キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第30話 デビューの誘い

 アビリティズ事務所の副社長である、確か金盛さんとい名の人が突然ライブ後の控室に入ってきて俺を見つけると、スッと近寄ってきた。特に会う約束もしていなくて突然の訪問で戸惑っていると、彼は甲高い声の早口で話を始めた。

「会えて嬉しいよ赤井くん。ライブの成果はどうだった?」
「はぁ、まぁ。いつもどおりで大丈夫でしたよ」

 今話している彼が事務所の副社長である事は何となくで知っていたけれど、面識した記憶は無くて、こんなフランクに接する関係でもないと思うんだけれど。そうかそうかと嬉しそうな表情で肩を叩かれて、初対面なのにボディタッチが激しいと感じる積極さ。

「実は君と一度お話をしたくて来たんだ」
「話ですか? なんでしょう」

 なんで俺に会いに来たのかよく分からず要件を汲み取れなくて訪問の目的について質問してみたけれど、彼は取ってつけたような嘘くさい笑みを浮かべてこう言った。

「こんな所では話せない内容だから、明日の午後一時にココに来てくれ。それじゃあ」
「あ、ちょっと待ってください」

 名刺ぐらいの大きさの紙を手渡されて、俺が呼び止めるのも聞かずに金盛さんは控室から出ていった。突然やって来て、内容も詳しく話さないまま部屋を出ていってしまったのだ。

「何だったんだ、一体……?」

 俺は今、驚いて呆けた表情をしているだろう。手に持った住所の書かれた紙を目の前にして金盛さんが出て行った扉をボーッと見ていると、ライブ終わりで休んでいたアイドル訓練生の子の1人が声を上げた。

「あれ、多分赤井くんのデビューの話を持ってきてくれたんですよ!」

 え? アイドルのデビュー? どうやら彼は、以前同じ様に副社長がアイドル訓練生にデビューの話を持ってきたという場面を目撃したことが有るらしい。でも、俺はデビューする予定なんて一切何も聞かされていない。

 もちろん、事務所の方針で突然デビューが決まることもあるかも知れないが、三喜田社長にはこの前に、準備がまだ整っておらず状況と時期も悪くて俺のデビューは先の事になりそうだと告げられていた。

「やっと赤井くんもデビューですね」
「スゲェ、今日のライブの評価が良かったんですよ」
「羨ましいなぁ、赤井くん」

 1人の予想した事が事実であるかのように他のアイドル訓練生の子たちから祝福されて、俺がデビューするかも知れないという事に喜んでいるみたいだったが、本当にデビューについてかは分からない。

「ちょっと落ち着いてくれ皆、まだデビューが決まったわけじゃない。それよりもS+mileのメンバーの皆さんと、この後の打ち上げを楽しもう」

 何とか話題を変えて、僕のことを意識から遠ざける。すると、アッサリと皆は打ち上げの事について夢中になってくれたので、僕は胸をなでおろした。

 さて、金盛さんが俺を呼び出した理由は一体なんだろうか。彼の目的が気になって仕方がなかった。


***


 翌日の約束された時間。俺は指定された場所にやって来ていた。何故、アビリティズ事務所のあるビルじゃなくて全然別の場所に呼び出されたのか、それが不可解だった。

 一応、事務所の社長である三喜田さんに確認の連絡をしようと試みたけれど出張中だそうで連絡が取れなかった。まぁ話を聞くだけだからと考えて、とりあえず約束の時間には来てみたのだった。

「おはようございます」
「あぁ来てくれたんだね赤井くん。さあ座って」

 建物の入り口にあった受付で話を通すと、連れてこられたのは会議室のような部屋だった。白と黒のモノトーンで彩られたシンプルな配色しか無いミーティングルームで、余計なものが目に映らない会話によく集中できそうな空間だった。

 そこで待っていたのは金盛さんと、もうひとり見知らぬ中年の男性が1人。俺と副社長と中年男性、その三人が部屋の中に居るだけで他には誰も見当たらない。

「失礼します」

 金盛さんと男性が並んで座っている対面の席に、俺は腰を下ろして話を聞く態勢になった。まだ何が目的で呼び出されたのか、よく分からないまま。

「赤井くん、もしかしたら気づいているかも知れないけれど君のデビューが決まってね。その話をするために君を呼んだんだ」
「はぁ? デビューが”決まった”ですか?」

 前日に聞かされていた予想に対して、そんな筈はないと思っていたがどうやら事実だったらしい。しかも、”決まった”と言う確定した予定であるように話している。

 けれど、そんな話は一切俺は耳にしていない。またもや金盛さんの突然の事に呆然とする。少なくとも、デビューの予定があるならば事前に知らせてくれるという三喜田社長との約束があった。それがいきなりデビューが決まった、という話を聞かされても胡散臭すぎる。

「これが君の今後仲間になるアイドル達だ。そして、ここに居るのが君のマネージャーになる三条くんだ」
「よろしくお願いします」

 テーブルの上には4名の写真が貼られた資料が置かれている。どの子も後輩で、見覚えのあるアイドル訓練生達だった。どうやら、その子達とアイドルグループを組むことになるらしい。

 そして、目の前で頭を下げている見知らぬ男性が今後の活動のマネージャーをするらしいと聞かされて、どんどん話が先に進んでいく。なのに俺は、話の内容について行けてなかった。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】