キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

閑話03 母親の心境

 私には、とても可愛い一人息子が居る。

 他人から見れば親バカだと言われるかもしれないけれど、息子は他の子供と比べて運動神経が抜群で頭も良い。容姿も端麗だと思う。

 赤ん坊の頃から今まで親を困らせることが非常に少なく、世間の人にも迷惑をかけないとても真面目な子供。しかも、他人に気を遣う優しさもある。

 幼稚園に通わせていた頃には、先生よりも先に園児たちをまとめてリーダーシップを発揮し場をコントロールして仲間はずれを無くすなど、子供離れした世話力も発揮していた程だ。

 しかし一つだけ心配事があった。それは、息子本人は平凡で目立たぬように生きるという事を目標にしていたこと。小さな子供が夢を語らずに、公務員になって平穏無事を標語にするような人生を送ろうとしていた事だ。

 何のトラブルにも巻き込まれず騒動も起こさず、健康で怪我もなく元気に生き続ける事は良いことだと思う。けれど私は、もっと息子にはチャレンジをした人生を送ってもらいたいと思っていた。

 そう思った理由には、私の今まで人生が大きく関わっていた。

 私の家族は、父親が大学教授であり母親は塾の先生という真面目一辺倒と言えるような家庭の一人娘だった。

 その頃の私の人生の目標は、いい大学を目指して毎日勉強して、いい会社に入れるように常に品行方正に生きるということ。

 厳格な教育者である親から押し付けられた真面目な娘というイメージを忠実に再現するために、小中高校生という人生を何の楽しみも遊びもなく勉強漬けの毎日を送っていた。

 そして、親の望む通りに良い大学に入って良い会社にも就職ができた。人生の目標を達成できたのである。しかし、私にはそこまでの人生しか予定した道がなかった。その先の道の進み方、生き方が分からなくなってしまったのだ。

 息の詰まるような苦しい毎日を超えて目標に到着したのに、その先には行き先も分からない正体不明の世界が広がっていた。そして、人生の迷子になってしまった。

 そんな時に出会ったのが、今の夫だった。私を親が言い付けた通りの、勉強だけの人生から変えてくれたのが今の私の伴侶である。生きるのが楽しいと感じさせてくれた、人との出会いだった。

 もっと早くに出会っていれば私は今のように生きていて楽しいと感じられるような人生をより多く送れていたかと思うと、少し後悔する時もある。

 だけど夫と出会えたキッカケが今もやっている仕事を通してだと考えると、そこに行き着くまでに勉強して良い大学に入って、良い会社に就職するという親の定めてくれた目標に沿って生きてきた事は無駄ではなく必要なことだったとも考えられた。それが、私の人生だったのだと思える。

 だからこそ、今度は親となった私が息子のために目標となるような生き方を考えようとしていた。私の経験した体験を参考にして、より楽しい人生が送れるようにするにはどうするべきか、という事を。

 私の息子は早々にトラブルを避けて、何事もないように平穏無事となるような未来を見据えて自ら目標を立てて生きようとしていた。けれど、その生き方は本当に人生を楽しいと思えるような生き方なのだろうかと、疑問に思う。

 もしかしたら余計なおせっかいかもしれない。けれど、新しい世界に早め早めに挑戦してみて楽しいと思える生き方を見つけてほしい、というのが私の願いだった。
 新しい世界にこそ、息子の感情を楽しませる何かがあるかもしれないから。それを早く見つけて、楽しい人生を送ってほしいと。

 そう考えて、私は早いうちから息子に色々な習い事を体験させてみた。水泳に体操、剣道や書道など色々な事を。

 初めのうちは楽しそうに習い事に通っていた息子だけれど、次第に楽しさよりも義務として習い事に通うようになってしまった。

 というのは、息子は様々な能力が高くて何事も習得するのが異常に早かった。だから早めの段階で大会に出場してみれば、良い成績を出してしまうからこそ周りからは大きく期待されてしまい、習い事が本人が楽しめるかどうかというよりも良い成績を出さないとイケナイという義務になってしまうのだった。周りからの期待を背負ってしまって。

 才能が認められるのは嬉しくもある。けれど、好きでやっているのなら楽しく感じて習い事を続けられるのかもしれないけれど、そうなる前に息子は結果を出してしまう。その結果が良いからこそ、より大きな期待をされることで逆効果になっていた。

 だから本人に、今の習い事は楽しいか、この先もずっと続けていけるかどうか尋ねてみると。

「学ぶことは楽しいけれど、コレを一生続けるのはキツイかも」

 という返事。本来の目的である、楽しいと思える人生を送るため、という目標は見つけられないでいた。

 今までに色々な習い事に挑戦してもらって、本人に好きなことを見つけてもらおうと頑張ってみたけれど、結局どれも合わなかった。

 私は考えて考えて、一つの結論にたどり着いた。今まで息子にやらせてきたことは、世間一般では当たり前というような習い事ばかり。けれど、ウチの息子は普通じゃない。普通じゃない息子には、普通の考えで対処しちゃ駄目だと。

 そうして行き着いたのが、新人アイドルのオーディションだった。

 あまりにも奇抜というか、普通じゃない考えだと思う。だから流石に本人に相談してから、応募するかどうか決めようとも思った。けれど、息子の性格を考えると普通じゃないことは条件反射で断ろうとするかもしれない。

 だからこそ、無断で強行突破することに決めた。もしかしたら、こんな普通じゃないことをして息子からは嫌われてしまうかもしれない。

 けれど、息子の将来の為にと考えて実行に移した。これで、今までは違う新しい世界に飛び込んで、楽しいと思える人生を見つけてほしいと願って!

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】