キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

長編小説

第09話 夢の目覚め

これは転生者ユウキが自由都市チキュウテンセイに訪れるよりも、もっとずっと昔のお話。

第08話 決断

ユウキが自由都市チキュウテンセイという場所に連れられて来てから、一週間が経とうとしていた。

第07話 朝の真実

「あれ? 朝から一人で、どこに行ってたんだい? 一緒に朝食でも食べようかなって、探したんだよ」 ユウキが覚悟を決めて宿屋に戻ってきてみると、オスキツが宿屋がある表の通りで待ち構えていた。朝から姿を消していたユウキを探していたようだった。

第06話 悩み散策

「ん……え?」 目を覚ますと、いつの間にかベッドの上で横になっていたユウキ。寝ぼけた頭で自分がどうしてココに居るのか、探ろうと辺りを見渡す。だが、彼の目に飛び込んでくる風景は、彼にとって見知らぬ場所だった。

第05話 失敗

ヴァレイという青年が率いる冒険者パーティーに、新たな仲間として加わることになったユウキ。

第04話 過去の出来事

ユウキは、ごくごく普通な農民一家の下に生まれた。

第03話 BARシモン

メインストリートから少し外れた通り、人気のない道をズンズンと迷いなく進むオスキツの後ろを付いて歩いていくユウキ。

第02話 発展した都市

「ふぅ、緊張した……」

第01話 都市長と転生者達

「新しい転生者、連れてきましたよフランマさん。それじゃあ、僕の仕事は無事に完了ということで後は任せます」

プロローグ

「ここが自由都市チキュウテンセイ、ですか……」

第11話 甲子園出場への道

横浜中央高校との練習試合、俺達は本来予定に無かった二試合目を行っていた。向こうチームは先程の試合に出ていた選手を全員交代していて、本気だと思われるメンバーを揃えて対抗してくるようだった。

閑話14 貢献する為に

僕――浅黄龍二(あさぎりゅうじ)は、日本でも屈指と言われている浅黄財閥の御曹司である。

閑話13 舞黒優人の見た夢

小さな頃から今までの人生で、僕は親の言う通りにしか生きてこなかった。自分から目指したいと思えるような夢も無いから人生の目標なんてものは無くて、特に親しい友人も居らず。

閑話12 新社長金森インタビュー

「本日はアビリティズ事務所に新しい社長として就任する金森大輔さんに来ていただきました」「よろしくおねがいします」

閑話11 謀反の役員会議

アビリティズ事務所は大手企業である、ということを端的に示すために有るかのような自社所有の超高層ビル。その最上階に近い場所にある会議室で、いつものように三喜田社長と金森副社長、そして役員たちが数名集まって会議が行われていた。

閑話10 非公式ファンクラブの集い

これはまだ、赤井賢人が小学生の頃の話である。 クラスメートや後輩の女子達には、赤井賢人の芸能活動については周知の事実として知られていた。

閑話09 青地家、家庭訪問

「おじゃまします」 「おう、はよ上がりぃや」

第10話 初の対外試合(本戦)

横浜中央高校の監督が、一回裏の攻撃が続く中でタイムを掛けて試合が中断した。何やら話が有る様子で向こうから歩いてくるので、こちらの監督を務めてくれている嶋岡先生がベンチから立ち上がって対応しに行った。

閑話08 青地剛輝の始まり

青地剛輝には父親が居なかった。剛輝がまだ幼い頃に、父親が不倫をした事で両親が離婚。そして、父親は妻子を捨てて家を出ていってしまったからだ。

09話 学校到着

同じような学生服を着た女学生、スーツを着こなしたキャリアウーマン、おしゃれな洋服を身にまとっている女性たちに囲まれた朝の通勤ラッシュである満員電車。見た範囲では車両内には男が自分以外には一人も乗っていない。

08話 女装通学

翌朝。女物のブレザーにスカートを履いて、学校へと行く支度をした。そうしてから女ばかりの世界に出ていくという決意を新たにして、俺は玄関の扉からゆっくりと出た。

07話 提案

先生が提案した方法とは、ズバリ女装をして今までの生活を続けるという方法だった。俺が今置かれている状況を知っているのは、この部屋にいる七瀬寧々と門馬先生の二人だけだ。そして二人は他人に絶対に俺の状況を知らせないと約束してくれた。

06話 先生

夕食にカレーを作り七瀬寧々と一緒に食べた後、その日のうちに彼女は実家へと帰っていった。時々は泊まって過ごす事もあった七瀬寧々だったが、岬アキラという存在が男性の身体となった今、さすがに年頃の女性を家に泊めて男女二人で一夜を過ごすのはよくな…

05話 お夕飯

「夕飯どうしよう?」

04話 事情説明

驚き顔のまま固まった七瀬寧々を自室へと招き強引に座らせると、待っててと言って飲み物を用意するために一人で階下のキッチンへと向かう。

03話 七瀬来る

異常な事態に仮病を使って学校を休むことになったのて、その間の時間が自由になった。という訳で、空いた時間に出来る限り情報収集をしようと考えた。

02話閑話 助けを求める声

「あれ? 珍しい」 スマートフォンの通知に現れた送信者の名前を目にした七瀬寧々は、そう呟いていた。なぜなら、この送信者は余程の事情が無い時以外には向こうから連絡を送ってくる事が稀であり、今までで指で数えられる程度の回数しか記憶に無かったから…

02話 仲間を呼ぶ

これからどうしょうか。解決するべき問題を頭に思い浮かべながら、引き続きベッドの上であぐらと腕を組んで座りながら考える。

01話 状況判断

「んー? あー? えー?」 目が覚めて身体を起こして感じた違和感。茶色の学習机に、真っ白な本棚。身体が沈んでふかふか、座り心地のいい高級そうなシングルサイズベッド。

閑話 初めての接触

物心がついたときには、既に師匠から魔法を学ぶ毎日だった。

【スポンサーリンク】