キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

第07話 訪問者

 ピンポーンと玄関のチャイムが鳴った。一家団欒で夕食を食べ終わった頃、家を訪ねて来るのには少し遅めの時間だと思う。父親と母親が顔を見合わせて誰だろうと言っているので、予定にはない訪問客らしい。

「宅急便か、もしかしたら新聞の勧誘かな?」

 よっこいしょと腰を上げた父親が玄関に向かう。一体なんだろうと気になって、俺も少し離れてひたひたと父親の後を追い、扉を開けて確認しようとする父親から距離をとって廊下の影に隠れて後ろからひっそりと観察する。

「こんばんは。夜分に失礼いたします」

 玄関の扉が開かれて現れたのはスーツ姿の中年男性だった。その後ろにスーツ姿のキャリアウーマン風女性もひとり立っている。両親どっちかの関係者、仕事関係の人かな?

「こんばんは、どちら様でしょう?」
「突然申し訳ありません、私アビリティズ事務所代表取締役の三喜田(みきた)です。先日、ご子息のオーディションをさせて頂いた者です」

 その言葉を聞いて思い出した。オーディションを受けている時、妙にラフな格好をしたあのおじさんだった。今日はスーツ姿でキッチリと正装しているから、今の状態と前の状態とで結びつけて思い出すのに時間がかかった。

 というか、やっぱり社長というとんでもなく偉い人だったんだ。けれど、なぜこんな遅い夜の時間に家へやって来たのだろうかと疑問に思う。

「あぁ、そうだったんですか。ですがオーディションは不合格だったんじゃ」
「いえいえいえ、とんでもない! 賢人くんは合格だったんですよ。ただ、コチラの手違いで連絡が遅れてしまい。申し訳ありません、こんな夜分急に訪問してしまい」

 父親の言葉に、慌てた様子で大きく声をかぶせて否定する。あれ? オーディションは合格だったんだ。てっきりあれから連絡が来ていないから、不合格だったんだと思っていたけれど。

「そうだったんですか? とりあえず、立ち話もなんですから中に入ってお話を聞かせてもらえますか」

 そう言って父さんは訪問してきた彼らを家に招き入れる。自宅のリビングにあるテーブルへ案内して、父さん母さんが並んで椅子に座ると俺も話し合いの席に呼ばれて、両親に左右挟まれての位置で椅子に座った。

 向かいの席には三喜田さんと一緒に訪ねてきた女性が座って、オーディションに関する話し合いが行われた。

「本来ならオーディションから一週間以内に連絡する予定だったのですが、手違いがありまして今日まで連絡が遅れてしまいました。申し訳ありません」
「あー、いえ。頭を上げて下さい」

 わざわざ社長自ら家にやって来て頭まで下げて謝罪している。連絡が遅れたってだけで、結構な大事になってしまっている。父親も過剰すぎる謝罪に恐縮してしまっている。

「賢人くんは類まれな素晴らしいアイドルになれる、そんな能力を有していると我々は確信しています。連絡が遅れてしまったのにこう言うのはなんですが、不合格なんてとんでもない人材です」
「ウチの子が、そんなにですか」

「それで早速ですが、ぜひとも我が事務所の所属アイドルとして契約を結んでいただきたいのです」

 そう言うと、書類をスッとテーブルの上に置く。そこにはタレント専属契約書というタイトルの付いた紙が置かれていた。父さんが手にとって内容を読み込んでいく。

「そちらの契約書に書かれている主な事柄は、専属のタレントとなるので他の芸能事務所からはお仕事を引き受けることは基本的に駄目です、というような内容ですね。それからお金に関してですが固定給に歩合給をプラスしたのを毎月の給料として、お支払させていただきたい」

 父さんの横から書類を覗き込むと、固定給として月30万もの金額が給料として支払われるらしいと書かれているのがチラッと見えてしまった。思わず、うわッと声が漏れそうになるのを押し込める。子供にそんなに支払うの? しかも、それって歩合給分上がる余地が残っての金額だ。

 父親が契約に関して気になった点について幾つも突っ込んで質問してくれている。その質問にスラスラスラと淀み無く答える三喜田さん。

「ご了承いただければ、コチラにサインを書いて頂けると」

 しばらく応酬が続いた三喜田さんと両親とでの話し合いは一段落して、後は契約するのにサインするだけの状況になった。

「ここにサインするのは賢人の自由だ。どうしたい?」
「何も言わないで勝手にオーディションに応募してしまった私が言うのもなんだけれど、賢人のしたいように決めなさい」

 サインするのかどうかの最終判断について、父さん母さんが気遣わしげに聞いてくる。オーディションは不合格だと思いこんでいたので、次に向かって新しく夢を探すと言ってしまっていたから気を使ってくれているのだろう。このお話は断っても大丈夫だよ、と。

 母さんの言葉を思い出す。色々な事に挑戦するべき、という言葉を。三度目の転生した人生でもう十分色々なことを経験してきたと思っていたけれど、まだまだ全然知らないことだらけだし挑戦することを楽しみたい。だから、新しい世界に飛び込んでみようと思った。

「うん、大丈夫。サインするよ父さん母さん」

 書類にサインをして、俺はアビリティズ事務所に所属するアイドルとなった。

「これから、よろしくおねがいします」
「あぁ、賢人くん歓迎するよ」

 三喜田さんと握手を交わして契約を完了する。と言っても、まずはレッスンを受けてアイドルとして鍛える必要があるから、すぐに世間へお披露目という訳ではないとのこと。

 それに三喜田さんは俺をソロ・デビューさせるのではなく、他にもアイドルメンバーを複数人集めて新しい男性アイドルユニットを組んでデビューさせようと目論んでいるらしい。

 そんな構想を聞いた俺は、グループを組んで他にメンバーが居るのならば自分は引き立て役だとかサポート役に徹してグループを盛り上げていく。そんな存在になれれば良いかな、と考えていた。

 だがしかし、そんなプランはことごとく上手く行かず。後に国民的なアイドルグループとして有名になって、まさか自分がリーダーを任される存在になるなんて、この時には想像もしていなかった。

 更に言えば、何故か平和な世界でありながら勇者としての人生を歩んでいた頃と比較してみても、あろうことか今世の方が波乱万丈と言えるようなドラマチックな一生を送るなんて事は予想していない事だった。

 

 

<< 前へ  次へ >>     目次

【スポンサーリンク】