キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

魔者と呼ばれた少女

閑話 初めての接触

物心がついたときには、既に師匠から魔法を学ぶ毎日だった。

第09話 佐藤の一日

俺の朝の目覚めは、ミヨさんと一緒に寝ているベッドの上から始まる。

第08話 異世界での生活

家主であるミヨさんからの了承を得て、しばらく彼女の家にご厄介になる事となった。

第07話 三人の朝食

「ミヨ、今朝はなんだか随分とご機嫌みたいだし、朝食も豪華だね」「そんな事は無い。いつも通りの食事だ」

第06話 もう一人の魔者

翌朝、起きると見慣れない風景が目に飛び込んできた。そういえば、と経緯をすぐに思い出して実情を把握する。

第05話 夜

外も暗くなっていて、今から森を抜けて街に出るのは危険だと言われたので、ミヨと名乗る少女の家に一泊させてもらう事になった。

第04話 現状認識

これまでの経緯を彼女に話してみた。何も分からないままに、気がついた時には森の中に一人で居た事。居場所も分からず、森の中で彷徨っていた事を説明すると、今居る場所辺りの事を改めて詳しく教えてもらう事になった。

第03話 ベッドの上で

目が覚めたら、今度は硬い土の上ではなく、柔らかいベッドの上で横になっていた。自宅にある自分の部屋の天井のクロスではない、見覚えのない木造の天井だった。コンクリートで造られたような、病院の病室でも無さそうだ。

第02話 森の中の少女

森の中をさまよった結果、突然に遭遇してしまった白いトラのように見える獣。 その獣に対して俺は、打つ手もなく目をつぶって現実逃避するしか無かった。現代日本に、あんな大きなトラが自由に闊歩しているなんておかしい。そもそも、装備も道具もなく山の中…

第01話 不思議な森の中

気がついた時には、何故か見知らぬ森の中に倒れていた。 森の中で倒れていた経緯が分からない俺は、すぐにその状況を理解できないままにゴロンと横になったまま。

魔者と呼ばれた少女

武悟(たけさとる)は現代日本に住む学生だったけれど、気がついた時には何故か森の中で倒れていた。

プロローグ

その時、五人の女性が夜空に輝く光を見ていた。 一人は、日課である魔法の練習を毎日毎日ひたすらに繰り返して、修行の日々を過ごしている女性。彼女は、今日の一日のノルマとして設定していた量の訓練を終えて、小休憩している時にふと空に目をやると一番に…

【スポンサーリンク】