キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第28話 トップアイドル

「今日のライブ、よろしくね」
「はい、宜しくおねがいします」

 ライブのリハーサル最終確認が問題なく完了した直後。ステージ上でS+mile(スマイル)のリーダーである正田聡史(しょうださとし)くんに肩をポンと優しく叩かれながら、そうお願いされた。

 S+mileは、二十年前にデビューした今でも現役の5人組男性アイドルグループである。今やアイドル界でトップに君臨している、と言われているアイドル達だった。

 老若男女問わず、日本国民なら一度は必ず名前を聞いたことがある、というぐらいの知名度を誇る。

 そして今日は、全国ツアーファイナルのライブが行われる。会場は、東京の野球場ドームで行う単独公演だ。5万5千人も収容するとんでもなくバカデカイ場所であるが、チケットは完売御礼の満員。

 俺は今までの実績を評価されて、とうとうこんな場所まで駆り出されるようになっていた。光栄というか、さすがに自分じゃ力不足じゃないかと心配になってくる。

 S+mileのリーダー正田くんは、バラエティ番組でよく司会をしていてイメージのある人だ。アイドル界随一のトーク力を持つ人だとも言われているから、各番組で引っ張りだこなので毎日のようにテレビに出演していて見ない日が無いぐらい。

 番組やライブで出会う時は、アビリティズ事務所の後輩である俺たちをよく気に掛けてくれて、親しみやすさもあって事務所内では人気が高い。

 そんな風に気さくな一面を見せる事の多い正田くんだったが、ライブでは驚異的なダンス能力を発揮する、ギャップのあるかっこよさを魅せる人でもあった。あのダンスの技術は身体能力に自信のある俺でも、全ては再現はできないほどで彼から学ぶべき技術は多かった。

 そんな凄い人からタッチでお願いをされると、やっぱり気持ちが奮い立つ。親密に接してくれるがライブに対する熱い意気込みを内に秘めているのを感じて、失敗できないとプレッシャーも掛かる。

 最終日であっても絶対に手を抜こうとはしない、情熱を持ってライブに挑もうとしている中瀬くんの少しでもお手伝いになるように頑張ろうという気持ちが湧き上がってきていた。これが、トップアイドルの看板を背負っている人のカリスマだろうか。

 ステージの上には、S+mileのメンバーである宅島高大(たくしまたかひろ)くんが練習を続けているのが見える。ドラマでの活躍をよく目にする、アビリティズ事務所きっての売れっ子俳優でもある。

 物凄くストイックに大人のかっこよさ、男らしさを追求している人で普段からのオーラが半端じゃない。正田くんと反対に、そのオーラが後輩にとっては近寄りがたさを感じさせることもある。だが、憧れて目指している後輩も多いようだ。

 リハーサルを終えたバックダンサーの俺たちは、控室に戻っていく。その途中でも声を掛けられた。

「あれ、リハーサルは終わったの?」
「はい先程終わりました」

 前から歩いてきた彼は、S+mileのメンバーである楜澤一斗(くるみさわかずと)くん。いつも飄々としている人で、ある意味アイドルらしさが薄い人でもある。だが、ダンスは出来るし、歌はうまいし、演技もできると様々な能力が抜群に高い。

 しかし、他の人を差し置いて前へ出ていこうとする性格じゃないので、いつもメンバーのサポートに徹するから影が薄くなりがちな人でもある。

「あっちに美味しいケータリングがあったから、本番までゆっくり休むと良いよ」
「はい! ありがとうございます」

 じゃあねー、と去っていく後ろ姿を見送って廊下を進んでいく。ライブの本番が始まるまでしばらく時間があったから、美味しいケータリングというものを探しに行く。

「おつかれー」
「あっ、お疲れ様です」

 ソファーの上でだるっと寝転んでいたのは、安宍ゆうた(あじしゆうた)くんだ。ダンスの振付や歌詞を驚異的なスピードで覚えてしまう天才肌のアイドルである。

 ただ彼は、やる気を出すまでのスタートが遅くなりがちで苦手らしく練習を少なめに切り上げてしまうので、いつもスタッフやマネージャーの人に怒られている場面を目にしていた。

 でも、ライブ本番になればキッチリこなしてしまうので、本人はそのままで良いやと思っていそうだ。

「練習しなくて大丈夫ですか?」
「大丈夫、バッチリ、オールオッケー!」

 本当に大丈夫かなぁ、と心配になる返事をする安宍くん。すると、視界の端にもう1人居ることに気づいた。

「中鹿くん、お疲れ様です」
「おつかれ」

 S+mileの最後のメンバーである中鹿治和(なかしかはるかず)くんである。世間ではクールなイメージの強い人だし、今も挨拶を一言で冷ややかに返されたけれど、ライブ本番前で集中しているだけで普段はおしゃべりな人でもある。

 人に努力している姿を見られるのが嫌いだそうで、俺も練習している姿を見た覚えがないけれどライブでは完璧に仕上げてくる。安宍くんと一緒になって、大きなライブ前であってもリハーサルをあまり行わない二人だった。

 各人が特徴的で癖のある、とても個性豊かなアイドル達だった。そして、日本一と言っても過言ではないアイドルである彼らを俺は尊敬して、参考にするべきアイドル像だと考えていた。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】