど、今居る宙域内で短距離転移を行うことは自殺行為に近い。ほぼ0.001%ぐらいしか成功率を見込めないだろう短距離転移を成功させて、二隻は近づいて来たのだろうか。

 どうやって接近したのか、という事に気を取られてしまい、動力もダメージを受けて思うように速度が出ない。そして、気づいたら包囲されていた。

 つまり、私たちは逃げていたと思っているうちに、相手に包囲網に誘い込まれてしまったということ。相手は何隻も用意して準備していて、計画された行動だったことが知れた。そして、包囲されながら砲口を向けられて、生死を握られた状態で要求が送られてきた。

 相手の要求は、やはり男性であるユウさんの身柄だった。

 どうするべきなのか考える。ジュペンス号の船長としては、ユウさん一人の身柄を渡して、四人の船員を守るべきだろうと判断している。
 けれど、私個人としてはユウさんを相手に明け渡すことには反対だった。短い期間だったけれど、ジュペンス号で過ごした日々。そして、先程も倒れてしまいそうになった私を咄嗟に支えて助けてもらった彼を、抵抗もしないで要求を受け入れ身柄を渡すことに納得できなかった。

 頭の中でグルグルと考えてみても、どうするべきなのか判断する事に躊躇ってしまう。動力にダメージを負った状態で、逃げ出すことも出来ない。そして、反撃できるような武器も積んでいないので、逃げ出すキッカケも作り出すことが出来ない。
 だが、要求通りにしたとしても相手が見逃してくれる可能性は低いと思う。無抵抗でユウさんを明け渡して、私たちは無駄死にする可能性がある。

 そんな時に、ユウさんが要求通りに従うべきだろうという意見を口に出した。私はその考えに、乗って残りの四人だけで生き残ろうとしてしまった直前。

 見覚えのある砲撃光、そして近づいてくるあまり見たくはなかった十一隻の船。形勢は一気に逆転して、私達を包囲していた船が次々に沈んでいく。

 そんな光景を見ながら、思ってしまった。助けてもらったのに言うのも何だけれど、あの連中だけには助けてもらいたくはなかった、と。


------------------------------------------------------------------------


 ステインから、目の前の白い船から通信が送られてきていると聞いて、取るべきか取らざるべきか迷ってしまった。

 一瞬だけ逃げてしまおうという考えがよぎったけれど、動力はダメージを受けて船はスピードが出せない、そして助けてもらったのは事実であるし、取るべきだろうと判断する。
 ただ、この通信を取ってしまうと厄介なことになるだろうとも確信していたので、凄く嫌々ながらにだった。少なくとも母星には一度帰らざるを得ない、という状況になるだろう。

 ユウさんにブリッジから出てもらうようにお願いして、これからの会話を聞かれないようにした。

 まだユウさんには、母星の星王をしている母上について、そして、私が王族という立場で有ることを説明しきれていない。会話を聞かれると内容で分かってしまうだろうし、混乱されるだろうと判断して出てもらうことにしたのだった。
 後で、ユウさんにはしっかりと説明することを心に決めて、通信に挑む。

 何時でも通信を開始できるという準備万端なステインさんに向かって、回線を開くように指示をする。

 通信が開始されると同時に、目の前に見たくなかった連中が映しだされた。

「姫さま、ご無事でしょうか」
 正装をした女性がモニタの中央に映り、床に手をついて頭を下げながら言葉を出しているのが見える。その後ろにも、声を出さずに同じような格好をして控えている六人の女性が見える。

「面をあげなさい」
 私が言うとモニタ中央に映っている女性が、ゆっくりと下げていた頭を上げて顔を見せる。彼女の微笑む表情は、一見すると丁寧な様子で心配している風な態度に見える。ただ、その様子の節々から彼女の嘲るような態度が見て取れる。

 彼女の慇懃無礼な態度に、私は思わず表情がゆがんでしまっているのを感じる。けれど、彼女には危機の状況で助けてもらった恩が有る。

「心配してくれてありがとう、私たちは無事です。そして、危ない所を助けてくれてありがとう」
「いえ、私たちは貴方様の臣です。危機となれば助けるのが必然。感謝の言葉など不要です」

 私は嫌々ながら口に出した言葉なのに、モニタに映る彼女は変わらずニコニコと微笑を浮かべて返してくる。内心を抑えながら話を変えて、疑問に思っていたことを質問する。

「ところで、あなた達はどうしてこんな場所に居るのですか? それも、十一隻ものエムナ星船を集まって来て」

 母星である惑星エムナ。そのエムナという星の中で最強の船がエムナ星船と呼ばれていて、船体を分かりやすいように白一色にされている。
 普段ならば、惑星エムナを守るために星付近で駐在しているハズ。それが、何故こんなに離れた場所にいるのだろうか、と純粋に理解できなくて質問する。

「ミラ様に至急母星に帰ってきて頂きたいのです」
「星に帰る?」

「そうです、その船に積まれている男性も一緒に」

 そう言って、彼女が嫌らしい笑みを浮かべる。

 やはり彼女たちの、そして母上の目的は男性であるユウさんなのだろう。一体、ユウさんの情報は何処から漏れてしまったのか。
 ジュペンス号に乗ってもらった

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】