キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

勇者の国

 勇者至上主義の国。

 

 その国では、何年か、あるいは何十年かに一度という間隔で勇者召喚が行われる国であった。

 

 その国に住むほぼ全ての国民達は、勇者という存在に対して感謝や憧れ、期待というような様々な良い方向への感情が向くように教育されていた。例えば、幼い頃から勇者を主人公とした英雄物語を読み聞かせられたり、国の歴史を学ぶ上で関わった勇者がどれほど素晴らしい偉人であるのか真偽も定かで無いモノを全て教えたため、半ば洗脳のような方法で勇者至上主義の王国民が量産されていった。

 

 だがしかし、現代の勇者の実態とは戦争を有利にすすめるための駒、王国周辺国への抑止力としての役割が大きかった。かつて、世界を恐怖に陥れるような巨悪と対峙する存在と、大きく異なる役割を請け負って居るだけで、実態はとても尊敬できるような人物ではない事が真実であった。

 


***

 


 それは、冒険者である彼が一日の仕事を終えた後の飯屋での事。一日を頑張ったご褒美として自分に、少しだけ値の張る豪華な晩飯と、グラス一杯の酒をささやかに楽しんでいた頃の事だった。

 

 なんの前触れもなく、食事を楽しんでいる冒険者の男が座っているテーブルの前に4人の厳つい鎧で武装した騎士達が現れた。

 食事中の手を止めて顔を上げると、リーダー格だと思われる一人の騎士が睨むような目線を男に返して、口調も荒げて居丈高に命令してきた。

 

「王国の命令により、貴様は勇者様の補佐をするように命じられた」

「補佐? 仕事の詳しい内容と、報酬は?」

 騎士の口調は、国を守るためにしている鎧には全然似合わない、チンピラ臭のプンプンする酷いものだった。

 率先して話している一人の騎士の様子を、黙ったまま後ろで事態を見守っている左右後ろに控えている騎士達も、怒っているような見下しているような悪意の篭った表情で冒険者の男を見ていた。
 
 突然命令された彼は、どうやら面倒事のようなので関わりたくないという本音を心の中に隠しつつ、表情には出さずに短く質問するに留まった。彼が聞いたのは、ごくごく常識的だと思われる質問。

 

 しかし、騎士は冒険者の疑問を一切無視して更に続けてこう言った。

「明日の朝、日が出た時間に城に出頭せよ」

「……はぁ?」

 そんなに朝早くという時間に、理由も詳しく説明せずに前日の夜に偉そうに”来い”とだけ言われて、行くわけが無いだろう。と男が思いながらどう断る返事をしようか、一応王国の騎士のようだし、面倒事に発展しないようにと思って言葉を探していると、騎士達は言う事だけを言って、冒険者の返事も聞かずに去っていった。

 楽しい食事の時間を邪魔された冒険者は、白けたような視線を向けながら騎士達の背中を見送った。そして、騎士達が帰った後に再開した晩飯の味は、彼にはいつもと違って少し不味く感じられた。

 

 当然のごとく、彼は翌日無視を決め込んだ。

 


***

 


 翌日も冒険者の男はいつもの様にギルドに向かって、何件かの討伐依頼の仕事を請け負ってから、いつもの様に城下町の周辺に屯っているモンスター探しては倒していくという仕事を軽くこなして、いつもの様に夕方の日が沈む頃にギルドに報告を終えると、いつもの様に飯屋でささやかな夕食と酒を一杯の食事を楽しんでいた。

 

 そんな頃に、昨日と同じように4人の騎士達が再び夕食中の男の目の前にやって来た。騎士達の表情は、一目見れば分かるぐらいには怒っているようで,冒険者の男を4人は非難するような厳しい目で睨んでいた。

 

 昨日も目の前に突然現れて命令を言ってきた一人が冒険者の目の前に立ち、夕飯が置かれているテーブルにドカンと拳を叩き付けて叫んだ。

「なぜ、今朝城に来なかった!?」

「なぜ俺が、アンタ達の命令なんかに従わなければならないんだ?」

 その言葉は、煽り文句でも何でもなく冒険者の男の真意だった。

 

 その国のギルドが発行するモンスター討伐任務の報酬が良い、という噂を聞いてこの土地に流れ着いて来た彼は、王国の民になるための申請はしていないので正しくこの国の人間ではない滞在者であるし、国の命令に強制的に従わなければイケナイと言う立場ではなかったはず。

 

 仕事が有るならば、冒険者ギルドを通して任務内容と成果報酬を示してくれないと。受けるかどうかは、依頼の内容次第がだけれど。そう言った男の言葉が、騎士達を激昂させた。

 

「何だと、貴様ッ! 王国の命令に歯向かうのか!?」

「だから、何か依頼が有るのならばギルドを通してくれ。それと、今俺は見て分かる通り食事中だ。急ぐ話なら話は聞いてやるから、今度からは事前に面会の約束を取ってくれ。俺は今、あの宿に泊まっているから、そこの主人に」

 説明している男が言葉を言い終える前に、騎士が左腕をグイと水平に動かしてテーブルの上に置かれている料理の載った食器や酒の入ったグラスを払いのけた。

 バリンバリンとグラスや皿の割れる音がして、載っていた食べかけの食事が地面に落ちる。

 冒険者と4人の騎士の状況を静かに見守っていた飯屋の主人が、カウンターから出てきて揉め事を起こしている男たちを、何とか止めようと近づいて来た。

 

「き、騎士様! あの、店内での揉め事は……」

 騎士達は飯屋の主人の声を無視して、冒険者だけを意識に入れて更に怒鳴った。

 

「王国の命令を無視すれば、反逆罪で貴様を拘束する事になるぞ!」

「だから、強制の命令に従わなければならない理由はないし、協力して欲しいのなら詳しい話を聞かせろって」

 騎士の話の通じなさに、うんざりしながら彼は思う。この店の味は気に入っていたのに、主人に迷惑を掛けてしまった。これから、この店には来にくくなるなぁ、と。


 流れ者の冒険者である男が知らない事実として、彼の拠点としていた国では何年か、あるいは何十年かに一度に勇者が召喚されるという事実がある。そして、召喚された勇者は偉大な人物なために、勇者の補佐をすることを王国から命じられると言うのは、何事にも代えがたい幸せであるというのが、その国での常識となっていた事。

 だが、他の土地からの流れ者であり、金払いが良い仕事が有るという理由だけで国にやって来た彼には、その常識は知らないことであり理解できない事であった。

「もはや、問答無用!」

 激昂して放った騎士の言葉をきっかけとして、左右後ろに控えていた3人の騎士も同時に動き出して腰に差した剣を抜き、全員で冒険者の男に襲いかかった。

 

 実のところ、騎士達の思惑はこうだった。

 

 国に仕える優秀と自負する、自分たちのような王国騎士が居るというのに、ギルドに所属する卑しい冒険者なんかに、勇者の補佐としての大役である仕事を任せるなんて。

 王国が勇者補佐をギルド所属のよそ者に命じたという事実を騎士達は納得できず、今この場で王国の反逆者という理由を盾にして男を処分してしまえば、任務を請け負う予定の男が消えて、王国が目をつけた冒険者の男よりも優秀な自分たちを王国に示すことが出来る。そして、最終的には勇者の補佐として自分たちが任じられるのではないか、という考えがあった。

 威圧的な態度で接したのも、内容を適当に詳しく説明しなかったのも、そうした理由が大いにあった。

 

 騎士達は、目の前の男が勇者の補佐を請け負わない様子に、自分の計画した思い通りに事が進んでいるという意識で居たため、内心でほくそ笑んでいた。

 後は、目の前の男を始末してしまえば、少なくとも自分たちの国以外の他所の人間に、召喚された勇者様に関する仕事を任せる必要なんて無いと王に示すことが出来る。そう、確信していた。

 

 けれど、結果的に騎士達の行動は後に王国の崩壊を引き起こす小さな、しかし確実な引き金となってしまった。

 


***

 


 飯屋の店主は、騎士とお客との諍いを何とか止めようと彼らに近寄りながら声を投げかけた。

 彼らの話を横で聞いていた店主は、勇者補佐の仕事を冒険者が断っている事を不思議に思いながら、早く請けてしまえと冒険者に対して思っていた。そして、面倒事を早く終わらせてくれとも。商売のためのテーブルに椅子、そして料理に使う皿やグラスなどを壊されては堪らないから。

 

 だがしかし、店主には騎士達を止められるような技芸は当然のごとく身につけていないので、結局は少し離れた場所から言葉で静止するしか方法はなかった。

 揉め事を止めるように言っている店主。騎士達は店主の言葉を意識的に無視して、一切店主に方には振り返らずに、冒険者の男を斬り殺そうとしていた。彼らは止まらない、どうしょうと悩んでいるうちに、騎士達がなんと店の中で剣を抜いて客の男に突き付けていた。

 

 飯屋の店主の目の前で、騎士達が剣を抜き放った。店主は、客の男が斬り殺される場面を想像して、何とか止めようと考えるが、騎士を今すぐに止められる手段が思い至らず、無視されるのでただ彼らの様子を見るしか他に出来なかった。

 

 けれど、店主の数瞬前に予想していた状況とは全然異なる状況となった。冒険者で客である男は、店主の気づかない間に右手に剣を抜いて立っていた。

 そして、襲いかかった騎士に対峙して反撃し、瞬く間に騎士達を倒してしまった。返り討ちにあった4人の騎士は全員、地面に突っ伏して手から剣も離れて斬られた体から血を流して、血に塗れて呻いていた。

 

 飯屋の店主をしている一般市民の彼には、剣術の心得は無いので実際のところ正しくは分からないけれど、それでも客の男と騎士達との技量の差は圧倒的だった、と直感させるような結果だった。

 

「やっちまった、な。とりあえず、国を出る準備が必要かな」

 飯屋の常連客で冒険者をしている彼の独り言を聞いた店主は、もう店に彼が来ることは無いだろうと思いながらも、何も言葉を掛けられなかった。

 

「ご主人、俺はもう行くよ。金はテーブルに置いておくぜ。じゃあな」

 その言葉と、店から出て行く姿が、店主が常連客の最後となる聞いて見た姿だった。

 


***

 


 騎士の要請を断った冒険者は、翌日には4人の騎士を襲撃して王国に反逆したという罪を着せられて、王国から懸賞金を掛けられてしまった。更には、冒険者が何年か掛けて仕事をこなして貯めて、ギルドに預けて貯金していた財産資金も男が回収する前に王国の人間によって理不尽な罰として没収されてしまった。

 

 冒険者はギルドから没収された分の半分程度の資産を取り返すと、こんな国に居られるかと激昂し指名手配が掛かった数日後の夜には、静かに王国の持つ領土から出て行ってしまった。

 

 勇者至上主義の教育を施された国民たちは、冒険者が勇者補佐の任務を何故請けなかったのか、何故騎士達を襲撃したのか、真相を知らないままに王国が発表した冒険者の男の悪評を信じて、国から出て行った事を聞いて喜んだ。


 その頃になって、目に見えて分かるぐらいに王国の状況が変わっていった。

 

 

***

 


 まず、王国に発生するモンスターの数が徐々に増えていき、強力なモンスターも発生するが討伐に何度も失敗してしまい、非常に治安が悪くなっていった。

 

 その後、協力を得られなかった王国は周辺国に敵を作ってしまっい連合を組まれてあっさりと攻め滅ぼされしまった。

 

 冒険者は、王国から逃げ出すように出て行った後の事については、あまり興味を持たなかったので詳細を知らないままであった。そして、新しくやって来た国に長期滞在をして働き過ぎないぐらいの仕事を受けて楽しい人生を送った。

 

目次

【スポンサーリンク】