キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第20話 卒業式

 仕事をしてレッスンを受けて勉学に励んでいると、子供の身でも月日が流れるのが非常に早いと感じる。もしかしたら、転生という特殊な体験をしている俺だけの感覚かもしれないけれど。

 それはともかく、気がつけばアッという間に卒業式を迎える日となっていた。

 在校生、卒業生の両親など多くの人々に大きな拍手で迎えられながら、卒業生である俺たちは式の行われる体育館へと入場していく。

 卒業生全員が、席に座ると連日練習をしたプログラム通りに卒業式は進行していく。全員で校歌を歌い、在校生から卒業生への言葉が読み上げられて、卒業証書が一人ずつ順番に校長先生から授与されていく。

 その後は定番の、校長先生、教頭先生、PTA会長ら偉い人たちのお祝いや激励の言葉が続く。やはり、ちょっと長めで退屈しそうになるが何とか耐える。

 それらを終えると卒業生全員での別れの言葉。代表が一人決められるのではなく、一人一回以上のセリフを割り振られていて順番に言葉を述べていく。もちろん俺にもセリフがあった。

「六年間いろいろなことがあったけど、いつもぼくたちを励まし教えてくださった先生方。ありがとうございました」

 終盤の結構重要な部分のセリフを任されていて、心をこめて噛まないように注意しながら大声で言い切る。何故か、何千人ものお客さんが居るライブやテレビで流れる番組の撮影で踊る時よりも緊張していた。そう感じたのは卒業式なんて一生に何度も有るわけじゃないから、って事だからだろうか。

 とにかく、何とか卒業生の別れの言葉も失敗せずに終わった。卒業式の最後には、一年生の手作り首飾りを掛けてもらって退場していく。順調にプログラムされた通りに卒業式は進行した。

 卒業生が退場するため列になって進んでいく体育館の出入り口付近で、校長先生が一人ひとりに固い握手をして送り出してくれていた。

「中学生になっても元気で、君は人とは少し違った険しい道を行くそうだが、頑張って」
「はい、ありがとうございます」

 俺も体育館を出る直前に校長先生との握手をしながら、そう声を掛けられた。白髪の高齢な見た目なのに、意外と力強い握手。

 そしてどうやら、俺の今後の進学先についても把握してくれていたのだろう。そして、応援してくれてもいる。気にかけてくれたことにお礼を言って俺は体育館を出た。

「フーッ、終わった」

 緊張して固く縮こまっていた身体を、グイッと両手を空に向けて伸ばして解きほぐす。そして、ぐるりと校庭を見渡してみた。6年間もの長い間を過ごした小学校とは今日で終わりか、という感慨深い気持ちが沸き起こる。

 体育館を出てきた卒業生の生徒たちは皆、後から出てくる両親のもとに駆け寄って行く。俺も卒業式を見に来てくれていた両親と早く合流して、もう帰ろうか。

 校庭や校舎を目にして、しみじみとする心を切り替えようと帰る支度を始める。数日後には中学校の寮へ引っ越しが有るので、家の片付けも必要だから。さっさと行動しよう。

 両親を見つけようと周りを見渡していた、その時だった。

「賢人くん」
「あれ? 真帆ちゃん。どうしたの?」

 今日同じく卒業するクラスメートの真帆ちゃんから、聞き逃してしまいそうな小さな声で呼ばれる。彼女は顔を赤く染めながら、俺から少し距離を開けて遠慮しているような感じで立っていた。

「ちょっと一緒に来てほしいの」
「え? どういう事?」

 離れて立っていた距離から、スッと近づいてきたと思ったら腕を掴まれ引っ張られた。女子の力なので振りほどくことは簡単だけれど、彼女は俺に何か用事があるらしいから引かれるまま、何処かへと連れて行かれる。

 これは、もしや! とある考えが思い浮かぶ。そう、まさかの告白!?

 新たな人生の一歩を踏み出すことになる卒業式では、意中の人に告白する人が多いって聞いている。彼女もそうなのだろうか。

 いやしかし、クラスメートではあるけれど特別に彼女と親しいわけでは無かったと思う。一人の友だちとしての関係しか無かったはず。好かれるような事をした覚えもない。

 なら告白は俺の早とちりか。いやでも、じゃあ今連れて行かれようとしている体育館の裏、人気のない場所に引っ張られているのは何の為だろう。告白以外の目的が思いつかない。

 じゃあ、やっぱり告白だろうか。

 手を引かれて連れて行かれている間、ぐるぐると思考が駆け巡る。転生してからは、初めての恋愛に関する出来事。まだ小学生の幼い自分に発生するとは思っていなかったし、突然のことにとても動揺していた。それは、何度経験しても恋愛に関するいざこざに俺は慣れそうもないから。

 いや、けれど俺は数日後には寮生活をするために、少し離れた街に引っ越しすることになる。仕事にレッスンに今以上に忙しくなるかもしれないから、恋愛する時間がないかも。そもそも、アイドルとして恋愛することは禁止されているのかも。

 だから、せめて誠意のある断り方をして、彼女を悲しませないようにしないと。

 腕を引っ張られて連れられている間に、そう決心した俺だったが呼び出された理由は予想とは違っていた。

「ん? え? あれ、どうしたの皆?」

 連れられた先には、クラスメートの女子達全員が待ち構えていた。そして、クラスメートだけではなく他の学年の女生徒も見える。いやこれは、今から告白しますという雰囲気ではない、と思う。

 何事かと身構えているうちに、総勢数十人の女性にぐるりと周りを取り囲まれて逃げ道を塞がれてしまった。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】