キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

転生者に託された夢

第21話 成長促進

今回の遠出の目的は、まず冒険者としてレオンは活動できるという証を得るために魔物を狩るという事が目的の1つ。ただ、その目的はサナを助けに入って5匹のアサシンウルフを倒して死体を手に入れるたという実績を既に手に入れているので、目的は果たさたと…

第20話 勧誘

サナのパーティーから追放されたという話を聞き終えたレオンは、1つの提案を彼女にしていた。そして、これからどうするかという反応をサナに求めるのだった。

第19話 事情説明

魔物に追いかけられていた少女サナは、少し前に彼女の身に起こったという出来事から話し始めた。

第18話 昼食を一緒に

レオンが魔物から追われていた少女を助けた後、しばらく彼女が落ち着きを取り戻すのを待っている間の時間を利用して、倒したアサシンウルフ5匹の死体を回収していった。

第17話 追われていた少女

レオンは、魔物に追われている少女に凄い速さで走り寄りながら、彼女だけではなく別の方向にもキョロキョロと視線を向けて、もう一度辺りを観察していた。

第16話 街の外へ

「はぁ、はぁ、はぁっ」「大丈夫か? ルー」「だ、だい、じょうぶ、です」

第15話 初仕事

冒険者になった翌日から、レオンは早速冒険者としての仕事をしてみることにした。と言っても、新人である彼では現段階で特別な依頼を受けることは出来ない。なので。

第14話 これからの事

深夜もだいぶ過ぎて、もうすぐ明け方になりそうな時間。レオンとケイは、ベッドの上で一緒に横になって色々と話をした後。

第13話 師匠の記憶と託された能力

「えっと、そうだったの。ごめんなさい」 まさか既に亡くなっている人だなんて思わず、安易に聞いてしまった事について謝るケイ。

第12話 ケイと夜話

ケイはレオンが眠りについていたベッドに息を潜めて侵入してくると、彼に目を覚ますように声を掛ける。そしてレオンが起きた所で、投げかけられた言葉。

第11話 部屋割り

レオンが2人を引き連れて宿に戻ってくると、建物の中で女主人が待ち構えていた。朝目覚めて階段を下りてきた時にレオンが、彼女と顔を合わせた時と同じように。

第10話 衣装買い

ルーとケイという2人の奴隷を買い取ることにしたレオン。代金を支払い、奴隷を扱う為に知っておかないといけない色々な知識について、ヨハンからしっかりと説明を受けた。

第09話 同郷疑惑

レオンが支払い奴隷を買い取る支払いに取り出してきた宝石の鑑定を行っている間、しばらく時間が空いたので他にも奴隷を見せてくれと頼むと、店主のヨハンは快く引き受けた。

第08話 獣人奴隷

「どの娘も皆、綺麗ですね」 愛想笑いを浮かべながら心のこもっていない、ありきたりな言葉でレオンが答えているのがヨハンには分かった。

第07話 お買い物

なんとか試験に合格して冒険者の証を受け取ると、ギルドから認められた正式な冒険者として活動が可能となった。ただし色々と予定していた事は崩れて、失敗も多く有ったけれど。

第06話 試験結果

「だから、僕は貴族なんかじゃないって」「フッ!」 どうやら女戦士ルチアがレオンに敵対心を抱いている原因が、貴族という身分に有るらしい事が分かった。

第05話 追加試験

「とういう判断で、彼は試験を合格したんですか?」 女戦士のルチアが、試験官を務めているクリスに詰め寄って問いかける。たった一度、剣を交えただけでレオンを合格にした基準は一体なんなのか、説明を要求した。

第04話 求めた反応

一番に立候補した女戦士のルチアと、試験官を務めるギルドマスターでもあるクリスが向かい合っている。 他の受験者であるレオン達5人は、試験を始める彼らから少し離れるように移動すると、遠くから2人の様子を伺っていた。

第03話 試験開始

冒険者になるための試験は朝からスタートします、と曖昧に聞かされていた為にいつ開始されるのか定かではなく、ボッーと立って冒険者ギルドの建物内で待っている受験者達。

第02話 冒険者ギルド

レオンが冒険者ギルドのある建物に入っていくと、既に何人かの今日試験を受けるらしい受験者が待ち構えていた。同じ目的を持つ彼ら受験者の視線が、レオンに注目する。もしかしたら、今日のライバルになるかも知れない、という警戒の視線が。

第01話 目覚めの朝

宿屋の一室で、その青年は目を覚ました。窓から入ってくる陽の光を身体に受けて目を覚ました彼は、ベッドの上で大きく背伸びをする。すると、何かに気が付きハッと目を見開くと、天井を見つめた。

転生者に託された夢~チート能力を譲り受け、S級冒険者を目指すお話~

お前はワシが託すこの能力を使いこなして、この世界で知らぬ者は居ないと言われるぐらいの有名冒険者となり、可愛い女の子といっぱい付き合ってハーレムを築いてくれ。

【スポンサーリンク】