キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第06話 赤井賢人の日常

 アビリティズ事務所の新人アイドルオーディションを受けた日から、約一ヶ月が経っていた。だがしかし、その間に合否に関する連絡は無かった。

 オーディションを受けてからの最初の一週間は、いつ連絡があるのだろうかと少しドキドキして待っていたけれど音沙汰はなく。それから一切連絡が来る様子も郵便通知が来る気配もなかった。ということで、合格か不合格かをハッキリとはしないまま、俺は結果が不合格だと断定した。

 母親は不合格について納得していないという様子だったが、連絡が来ないのならば駄目だったんだろうと説得したら落ち着いた。わざわざ合否確認の連絡をコチラから入れるのは、流石に恥ずかしいからと。

 母親も絶対に俺がアイドルになってほしい、という訳でも無かったので他にオーディションを受けさせるという事もしなかった。

 それよりも俺が自主的に将来の夢を真剣に探すことを決めたから、ということで母親は納得してくれていた。

 自分の能力を活用するのならば、スポーツ選手になるのが良いかもしれない。目指すならオリンピック選手。将来、日本でもオリンピックが開かれる可能性があることを知っている。大きく活躍できる場面が来ることを知っているので、それを目指して頑張るのも良いかもしれない。

 将来の夢を考え始めると思った以上に楽しんでいる自分を発見した。そして、そんな話を両親にしてみると嬉しそうな表情を浮かべる。今まで転生したという特殊性が影響して、自覚のないまま遠慮して生きてきたんだなぁと、今更ながらに思った。

 でもまだ小学生である身だから、毎日の生活を充実させる事をまずは頑張ろうとも思う。そうこうしている間に、アイドルオーディションについての記憶は薄れていった。


***


「おはよう、父さん母さん」
「あぁ、おはよう賢人」「おはよう、ご飯できてるわよ」

 両親は朝早く仕事に出勤していくため、二人に合わせて朝御飯を食べるために自然と早起きになる。

 眠い目をこすりながら朝六時にはベッドから起き上がって来て、顔を洗い歯磨きをして二人と一緒に朝御飯を食べる。お腹いっぱい食べると、先に出勤していく両親を見送るのが日課だった。

「いってらっしゃい」
「いってきます」「賢人、勉強しっかり頑張ってね。行ってきます」

 両親が家を出てから俺が通学するのに家を出るまでの時間は、家に一人となる。その間に人知れずトレーニングを行う。

 魔物が居たなら倒して経験値を稼げるけれど、残念ながら現代にはモンスターは存在していない。仕方ないので地道に基礎的なトレーニングを行う。今日は軽くバランス感覚を鍛えるためにボール等の道具を使って、じっくりと現実的なトレーニングを行っていく。

 それが終わると、小学校に行く前にシャワーを浴びて汗を流し身だしなみを整える。それを毎日熟すのが俺の日常だった。生意気にも朝シャワーだ。

 小学校には歩いて向かう。ランドセルを背負うとき、いつも気恥ずかしさを覚えるが自分は小学生だと言い聞かせて家を出た。いつまでも慣れない瞬間だった。

 通学中の生徒と顔を合わせると挨拶をしてくれる、だからこちらも元気よく返事をして歩く。教室に到着する頃には、多少気力が消耗されるほどに。

「おはよう、賢人!」
「おはよう賢人くん」

「おはよう皆」

 クラスメートの男子、女子に挨拶を交わしていく。

 授業が始まると真剣に授業に聞き入って学ぶ。成績は飛び抜けて良いわけではなく、悪いわけでもない。けれど忘れてしまっている部分が多くて、意外とじっくり学び直す必要があったから。

 特に国語の漢字や社会の暗記問題はスッパリと忘れているのが多々あったので、覚え直すのに苦労していた。だからこそ授業も真剣に取り組んでいた。小学生ながらに学力に危機感を持つほどに。

 午前中の授業が終わると給食を食べてお昼休みとなる。全学年の生徒たちが校庭に一気に集まって、それは始まる。

「それじゃあ今日は、大ドッジボール大会をしよう。今日は各学年から10人ずつ選んで。チームに別れて対決しよう」
「「「「おー」」」」

 集まってきた生徒たちを俺が取り仕切って、皆で遊ぶ。上級生や下級生関係なく、全校生徒で楽しむのだ。

 昼休みにはこのようにして毎日皆で集まり、色々な遊びをして競い合っていた。まるで運動会をするかのように生徒が白熱する競り合いを行う。試合に出ていない子は試合の外から応援したりするので、更に遊びは盛り上がる。

 上級生下級生が入り混じった、異学年の生徒がチームを作って争う。試合をすれば上級生は自然と下級生をフォローすることを覚えて、下級生は助けてくれる上級生を自然と尊敬する事を覚える。学校全体で仲が良くなる雰囲気が出来上がっていた。

 もともとはクラスメート同士で仲良くなろうと、男子女子の関係を無くすために俺が仕切って楽しんでいたが、その場に自然と下級生が集まってきて仲間に入れて遊ぶことに。

 最高学年である六年生の生徒が生意気だと喧嘩をふっかけてきた事があったが、年上だとしても子供の剣幕など少しの恐怖も感じない俺は受けて立った。もちろん暴力ではなくスポーツで競い合う。

 小学生の子供なら足の速さで競い合えば、分かりやすく勝敗が決められるであろう。そして、そんな勝負に俺は勝った。

 そうすると上級生も仲間に入りたそうに集まってきた。もちろん快く彼ら彼女らを受け入れて、気がつけば全校生徒までに広がった関係が今の状態だった。

 後は集まってきた子供たちに俺が指示をして、ルールを決めて、皆で楽しむ場を作る。こうやって人と関わる場所を作り、そうして皆で楽しむのが大好きだった。

 昼休みも過ぎて学校の授業が終われば、すぐさま近くの山に一人で向かう。家に両親が帰ってくる夕方まで、トレーニングを密かに行う。午後のトレーニングは人目につかないようにしながら。

 木々を走り飛んだり、仮想的にイメージした敵を倒す練習をしたり、静かに瞑想をする時もあった。常に備えている。

 十八時に「夕焼け小焼け」のチャイムが鳴るのが聞こえる頃、トレーニングを終えて家に帰る。

 ご飯を炊いて夕食準備の手伝いをしておくのが、俺に任された一つの仕事だった。両親の帰宅時間にちょうど炊けるように測って待っておく。

「ただいま」
「お帰り母さん」

 まずは母親が、父親よりも先に帰宅することが多かった。朝出る時に比べると、仕事で疲れた顔をしているそんな母さんを出迎える。

「ご飯炊いてくれてありがとう、すぐに夕飯を作るわね」
「お手伝いするよ」

 最近ようやく火を使ったり包丁を扱う許可も出してくれて手伝えることが多くなってきたけれど、まだ一人で料理をすることは認めてもらえず練習中だ。それが出来れば、夕食を全部用意して待てるのに。

「ただいま」
「「おかえりなさい」」

 そして母と俺、二人で夕飯の準備をしている頃に父親が帰ってくる。ちょうどいい具合に料理が完成している頃だ。

 朝と同じように一家団欒で夕食を楽しむ。こんな風にして一日を過ごすのが俺の平和な日常だった。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】