キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第24話 学生寮案内

「まずはココ。食堂だ」

 先程出会った緑間さんに案内された先、学生寮の一階へと降りて来たらある食堂に到着していた。食堂の中に入っていくと、かなりな広さの部屋の中に長テーブルがずらっと並んでいるのが見える。

「朝は7時から9時まで、昼は11時から13時。そして夜は17時から20時までの時間に来ればご飯が用意されてるよ。メニューは決まっていて、ココに献立表があるから事前に知りたいなら見て確認してくれ」
「これですね」

 食堂に入った直ぐ側の壁に貼られたカレンダーと、その横には一か月分の朝昼晩出される献立メニューが載っている。ちなみに今日の夕御飯は餃子と麻婆豆腐、それから煮物に野菜サラダと書かれている。

 配膳カウンターの向こう側に厨房があるみたいだけれど、そこで仕込みをしているらしい。何かを焼いているような音と、辛味のある美味しそうな匂いが漂ってきている。夕飯がとても楽しみだ。

「規定の時間に間に合わなかったり都合がつかなかったら、食堂は一応朝5時から夜の12時まではずっと開放されているから、自分で弁当を買ってきて食べることも許可されてるし覚えておくと良いよ。水とお茶はあっちにいつでも用意してあるんで、自室で食べるんじゃなくてココで食べるようにすること」
「はい、わかりました」

 食堂はいつでも空いているから食事の時間以外にも利用して大丈夫、と。
 
 ここでも芸能活動をしている学生に配慮した仕組みになっているようだ。でも、なるべくなら時間に合わせて食いそびれることはないようにしたい。食費は家賃と同時に一か月分が前払いになっていて、既に支払い済みだから食べないとなるともったいないと思ってしまう。

「そうだ、あともう一つ。学生寮は基本的に男子は女子寮に立入禁止で、女子は男子寮に立ち入り禁止になってるけど食堂は共同だから。もし寮生の女子と会いたいとか、お話したいとか言う時は食堂に集まるのが良いよ」
「へーそうなんですか」

 もちろんのように男女の立ち入り禁止場所は厳しく決まっているらしく、男の俺は女子寮に入ることは出来ないらしい。もし寮母さん等に見つかったら、退寮処分になる可能性もあるので気をつけるようにと言われた。

「じゃあ、食堂は終わり。次はコッチね」

 食堂から出て、1階の廊下をしばらく歩いて行くと次の場所に案内される。

「ここがお風呂。ここも食堂と同じ様に5時から夜の12時まで開きっぱなしで、好きな時に入れるよ。ただ、時々掃除とかお湯の入れ替えとかで閉まっている時があるから注意して」
「なるほど」

 中を覗いてみると、かなり立派な大浴場のようだった。脱衣所はスーパー銭湯に有るような木目のロッカーが並んでいるが、鍵は付いていないようだ。共同だから知り合い程度の人の前でも裸にならないといけないのは恥ずかしいけれど、浴槽は広くて足を伸ばせるのが良いよね。

「見たら分かると思うけれど、鍵は無いから高めのアクセサリーとか財布とかの貴重品は持ち込まないように。じゃ次」

 そして風呂の次に案内されて連れられてきたのは、洗濯場。

「自分のことは自分でするように、もちろん毎日の着替えの洗濯も必要だ。面倒だけどね」

 ズラッと並ぶ洗濯機と乾燥機、何台か既に稼働中であるようだった。洗濯槽が回転する音や脱水をしている音が何台分も重なって、結構な騒音を出している。

「洗濯機と乾燥機は誰も使用していない開いてる台を見つけて、早い者勝ちだから。朝早くとか夜遅くに来れば大体開いてるから、その時間がおすすめかな。じゃ、次」

 次にやって来た大部屋には、テレビが何台か置かれてソファーや本棚なども置かれている。一見して何の部屋かは分からないところへ来ていた。

「ここは?」
「んー、レクリエーションルームって言うのかな? 正式な名前は知らないけれど、テレビとか有ってゲーム機も持ち込んで遊んでオッケーって部屋だよ」

 なるほど。レクリエーションルームには既に人が居た。寮生と思われる彼らは集まってテレビを見ながら楽しそうに会話しているのが見える。

 そう言えば自室にはテレビが置かれていなかったから、見たくなったらこの部屋に来ないといけないか。それとも一台買っておこうか。でも、買っても見ないかもしれないしな。

「ここも一応時間が決まっていて、夜遅くまで居て見回りの寮母さんに見つかったらめちゃくちゃ怒られるから注意して」
「はい、わかりました。肝に銘じます」

 どうやら、遅くまで残って怒られてしまった経験があるらしい緑間さんからの迫真の注意を聞き入れる。

「まぁ、知っておかないといけないのはこんなところかな。何か質問は有る?」
「んー、いえ。今は聞きたいことは無いです。ありがとうございました」

 緑間さんによる学生寮案内が終わって、食堂に戻ってきた俺たち。案内してもらった上に、途中で立ち寄った自販機で先輩らしく奢ってもらったコーヒーを手にして、今は二人で食堂のテーブルに向かい合い座って話をしていた。話題はお互いの仕事についてだ。

「緑間さんは、子役をしてたんですね」
「今はテレビの仕事は少なくて、舞台とかばっかりだね」

 シアタプレイアカデミーという俳優事務所に所属しているという緑間さん。他の芸能事務所に所属する人とガッツリとお話するのは初めてかもしれないと思いつつ、会話をしていた。子役時代に出演したという映画のタイトルを聞くと、知っているものも多くあった。緑間という名前には聞き覚えがなかったけれど、緑間さんの出演シーンを見たことがあるかもしれない。

「僕よりも、赤井くんが超大手のアビリティズ事務所に所属するアイドルって事に驚いたよ」
「デビューはまだですけどね」

 なんだか最近は事務所内部では面倒な揉め事が起こっているらしいから、デビューは当分先のことかもしれないけれど。アビリティズ事務所の外には出せない情報については、口をつぐむ。

「じゃあ、一つ聞きたいんだけど」
「なんですか?」

 緑間さんからの質問。興味津々という感じの目を向けられて、何を聞かれるのかドキッとする。

「あそこの社長さんて、オーディションの時に清掃員の格好で居るのって本当?」
「んー、どうでしょう。俺がオーディションを受けた時はラフでしたけど普通の格好をしてましたよ。でも何人かアイドル訓練生の友だちに聞いたら、あったって言ってたんで本当かもしれないです」

 都市伝説のように噂されているお話。実際に遭遇したという子に聞いてみれば、その辺にいるような清掃員という格好をしていたから、おじさんがいきなり質問してきてビックリしたと言っていた。真実かどうかわからないけれど。

 でも、本当かもしれないと信じさせられるようなユニークな三喜田社長だった。今度本人に聞いてみよう。

 そんな風に業界で噂になっている都市伝説のようなモノについて話し合い、気がつけばすっかり仲良くなっていた俺たちだった。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】