キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第23話 入寮

 荷物を肩に担いで学生寮へと歩いて向かう。駐車場や駐輪場がある道を通って、建物の中へと入っていく。

「こんにちは」
「おや、こんにちは。新入生かい?」

 学生寮の出入り口を入ってすぐのところにあった、受付らしき場所に居たおばさんに声を掛ける。どうやら彼女は学生寮の管理を任されている寮母さんの一人らしいが、残念ながら綺麗なお姉さんじゃなくて友達のお母さんという感じの人だった。

「入寮の手続きをお願いできますか」
「もちろん、コッチにおいで」

 小さな部屋へと案内されて、肩の荷物を下ろしてから椅子に座らされた。

「じゃあ、ちょっとココを読んでから名前を書いて」

 幾つか書類にサインをするよう指示されるので、言うとおりに書き込んでいく。名前を書くだけの、今日から入寮します、という事を示す内容の書類なので直ぐに書き終わった。

「それにしても、えらく早く来たねぇ」
「そうなんですか? 他の皆はもっと遅く来るんでしょうか?」

 今日から入寮できると事前に確認していたので早速来てみたけれど、どうやら俺は来るのが早かったらしくて他の新入生はまだ寮には来ていないと言う寮母さん。

「そうだねぇ。新入生の皆は、結構ギリギリの入学式直前ぐらいに来ることが多いかしら。それまで家族と一緒に過ごしたりしてるからね。中学生の子は、ほとんどそうだと思うわ」
「へー」

 どうせなら、家族の負担を早く減らそうと思って来た俺は薄情なのか。それに学生寮の家賃支払いは始まっているので、なるべく早く来たほうが得だと思っていた俺はケチなのかもしれない。どっちかと言うと、ケチの部分が多いかも。

 そのような世間話を交わした後、寮生活を始めるためのルールについてを軽く説明される。

 門限は決まっていないが、午後20時以降に仕事やら何やらで外出する用事があるなら事前に届け出が必要なこと。堀出学園の学生や家族以外の訪問者は、寮室への立ち入りを禁止する事。ペットを飼うことは出来ないこと等など。

 その他にも色々な学生寮ルールを聞かされたが、基本的には共同生活を気持ちよく過ごすための決まりごとなので守るように注意しなければ。

「はい、部屋の鍵。予備はあるけれど、無くしたら罰金だから注意してね」
「ありがとうございます」

 部屋の場所を聞いて、鍵を受け取る。405室が俺の今日から住む部屋の番号らしい。4階まで階段で登らないと。残念ながら、学生寮にはエレベーターがないので上り下りは自分の足で。

 寮母さんにお礼を言ってから部屋を出る。そのままの足で、自分の部屋へと一直線に向かう。

 最上階が5階の学生寮で、俺の部屋は4階部屋なのでまだ良い方かもしれない。

 新入生から中学2年生までは4階5階の部屋がランダムに割り振られて、中学3年生になったら3階に移動となる。そして、高校生になったら更に下の1階2階が割り振られるという、年が上がれば寮部屋は下の階が割り振られるようになり階段の上り下りが楽になる。まぁ、それまでの辛抱か。

 階段を登っている間に聞こえてくる、所々で話し声や楽器を鳴らす音。歌声などが聞こえてきたので新入生以外の寮生は既に寮に居るようだった。階段から見える窓の外には、男子学生の姿も見える。

 405室の部屋の前に階段を登ってきて到着する。鍵を回して扉を開けると、清涼感のあるクールな香りが漂ってきた。そして部屋の中を見て思ったのは、狭めのビジネスホテルの一室という感じだった。

「おっ、結構綺麗だなぁ」

 狭い室内にはベッドと勉強机、クローゼットに光を取り込む大きめの窓も有って生活するのに十分な環境だった。

 堀出学園の学生寮は、一人部屋だ。この学生寮は芸能活動を行う人のために学生寮らしく、個人のプライバシーにも十分配慮して一人部屋にしてくれているらしい。それから、それぞれで既に仕事がある人も居るから就寝する時ぐらいは1人の空間を用意してあげようという心遣いらしい。

 まあでも食事は食堂でないと食べれないし、風呂も大浴場が用意してあるだけで個人の部屋にはシャワーも備え付けられていない。寝るか勉強するか、部屋で出来ることは少ない。

 ベッドは事前に支払いを済ませていて、新品のマットレスと布団が用意されている。シンプルなデザインでいい感じのベッドだ。

 一人の空間というものは良い、寮生活とは言え親元から離れて生活するのは初めて。本当に自由になったと感じる瞬間だった。

 早速、荷物を取り出して部屋の中に配置したり、クローゼットには服を片付けていく。そんな作業も30分で終わって手持ち無沙汰になってしまった。

 ちょっと学生寮の中を見て回ろうかな、と思って部屋を出る。すると俺が部屋を出ると同時に、隣の部屋である404室の扉もガチャリと開かれる音が聞こえた。

「あれ? その部屋は空いてたはず。ってことは、新しい子?」
「初めまして、今日から入寮することになった赤井賢人といいます」

 ジャージを着て寝癖がついた、少しだらしない格好の少年。身長が低めで童顔、パッと見て小学生だとも思えるような少年が隣の部屋から出てきた。元から部屋に居て寮生活にも慣れた感じから、どうやら先輩のようなので慌てて挨拶をする。

「あー、よろしく。僕は緑間拓海(みどりまたくみ)って言うんだ。中学2年生ね。それで君は、えーっと中学生?」

 上から下まで俺の身体はジロジロと確認されて、そう質問される。ちょっと背が大きめだけれど、老け顔にも見えるのだろうか高校生に間違えられている?

「ハイ、そうです。今年堀出学園に入学する中学1年生です」
「よかった、大きいから年上かと思ったよ!」

 俺の答えに緑間さんと名乗った彼は無邪気な笑顔を浮かべて、俺が年下であったことを喜んでいる感じだった。

 背の高い俺が後輩で、背の低めな彼が先輩か。多分、傍から見たら逆に思われるだろうなと感じながら苦笑する俺。

「今日から入寮ってことは、まだ学生寮の中は見て回ってない?」
「そうなんです。寮にはさっき来たばかりで分からないから、今から見て回ろうかと思ってました」

「お! じゃあ、せっかくだから僕が案内してあげるよ」
「いいんですか?」
「全然オッケーだよ。どうせ暇だからね」

 緑間さんは面倒見の良い、とても人が良さそうな先輩だった。こうして、緑間さんと出会った俺は学生寮の中を案内してもらうことになった。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】