キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第05話 そして結果は

「皆さま、お疲れ様でした。以上でダンスの審査を終了いたします」

 一時中断していた審査も再開されて、その後またしばらく残っていた子供たちはダンスの能力を審査されていたが、それもようやく終わりのアナウンスが入った。

 会場に残った子供の数は、俺を含めて12人。会場に元いた受験者の数からだいぶ減らされて、今はガランと広くなっている空間がなんとなく寂しかった。

「流れた汗は先程のロッカールームにシャワー室がありますので、そちらで洗い流してから着替えて下さい。着替え終わったら、すぐ後に面談を行いますので移動を開始して下さい」

 手応えがあったのか無かったのか自分では評価のしようがない、よく分からないままダンス審査を終えて残された人たちで面談に移っていった。

 しかしシャワー室まで完備しているとは。外観からは学校にある体育館のようだと思ったけれど、中は意外と施設が豊富でスポーツジムのようたった。もしかしたら、普段は事務所に所属しているアイドルがレッスンする為の場所なのかもしれない。そうすると、この建物はアビリティズ事務所が所有する不動産である可能性も。だいぶ儲かっているんだろうな。

 およそ小学生が考えるような事ではないと思うような事を想像しながら、シャワー室で汗を流しスッキリ。朝に着ていた服に着替えると、これから行われるという面談へと向かう。

 面談は一人ずつ順番に行われるらしかった。名前を呼ばれて、それから面談が行われているであろう個室に順々に案内されていく。ただ面談の時間はそんなに掛からず、短いとすぐに出されて三分ぐらい、長くても十分は過ぎないぐらいで皆は次々に部屋から出されていた。

 俺も順番が回ってきて部屋に入る。中にはあの、ラフな格好が非常に気になるおじさんが待ち構えていた。どうやら結構偉い人のようで、オーディションの採用権限を持っているのだろう。面談中も率先して質問してくるのが、そのおじさんだった。

 その他に四人の大人。おじさんを挟むように両側の席に座って観察してくる視線を受けながら、幾つかの質問に答えていくだけ。

 名前、年齢、通っている小学校など履歴書に事前に書いて送ったことの確認をしているのだろうという在り来りな質問。多分母さんが書いて送ってある事だろうから、普通に答えていく。

 それから、きのう何食べた? とか普段どんな遊びをしているの? だかとか、好きな教科は? というように、あまりアイドルの審査に関係無さそうだと思うような質問が繰り返し投げかけられた。

 結局俺も、5分ぐらいしか経っていないぐらいで部屋を出されて面談は終了したのだった。

「赤井様、お疲れ様でした。本日のオーディションはこれで終了となります。お母様が控室でお待ちになっていらっしゃいますので、ご案内します」
「あ、はい。お願いします」

 面談の行われていた部屋から出ると、スーツ姿の女性係員に声を掛けられて母親の元へと連れられる。

「賢人、どうだった?」

 案内された控室に入ると、今か今かと待ち構えていたらしい母親が俺を目にして小走りで近寄ってくると、興奮する感情を何とか抑えながら小声でそう尋ねてきた。

「どうだろう? 分かんない」
「んー、そうなの?」

 ダンスの審査については他の人よりも少し注目を浴びて、剣舞を披露し拍手をもらった。ただ、それがアイドルとしての評価に繋がったのかどうかは分からない。そもそも事前に課題で出された振り付けを覚えてきてなかった訳だし、どうだろう。面談についても、ただ会話をしていただけでアイドルとしての能力を評価されたかどうかは分からない。

「オーディションの合否については、後日ご連絡いたします」
「そうなんですね。宜しくおねがいします」

 残念ながら審査の合否については日を改めてということで、今日知ることは出来ないらしい。

 こうして、昨日突然告げられたアイドルのオーディションという思いがけないイベントは、何とか終了した。

「さて、ちょっと遅くなっちゃったけれどお昼ご飯にしましょう。賢人はお腹空いてる?」
「うん、ペコペコ」

 その後、母親に連れられ向かった洋食屋にて昼食にオムライスを食べた。それから、午後にはショッピングやら何やらでお店を見て回る。

「賢人はもしかしたら、アイドルになるのだからファッションには気を向けないと」
「それは気が早いよ、母さん」

 楽しそうに服選びをする母さんに付き合い、夕方を過ぎる頃まで十分に満喫。久しぶりに家族の時間を楽しみながら、母親の気晴らしになればと密かに張り切る。父さんも来ればよかったのに。

 ショッピングも終えて家に帰ると父親は夕飯の準備をしてくれていたらしく、出迎えられる。父親の方も休みを十分に満喫して、午後からは家の掃除や洗濯、家事などして過ごしていたらしい。意外と家事好きな父だった。

「結果は、どうだった?」
「バッチリよ」「どうだろう、分かんない」

「ハハッ、どっちか分からないか。まぁ、結果が出るまで楽しみに待とうか」

 凛々しく笑う父さんの作ってくれたシーフードカレーは美味しかった。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】