キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

旅の道連れ、さようなら

「君を、僕たちのパーティーから除名させてもらう」

「……」

 夜。焚き火の前で休んでいた俺に向かって、目の前の男が放った言葉に俺は何の感情も表すこと無く、ただボーッと彼を眺めていた。というか、何を言っているのかよく理解できなかった。

 

 「これから先の旅において、パーティーの連携がより大切になってくる。しかし、君は協調性もなくて自分勝手に動いて戦闘している。これじゃあ、この先の戦いで他人の事を気にせずに動くような君は、パーティーの足手まといになるかも知れない」

「……」

 熱く、除名処分の理由を説明する目の前の青年。なおも、黙って聞いている俺。

「これは、既にメンバーの意見を纏めて決定された事だ。今更、何を言っても僕らのパーティーから君を除名するのは、変えようのない事実なんだ」

 申し訳無さそうに顔を歪めて、青年が言う。

 

「だから、申し訳ないが今夜中にパーティーから離れてほしいんだ」

「わかった」

 そして俺は、しばらく黙っていた口を開いて、しかし特に反論もないと了承する言葉を出した。言われた通り早速、この場所を離れたほうが良いんだろうなということを理解して、旅の荷物をまとめていく。

 

「もう出ていくのか? みんなと別れは必要ないのか」

 荷物をまとめ終わって、旅を再開する準備が整った。これで、もう歩き出して行くことが出来る。そんな俺の背中に青年の驚いた声。

 

「今夜中って、君が言ったことだろう? お別れも特に必要ない。もう二度と会うこともないだろうからね」

 そう言って、俺は彼の返事も待たずに、纏めた荷持を背負って夜の暗い森の中へと歩き出した。「薄情だな」という青年の呟きが聞こえたような気がしたが、足を止めずにズンズンと歩を進める。

 しかし、最後まで彼の言葉はよく理解できなかった。そもそも俺は、いつから彼の言う冒険者パーティーの一員に加えられていたのだろうか?

 


***

 


 それは半年程前の事だった。一人で旅をしていた俺、ある日から見知らぬ青年がコソコソと俺の後ろに付いてきた。

 

 人との意思疎通を苦手としている俺は、後ろを付いて歩く青年に特に指摘することもなく放っておいた。時間が経てば勝手に何処かに行くだろうと無視を貫いていた。しかし彼は、俺から付かず離れずの距離を保ちつつ同じ方向をずっと歩んでいる。

 

 強敵のモンスターを探して森をさまよい歩く俺の後ろに、付いて歩く青年。

 

 発見したモンスターと俺が戦闘に入った時には、姿を隠して離れて観察するような邪魔にならない距離を取って。

 夜は勝手に、俺の立てた簡易拠点の焚き火、テントの近くに居座って休む彼。

 

 俺たちの間には会話も一切無くて、勝手に後ろを付いてくる青年。気にはなったものの、人と接するのが苦手で会話するのも指摘するのも面倒で、ずっと放置する俺。というような奇妙な関係が数日続いた。

 

 何か仕掛けてくるようなら、返り討ちにするぐらいは余裕そうだったから。

 

 後ろを付いてくる彼を放置していたら、ある日から青年とは別の男がもう一人、いつの間にか増えていた。親しそうに話し合う青年と、合流してきた男。

 それでも俺は、特に何も言わず目的の強敵モンスターを探して、森の中を歩く。後ろを付いてくる青年と、男。

 それから、あれよあれよという間に人数が増えていって、男三人に女六人というパーティーになっていた。それでも、俺は特に指摘すること無く彼らをただ見ているだけだった。向こうも不思議な事に、特に何も言ってこなかったから。

 

 言葉による合意も許可も無いまま、後ろを付いて歩くパーティー。自然な流れで、一緒に旅をするような感覚になっていた。彼らは楽しそうな会話を交えて、後ろを付いて歩いてくる。俺は、彼らの様子を演劇を見るような気分で楽しみながら眺めていた。

 

「僕は、必ず魔王を倒して世界を救う」決意の眼差しで、そんな事を宣う青年。

「立派な決意です、ルーク様」と胸の前に手を合わせ感動している僧侶の女性。

「俺も、お前のことを支えてやるぜ」と青年の肩に手を置く戦士の男。

「ふふっ、我らが居れば平和な世界も再び訪れるであろう」と老人臭い喋り方をしている、魔法使いの格好をした少女。

「我ら、王国騎士が支援します」と鎧に身を包んだ男女の全身鎧武装兵士たち。

 そんな彼らのやり取りを、旅を続けている間の気分転換に眺めていた俺。

 そして今日。何の前触れもなく、青年が話しかけてきたかと思えば、突然のパーティー除名宣言だった。まさか初めて交わす言葉が、そんな内容だとは。理解するのに、しばらく時間がかかっていた。

 パーティーから除名って。そもそも、俺は彼らと誰一人としてまともに会話をしたこと無いんだが。

 今日初めて話すことになったルークと呼ばれている青年以外には、誰とも話していないし。メンバーの名前すら正確に把握していない。そんな薄い薄い関係。

 

 けれど、パーティー除名宣言されることになったらしい。つまり俺は、いつの間にか彼らの仲間の一人として加えられていた、という事なのか。

 パーティーに加えられていた意識も無いまま、いきなりの除名処分という唐突な出来事に納得はいかないものの、それならそれで一緒に居たいとも思わない。詳しく事情を聞いてみようとも思ったが、会話が面倒だし適当に合わせて返事をしていた。それに目的だった強敵モンスターも、あらかた倒し終えたし次の場所へ移動するべき時期だった。

 

 まぁ、いい機会かと半年程を一緒に居た彼らと別れることにする。そもそも、彼らは後ろを勝手に付いてきただけだしね。

 ただ、心配だったのは彼らの実力は大丈夫だろうか。という事だけ。まぁ、前を歩く俺と後ろを付いて歩いてくるだけの彼らという関係だったから、わざわざ指摘することも無いかと思って、特に注意することもなく早々に別れた。

 


***

 

 

 ルークがパーティーから一名、除名処分にした翌朝の事だった。

 森を抜けて街へと向かう道中にて、モンスターの大群と遭遇した彼らは武器を手に取り、慌てて戦闘に入った。すぐに片がつくだろうと予想していたルーク。

 けれど予想は大きくハズレて、すぐ劣勢になった彼ら。

 

「助けて、ルーク!」

「くっ、まだコッチが片付いていない。ヘレン! アイシャの援護を!」

「こっちは無理じゃッ! 手が離せん! アランは、彼奴は、どこに行ったのだ!?」

「ココに居る! だが更にコッチから敵の増援、来るぞ!」

 大量のモンスターに囲まれて、逃げ場を無くしてしまったルークパーティー達。ダメージを受けて助けを求める僧侶の女性、狼狽えながら指示を出すルーク。魔法の詠唱に入って手が離せなくなった魔法使いの女性、そして更なる敵の増援を目にした男。

 

「もう、保ちません! 我らも限界です」

「訓練してきた、兵士なんだろう!? なんとか踏ん張ってくれッ!」

 音を上げる兵士たちに激を飛ばすルーク。しかし、みんなが限界だった。

 押し寄せてくるモンスター目掛けて、全力で剣を振り攻撃を加えながらルークは、何故こんな事になったのか考えて理解できないでいた。

 今までは順調に、戦闘も問題なくこなせていた筈だったのに。パーティー、初めてのピンチだった。

 

 ギルドの評価も上々でランクも上がってきて、依頼をこなし実績も着々と積んできたはず。そして、処理をどうするか頭を悩ませていた異物も排除できた。

 

 ルークは、昨夜パーティーから追放した男の価値を理解してなかった。

 

 最初は襲い来るモンスターの盾にするのに都合が良かったから、偶然出会った男の後を付けて一緒に付いて行っただけだった。文句も言わない無口な男で、何も話さなかったのも都合がいい。利用しやすかった。

 それからルークは仲間と合流して、見知らぬ男を盾にしつつ戦闘を繰り返して、経験を積んで実力も上がってきた。

 もう、モンスターの盾にする男は必要無くなったとルークは判断した。勇者パーティーとして価値を上げるために、どこの馬の骨とも知れぬ男はパーティーから除外する必要があった。異物を排除するために、メンバーと話し合って追放の場面を整えた。メンバーからも異論はなく満場一致で、男をパーティーから除名することが決まった。

 

 しかしルークは、男が優先的に強力なモンスターを排除してくれていたことに、遂に気付くことはなかった。ちょっと強いぐらいの戦士程度だと思っていた。

 本当の実力に気付かないまま、見知らぬ男に強力モンスターを優先的に戦わせるという事がパーティー内では恒例化していて、メンバーが自分たちの実力を錯覚するようになっていた。

 

 モンスターへの盾に利用されていた男は、しかしパーティーメンバーを守ろうと考え率先して強力なモンスターを倒していたわけではなく、強い相手を求めていたから。

 

 彼の目的は、強いモンスターとの戦闘をすることだけ。他には特に気を配っていなかった。ルーク達がどうなろうとも、別になんとも思わない。有象無象だと、そう思われていたことにすら気付かなかったルーク達。

 

 だからこそ、モンスターの盾に利用されていた男は強力なモンスターを倒したとしても誇ることもせず、ただひっそりと一人で満足するだけだった。そもそもお互いに会話も無かったし、パーティーのメンバーという意識は無かったから。

 

 男の活躍を正しく理解している者は居なかった。ルーク達は全員、戦闘を繰り返して生き残ること、自分のことで精一杯というぐらいの戦闘能力しか無かった。。

 

 そんな環境に居たから、ルークは男をパーティーから追放したとしてもやっていけると誤った認識をするようになっていた。たった一人、パーティーから抜けたぐらいで影響は無いだろうと軽はずみな判断。

 それがモンスターへの盾だった男が居なくなって早速、戦闘で窮地に陥っている理由だった。実力を誤ったまま戦闘に入ってしまって、離脱するタイミングも逃してしまった。

 

「くっ!?」

「ルークッ!?」

 こんな筈じゃなかったと最期に後悔しながら、ルークの意識は途絶えた。

 

 

目次

【スポンサーリンク】