キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第13話 本番直前

「赤井くんは、今年事務所に入ったんだよね」
「あ、はい。そうです」

 照明が落とされた薄暗い通路に天井には円形のダクトが沿って配置されている、まさに裏道と言うか秘密の通路のような廊下を通って、ライブの責任者であり総合演出の寺嶋さんという方に会うため案内されているところだった。

 前を歩く山北さんが話を振ってきた。

「まだ、小学生なんだよね。あれ? 中学生だったっけ?」
「小学4年生です」

 今日俺が来ることは知らされていたけれど、俺自身の詳細は聞かされていないのだろうか。

「えっ!? 4年生なの。身長がデカイから、もっと上かと思ったよ。背は何センチ?」
「この前の身体測定では、154センチありました。クラスでも一番背が高かったです」

 もともと150センチであり、クラスメートの中でも大きい方だった。なのに、春から夏にかけての3ヶ月で4センチも身長が伸びて、自分でもぐんぐんと成長しているのが分かる。

 このまま成長を続けて、180センチ以上の身長を手に手に入れられたらリーチも長く戦闘でだいぶ有利になるだろう。まぁ、平和なこの世界で戦闘なんて無いので戦う力なんて活用できる場は無いが。

「山北さんは、事務所に入って長いんですか?」

 今度は、コチラから質問してみた。

「うん、事務所所属になってから8年ぐらい経ったかな。僕はデビューがまだで訓練生として頑張っている所だね」
「長いですね」

 訓練生として8年。平均がどのくらいか分からないので、本当に8年が長いのかどうか分からないけれど。でも、8年も続けているのは長いと思う。

「在籍させてもらっているだけで、ありがたいよ」
 やっぱりオーディションを合格して事務所に所属となっても、必ずしもアイドルとしてデビューできるわけではない。なかなかに厳しい世界なんだと、改めて知らされた。

「デビューできないのは見たら分かる通り、僕にはアイドルをするほどの華がないからね。ただバックダンサーをしている今も十分楽しくて、性に合っているから。君はまだまた若いから、ぜひ頑張って上を目指してくれ」

 楽しいという言葉には嘘を感じない。アイドルとしてデビューを目指して事務所に入ったんだろうけれど、その後少し違った道を歩んで今のようになっている。こういう人も居るんだ。

「ほら到着したよ。ココに寺嶋さんが居るはず」

 少し話し込んで歩いていたら、いつの間にかライブ会場となる舞台が見える場所へと出てきていた。

「寺嶋さん! 連れてきました」
「おう、ありがとう」

 案内してくれていた山北さんが声を掛けると大きな声で返事をする、あるの人が寺嶋さんだろう。大きな声に見合った、大柄な男だ。見た目は舞台演出という文化的な人じゃなく、ハンマー投げや重量挙げをしていそうな体育系のビックサイズだ。

「君が赤井くんか?」
「はい、本日は宜しくおねがいします」

 近づいてくると、なおさら大きい。とりあえず、挨拶だけはしっかりとしておこう。

「なかなか礼儀正しい子だな。コチラこそよろしく頼むよ。早速だが、どの程度できるかチェックさせてもらうよ」

 そう言うと、寺嶋さんは近くに居たスタッフに声を掛けて誰かを呼び出していた。

「舞台に上がって、サビの部分だけ踊って見せてくれるか?」
「え? 良いんですか?」

 いきなり会場の舞台に上がって踊って見せるように指示されたが、これからライブが行われる場所に上がっても大丈夫なのだろうか心配になって聞き返してしまう。

「大丈夫、大丈夫。準備が忙しくて、もう時間が無いからね。ココから練習場に移動して、見るなんて暇もないから。さぁ早く上がって」

 まぁ、そう言われて大丈夫なら良いか。許可が降りたので、速やかに客席から舞台に上がれるステップ階段を使い登って、舞台上に立ってみる。まだ、ライブ準備中らしく舞台上や、舞台袖、その周りにもスタッフが駆け回って作業しているのが見える。

 そんな環境の中で、舞台の中央部分に歩み進んで立つ。それからゆっくりと客席の方へと視線を向けた。

 凄いな、という一言が頭に浮かぶ。これからこの場所にお客さんが入って集まり、舞台上でアイドル達が歌やダンスを披露する。そして彼ら彼女らが賑わう空間。そんな数時間後の出来事を想像をして、楽しみになり気持ちが高ぶる。

「早速だが、お願いしていた曲のサビ部分。音はないから、無音で踊って見せてくれ」
「っ! はい、わかりました。大丈夫です」

 舞台下から寺嶋さんの声が聞こえてきて気がつく。一瞬の間、ちょっと気持ちがそぞろな状態になっていたな。

 気がつけば、寺嶋さんや山北さんの他に、2,3人のスタッフが集まってコチラに視線を向けて注目している。多分、彼らにチェックされて大丈夫かどうか判断されるのだろうか。

 まだライブの準備途中で邪魔になるから、音は流せないのだろう。まぁでも、しっかり準備してきたから音無しでも問題ないと思う。

 サビからと指示されたから、一番激しい振り付けか。本来なら、Beyond Boysのメンバーが全面に居て、バックダンサーとしては彼らを盛り上げるための少し控えめな動きになる。それを一人だけで踊るのは、ちょっと地味かも。大丈夫だろうか?

 作業音にスタッフの会話、雑音に紛れながらの無音で約1分間の短い動きを踊りきって、区切りのところでキメる。

「こんな感じなんですが、どうでしょう?」
「エクセレント!」

 寺嶋さんの大きな拍手と称賛で迎えられた。どうやら、問題はないようだった。一安心する。やるべき事が終わり舞台上から降りると、近づいてきた寺嶋さんに肩を叩かれる。

「ライブに出るのは初めてだって聞いてたけれど、凄いね君は。三喜田社長がプッシュしてきた理由が分かったよ。とりあえず実力は十分だって分かったから、後は本番をよろしく頼むよ」
「はい、宜しくおねがいします」

 そう言って、寺嶋さんはライブの準備が残っているからと行ってしまった。

「それじゃあ控室に戻ろうか」
「あ、はい」

 リハーサルと、本番までにはまだまだ時間があるので控室に戻ることに。

「案内ありがとうございました。山北さん」
「いや、いいんだよ。それよりも、寺嶋さんに褒められるなんて凄いな君は」

 ということは、寺嶋さんはあまり人を褒めないタイプの人なのだろうか。どちらかと言うと、モチベーションを上げてくれるような褒め上手な人だと感じたけれど。

「あの寺嶋さんに褒められたんだ、君は絶対将来大物に成るよ」

 そう言う山北さんは、少し悔しそうな表情を浮かべていた。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】