キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

閑話01 事務所社長が感じたもの

「はぁ、これも駄目だったか。最近は心が揺さぶられるようなアイドルが居ないな」

 先日行ったライブの結果がどうだったか確認のために視聴していたビデオテープを止めて、ため息まじりに不満をぶちまけたのはアビリティズ事務所の社長である三喜田昇(みきたのぼる)だ。

 かなり目を掛けて準備をした筈のライブ・コンサートだったが、彼の満足には到底及ばない完成度のだった。それが耐えられず思わずため息を漏らすほどだった。もちろん撮影した物を後日改めて確認しただけだったので、その日その時に生演奏で見た場合には評価が変わるかもしれないけれど、それを差し引いて考えてみても不十分だと三喜田は感じていた。

 その不十分だと感じる大きな原因には、アイドルの質が低いということに由来すると三喜田は考えていた。それから、もしかしたら自分はアイドルを見すぎて目が肥えてしまったのかとも。

 そうすると、もう昔のようにプロデュースに熱中できるようなアイドルと出会うことは今後の人生でもう無いかもしれない。それは恐怖だと感じるぐらいには、三喜田は今回実施したライブの結果に打ちのめされ、満足感を得られず精神的に追い込まれたように感じていた。

 もうライブの結果は仕方ないかと諦めの心で気持ちを切り替えて、しかし彼は小さな諦められない気持ちで新しいアイドルを発掘する為にと、事務所に応募された履歴書を手にとって確認し始めた。

 この応募されてきた履歴書を確認するのは、アビリティズ事務所の社長である三喜田にとって一番と言えるぐらいに大きな仕事だった。一番最初に三喜田が送られてきた履歴書全部に目を通して選考し、その後に三喜田が選んだものを部下も交えて選考を進める。

 だから彼が目を通す履歴書の数は何百、最近では何千に届きそうなほどの量が有って何日も掛かるような大仕事だった。

 最初の書類審査ではルックスをメインに判断して選んでいく。だからまだ、アイドルとしての素質があるかどうか正しく判断できることは少なくて、まずは直感に頼って選ぶという判断も多かった。後は、二次審査を行って直接見える距離で対面して見てからが勝負。

「ん?」

 パラパラと履歴書を確認している最中。目にしたものに、なんとなく小さな引っかかりを感じた。その子の履歴書を一枚だけ手に取ってよく確認する。

 なんだろう、この妙な感覚。今までに感じたことのない種類、理解不能な違和感に戸惑う三喜田は原因が分からず困惑した。選考の手を止めて書類を読み込む。

”赤井賢人 9歳”

 写真の顔は整って見えるが、飛び抜けてという訳ではない。応募されて来る何百もある履歴書の写真を見れば、アイドル事務所に応募してくるだけあって殆ど全てが優れた容貌をしているので、それらと比べてしまえば一番というわけではない、という三喜田の評価。

 プロフィールを確認していく。東京都生まれの都会っ子な小学四年生で、もう150センチを超えている。小学四年生が大体135センチから140センチぐらいが平均だから、そう考えれば高身長だし目を引くだろう。小学四年生ということは、六年生から中学生の頃からスタートする成長期になって、更に身長が伸びる可能性もある。

 両親はしっかりと働いている。大学病院で働く医者の父親に、製薬会社の研究員をしている母親。どちらも凄い職業の持ち主だ。そう言えば、母親の方は名前をニュースで聞いたことが有るような無いような? 同姓同名の別人かもしれないなと思った三喜田。

 だが実は、赤井賢人の母親は製薬会社で行っていた研究の成果で特許を取得した過去がありニュースに取り上げられたほどの人物であった。その関係で、三喜田は母親について本当に名前を聞いて知っていたのだ。

 家庭がしっかりしているのは良い。子供に適切な教育を施していれば、引き取るウチも助かる。けれど、注目した理由はそこじゃない。更に違和感の原因を探ろうと履歴書を深く読み込む三喜田。

 本人の経歴。水泳に体操に剣道と習い事を幾つかやっているみたいだが、今は全部辞めてるらしい。書道の習い事もしているようで、そっちは週に一回だが今のところ続けて通っている。

「スポーツ系の習い事は幾つか経験して、それを今は辞めていると。運動が苦手なのか?」

 そうすると、アイドルとしては魅力が半減するかもしれない。運動音痴で踊りが身に付かず下手であれば、ファンを惹きつけるための他の武器が必要になる。と、考えた三喜田だったが続きの文を読んで眉をひそめる。

「剣道全国道場大会に小学生の部で優勝してる? それだけの腕があって道場の習い事は辞めたのか?」

 履歴書に書かれた、よく分からない流れの経歴。全国大会で優勝するだけの腕があるのなら運動が苦手だとは思えない。それなら何故今は剣道の道場に通って習っていないのか、辞めた理由が思いつかない。

 本人が習い事を続けるのを嫌がったのか、という予想を立てる。忍耐力や継続力が無いのならば、ウチで採用しても長くは続かないかもしれないな。そう危惧する三喜田。

 赤井賢人について履歴書を読み込み、考えを巡らせてみたけれど最初に感じた妙な違和感の原因は結局分からなかった。

「とにかくこの子は、一度しっかり目で見て判断したほうが良いかもしれないな」

 合格させるか落とすか、どちらにしようか一瞬迷った三喜田だったが、一度会ってみたい。それから判断してみようと一次審査を合格にさせたのだった。

 こうして、赤井賢人の履歴書は一次審査を通されることになった。そして三喜田の直感に触れたことによって要チェックだという認識をされるようになり、二次審査の最中に赤井賢人は三喜田に注目される事になったのだった。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】