キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第35話 静かな再スタート

 7月になって、俺は正式にアビリティズ事務所から退所処分となった。俺の他にも青地剛輝やアイドル訓練生だった何人かも一緒に、新しい事務所へと移った。

 新しい事務所の名前は、アイオニス事務所という名に決定したと三喜田さんが発表した。ギリシャ語で、永遠に、という意味の単語だそうだ。今度の事務所は他の誰にも明け渡さないよう、永遠に存続できるようにという三喜田さんの意気込みを感じるような名前だった。

 契約強要、社長交代、そして事務所を退所するという出来事が短い間に連続して起こったので、海外に居る両親へ事情を伝えるのが遅くなり纏めて事後報告となってしまった。

「という訳で、俺は今のところ別の事務所に所属することになったよ」
「なかなか大変そうだな」

 国際電話で海外に居る父親に今の自分が置かれている状況についてを説明すると、よく事情を理解してくれた。父親の返事は、とてもアッサリしたものだったけれど。

「大変そうなら、いつでもコッチに来い」
「ううん、まだ平気だから」

 それなら良かったと、電話越しに父親の安堵したという様な言葉が聞こえてくる。どうやら、電話の向こうでホッとした表情を浮かべているのだろうと俺は想像した。

 芸能活動を続けるのが無理そうだったら、コッチに逃げてこいと手を差し伸べてくれる父親の気持ちは有り難いと思いつつも、今の所は対処するのが難しいという訳では無いから海外に逃げ出すこともないだろう。

 三喜田さんの新しい事務所が立ち上がっていなかったら、もしかしたら今頃は海外に行くことを考えていたかもしれないけれど。

 電話先の相手が、父親から母親に代わる。

「話は聞いていたわ、長期の休みにコッチに来てみたらどう?」
「うん、考えておくよ」

 両親は今、フランスに住んでいると言っていた。そこで医療研究などの仕事をしているという。

 もうすぐ俺も学園が夏休みになるから、海外旅行も兼ねて両親に会いに行くのも良いかもしれない。ただ、芸能の仕事があるのでスケジュールが空くかどうか確認してみないと、旅行に行けるかどうか分からない。

 事務所を移ったということで、アビリティズ事務所に居た頃に比べて仕事は減るかもしれないと覚悟していたが、実際は以前に比べて仕事量は増えたぐらいだった。ひっきりなしにアイオニス事務所に仕事のオファーが来ているらしい。

 ダンサーとしてだけでなく、ドラマや映画、舞台など俳優の仕事から、番組のナレーションやアニメの映像に声を当てる声優の仕事まで。

 更には、オファーを受けるだけでなくドラマや映画のオーディションも可能なら受けに行ったりして、仕事を自主的に獲得しに行くようにもなった。アビリティズ事務所に居た頃よりも仕事の幅が広がった、という感じだ。言い換えれば、忙しくなったとも言える。

 だからスケジュールは今でも結構埋まっている状態で、仕事の関係があるから残念ながら海外には行けそうにも無かった。

「じゃ、健康には気をつけて。おやすみなさい」
「母さんに父さんも気をつけてね。バイバイ」

 通話を切って学生寮の自室へ戻ってくると、ベッドに顔を埋めるような感じで布団の上に倒れ込んだ。

 ぐるんと仰向けになって、両手グーッと頭の上に伸ばしてみる。凄くリラックスできる心地いいベッドの感触に、このまま寝落ちしてしまいそうだった。

 学業は順調だし、仕事も充実している。だから、スッキリとした心地の良い疲労を感じていたから。

 今の仕事が充実しすぎていて、このままアイドルグループを結成するのか、結成する必要はあるのかと疑問に思っていしまうが、三喜田さんの計画では俺と剛輝、あともう1人の誰かで三人組のアイドルグループを作という計画を立てているらしい。

 でも今すぐという訳でもなくて、俺が高校生になるまでの3年間ぐらいまで時期を見てグループのデビューを引き伸ばすという。

 三喜田さんは、コツコツと長期的な計画として事を進めるつもりらしい。その間に3人組ではなく5人組のグループを結成できる人数が集まれば柔軟に対応して、5人組になるかもしれない、とも言っていた。

 つまりは、計画について全てが厳密に決まっているわけではなく、あくまでも予定であるという。

 ただ、なぜそんなに長期にわたってグループのデビューを遅らせるのか質問してみれば、その間はまだアビリティズ事務所の力が強くて金盛社長が妨害でもしてきそうだから無用なトラブルはなるべく避ける為に、なのだという。

 じゃあ3年後は大丈夫なのだろうかと更に質問をしてみれば、それぐらいが奴の限界だろうから事務所の勢いが衰えるであろう時に、一気に攻勢をかける切り札として新アイドルグループのデビューを飾りたい、という計画なんだそうだ。

 切り札になると言われて悪い気はしないし、事務所にも貢献できるのならば後何年か待つのも問題ないかな、と思えてくる。

 そう言えば、と初めて出演したライブの事を思い出す。あの時に初めて出会った山北さんの事について。

 あの人も、長いことアイドルデビューを出来ないでアイドル訓練生として頑張っている人だったと回想する。確か8年ぐらいだった、だろうか。

 あの時に聞いた8年は長いなぁと思っていたけれど、俺もグループとしてデビューするまでの期間がいよいよ長くなりそうだ。そう言えば、山北さんはあの後に念願のアイドルグループデビューを果たして、今も頑張っているはず。

 アビリティズ事務所に所属していた時には色々なことが有ったなと、そんな事を思い返しつつ気がつけば俺は眠りについていた。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】