キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

ちょっと変わったアイテムボックス

「ココとココ、それからこの場所に置いてきたと報告を受けている」

「巨大グモにスカルデーモン……それから初心者殺しのゴーレムがいる場所ですね。了解しました、今すぐ回収してきます」

 

 テーブルの上に置かれた地図を指差しで確認しながら順路を頭に思い浮かべて、目的地を確かめているのは王都中央冒険者ギルドでダンジョン回収班として働いているアランという名の青年だった。

 彼は必要最低限の情報だけを上司から指示され受け取ったら、すぐさまギルド建物から飛び出してダンジョンへと向かった。

 

 身体を覆うだけの革で作られた防具に、鉄で何とか誂えた簡素な剣を腰から下げて冒険者初めたてと言うような見た目。非常に身軽で動きやすさだけ重視したような装備のまま。しかし、胸元に冒険者ギルドの職員である事を示す赤色の羽飾りを身に付けていて、何とか所属が分かる程度の貧相な武装だけを済ませた格好である。

 

 そしてアランはそれ以外に特に荷物を持つこともせず、暗いダンジョンでは必需品といえる松明や緊急時の回復手段、それに食料すら何も準備せずに躊躇せずダンジョンに入っていったのだった。

 ダンジョンについての知識を多少持っている人が居たとすれば、そのような彼の行動を止めに入るだろうが、アランにとっては別に問題はなかった。

 というのも彼はアイテムボックスという珍しいスキルを身に付けいているので、何もない空間に手荷物から何から全てを収納して居るので、わざわざダンジョンに潜る準備をする必要もなく、というよりも準備は事前に済ませて万端の状態で直ぐさまダンジョンに向かうことが出来るという理屈があった。

 

 こうしてアランはダンジョンに一人で潜って目的地へと向かい、あるものを回収するという仕事を担っている。

 

 その”あるもの”とは、冒険者の死体である。

 

 ダンジョン攻略に失敗してモンスターに殺されてしまったという冒険者の報告を受けると、ギルド職員であるダンジョン回収班の仕事としてすぐに冒険者の遺体と遺品の回収に向かうという事情があった。

 

 人間の死体をそのままダンジョンに放置してしまえば内部の環境が悪くなってしまったり、死体がアンデット化してモンスターになってしまったりするので速やかに冒険者の遺体を回収する必要があった。

 また最悪の場合では初心者狩りをする冒険者キラー等の調査を行うという事、パーティー内でのトラブルの果てに起こった殺人事件と言うような事件もある。そういう事を調べる為にも、ギルドは冒険者登録している者の死亡報告を受けた場合には遺体をダンジョン内に放置するわけにはいかなかったので、ギルドのダンジョン回収班として働いているアランは仕事を受けてダンジョンに潜るのだった。

 


***

 


「この辺りに、……っと発見」

 上司から指示された場所まで、ダンジョン内をソロで探索していく。モンスターの気配を近くに感じないか注意しつつ、薄暗い空間を素早く進んでダンジョン地図を頼りにして目的地を目指し遺体を探していく。

 すると報告されていた場所に人間の亡骸を発見して、近づかずにまず周辺の情報を目で確認していく。

 

(モンスターの気配無し、人の気配も感じない。死体アンデット化の問題も大丈夫そうだ)

 今回の仕事では三名の遺体を回収することになっていたアラン。事前に聞かされた情報が正確ならば別の3グループから一人ずつ、計三人の冒険者がモンスターにやられて死亡したという事だったので、モンスターの気配への注意は十分に取りながら、周辺に罠の可能性や他に人間が居ないかどうかも慎重に確認していく。そうしてから安全を確保して亡骸へと近づく。

 冒険者からの報告が遅くなってしまった場合において、死体がアンデット化している危険性も有るので回収には何時でも気が抜けない。

 

(今日は大丈夫か。余計な仕事も無さそうだ)

 

 ダンジョン内にいるモンスターは、とういう訳か食事を取ろうとはしない。その為に死体を放置していても身体が食われる心配は無いのだが、時々いたずらのようにバラバラに散らかされている時もあって、そんな場合には発見できる限り破片を回収する必要があるので回収に時間がかかる。

 けれど今日は何の問題もなく綺麗なままだったので、すぐに回収を完了させることが出来たのだった。

 

「収納っと」

 地面に横たわる胸元がざっくりと切られて動かない遺体に手を伸ばす。冷たくなった身体にピトッとアランの指先が触れた、次の瞬間にアイテムボックスへと収納される遺体。

 アイテムボックスというスキル持ちの人材は結構希少である。物を異空間に収納して持ち運びを便利にするという能力であり、その活用法は色々と考えられるだろう。アランはそれを使って遺体をダンジョン内から回収していく。


 というのも他のスキル持ちの人達は、あまりアイテムボックスに死んだ人間を収納したがらない。

 

 別にアイテムボックスの中に遺体を入れたとしても、異空間の中でアイテム同士は干渉しないので問題はなかったが、気分的にはアイテムボックスに死んだ人間を収納するのが嫌だという。そういう考えの人が多いらしいので、アランのように嫌がることもせずアイテムボックスを駆使して遺体を運ぶのは珍しい事だった。

 

「剣術のスキルに盾による防御のスキル、完全に戦士系だな」

 アランがそんな人が嫌がるようなアイテムボックスという希少なスキルを使って仕事をしている最大の理由がココにあった。それは、異空間に収納した遺体からスキルを頂戴することが出来るという能力。

 スキルを得ることで能力が飛躍的にアップする。例えば、剣術のスキルを持っていたとしたら剣を使った戦闘が通常よりも何倍も上手くなる。自然と剣の使い方を理解できる。スキルを持っていなかったとしても剣を扱うことは出来るけれど、スキルを持つ者と持たない者の差は歴然と言えるほどに違ってくる。歴史に名を残した多くの剣豪は全員が剣術のスキルを持っていたと言い伝えられている。

 そんなスキルを他人から頂いて集めて自分の物にできるというチートな能力。それを身に着けていた。

 そもそも生きている人間はアイテムボックスに収納することが出来ないのが常識で、遺体からでないと習得できない。

 

「剣術スキルはもう十分に集めたけれど、盾の防御スキルはようやく集まってきたぐらいかな」

 スキルを集めていると重複する能力を得ることも有ったけれど、それらのスキルを合わせて上級のスキルを獲得することが出来たり、スキルの組み合わせで知られていない新しいスキルを発見したりと充実した日々を送っていた。

 

「よし、次の遺体の回収に向かおう」

 彼にとって、まさにダンジョン回収班という仕事は天職のようであった。

 

 

***

 

 

「報酬は、たったのこれだけ?」

「あぁそうだ。何か文句あるのか?」

 ダンジョンから回収してきたものを引き渡して、その労働に対してアランが受け取った報酬はたったの5ゴールド程度。

 これでは一食分の食事代ぐらいにしかならない。ダンジョンに潜るのはそれなりに危険であることは承知だろうし、他の人ではなかなか出来ないだろう仕事に対する報酬ではないのは明らか。

 

 それなのに支払いを済ませた上司は何の悪びれもなく労働に報いろうとはしていない。別にギルドが資金繰りに困っているという訳でもないはず、むしろ王都中央にギルドの建物を威張り散らすように建物を立てている。お金を使うところには使っているが、そのしわ寄せがギルドの末端職員であるアランの給料カットに影響してしまっている。

 

「こんなに報酬が少ないのなら、生活するのに困ります」

「気に入らないのなら辞めちまえ」

 アランの反論には一切耳を貸さず、お話は終わりだと言うように交渉の余地もなく上司は建物の奥へ引っ込んでしまった。

 あれでは何を言っても給料が改善される様子はないだろう。むしろ文句を言ったことを理由に今の賃金から下げられる可能性すらあった。

 こんな報酬では、他に働く人なんて居ないだろうに……。それがアランの偽らざる心境だった。

 

 今までは資金報酬に加えて、他の誰にも真似出来ないような方法で遺体からスキルを頂いていたが、スキルを集めて大分時間が経って数多くのスキルを集めてこれた。

 最近は同じようなスキルしか得ることが出来ないようになって旨味が少なくなってきた。更にギルドからの給金がコレほどまでに少ないようでは、いよいよギルドで働く意味はなくなってきている。

 

(上司は”気に入らないなら辞めちまえ”って言っていたな……。よし、そうしようか!)

 上司は本気で言ったつもりは無いだろうということをアランは理解していたけれども、上司の言葉を本気に捉えることにして彼はギルドを辞める決心をした。

 長年蓄えてきたスキルの数々に、回収で日常的に潜っていたダンジョンでの実践のおかげて戦闘力が格段に上がっているのをアランは自覚していた。

 それはギルドの職員でありながら冒険者上級レベルの実力があるだろう、というぐらいに自負していた。そこから出した結論は、一人旅でも問題ないだろうという事。

 それにタンジョンに潜る準備は常日頃怠っていないで、これはそのまま旅に出る準備に使える。今すぐにでも王都を出ていける用意は既に完了していた。

 

(目的地は、そうだなぁ……。勇者の遺体が有ると言われている聖地を目指そうか)

 外へと目を向けたアランの旅の目的地が、考えて数秒の内に決まっていた。観光のついでにあわよくば、勇者の持つスキルを頂けないかどうか。そんな理由で王都を出発することに。

 5年間という長年働いてきた冒険者ギルド。いつか旅に出ていこうと想定していたアランは、これといって親しい友人関係を築いては来なかった。と言うか仲良くなる機会も無くて、街に親しい友人が居ないことが幸いして後ろ髪を引かれるような事もなくその日の内に王都を出発することができた。

 

(自惚れでもなく多分、俺が居なくなったら代わりを務める人を探すのに彼らは苦労するだろうな。でも低賃金で今までギルドに貢献してきたんだし文句を言われる筋合いもない。せめて良い代理の人が見つかるように祈っておこう)

 こうしてアランは、冒険者ギルドと王都に一切惜しむことのない別れを告げた後、あっさりと旅を始めるのだった。

 


***

 


「アランは何処だ?」

 ダンジョン回収班を取りまとめている上司は、昼を過ぎてもやって来ない一人の職員につて尋ねて回った。そして、衝撃の事実を知ることになった。

 

「彼なら昨日の内に辞表を出して、ギルドを辞めたようですが……?」

「なんだと!?」

 こうして一人のギルド職員が辞めて行ったのだが、それがキッカケとなりダンジョン回収班の仕事が一気に滞り作業が処理できず溜まっていくことになって、ダンジョン内でアンデット飽和問題が起きてしまうのだった。

 更には、ダンジョン回収班のまとめ役である上司が作業員の報酬中抜きという不祥事が発覚して、今まで上手く処理できていたはずのギルドの仕事がメチャクチャになってしまうのだけれど、旅をして遠くはなれてしまったアランの知るところでは無かった。

 

 

目次

【スポンサーリンク】