キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

転生ドラゴンの巣作り風景

第10話 貴族様

事情聴取は時間を掛けてしつこく続けられた。だが、襲われていた女性であるバーバラが精神的にも肉体的にも疲れがピークに達したのか、言葉少なくなってきた事に気づいた兵士が聴取を一旦中断して彼女を休ませる事にした。

第09話 事情聴取

「これは一体……」

第08話 後始末

数分後には、立ち向かってきた鎧の男たち全員が地面に倒れ伏していた。

第07話 厄介事

「どうやら、良い人を紹介してもらったようだ」 「そうみたいですね」

第06話 城門

目的地の近くにまで飛んできた俺達は、カイニーアの街が見える場所である近くにある山の中腹辺りに一度着陸していた。そして、着陸してすぐに俺はドラゴンの姿から人間に変化していた。そして、慣れない空の旅で疲れている様子のアルビナの横に並んで立って…

第05話 おでかけ

「あの、私はこれから一体どうすれば……」 街に行くことを決めた俺に向けてアルビナは、オロオロして落ち着かない様子のまま恐る恐ると尋ねてきた。

第04話 貢物の経緯

俺が、数日前に都市の周りを飛び回っていたドラゴンであるということを、アルビナと名乗る少女に明かした後。彼女は、俺が人間の姿で居ても実際はドラゴンであることを認識して、怖がられるようになってしまった。

第03話 ドレスを着た少女

気合を込めて巣作りという作業を進めている途中、突然やって来たのは見知らぬ人間達だった。作り始めたばかりの俺の巣にやって来たという事は、わざわざ山の中を探索してやって来たのだろうと考えつつ、せっかく来たのだからと対応してみることにした。

第02話 巣の基礎作り

巣を作る場所を決めた俺は、おおよそ一ヶ月ぐらいは睡眠も取らずに動き続けて、ドラゴンである能力を最大限に活用しながら、自分の前足だけを使ってモグラのように穴を掘ったり、口から火を吹いて掘った穴を熱した後に冷やして洞窟を作ったり、巣作りを順調…

第01話 巣の場所決め

何百年もの日々をグータラと過ごしてきた俺は、特に生きる目的も持たず、主だった行動もせず生活していた。そんなある日、母親であるセミラから尻を叩かれドラゴンとしての務めである巣作りを始めることを強制されたのだった。

転生ドラゴンの巣作り風景

日本人だった頃の記憶を持った男が、アイルトンと名付けられたドラゴンへと転生した。しかし、彼は生まれてから数百年経っても、物語になるような冒険を始めるのでもなく、後世に残るような発明をするのでもなく、怠けきった生活を送っていた。

プロローグ

「アイルトン! どこに居るの? アイルトン!」 「母さん、ここだよ」 薄暗い洞窟の中で寝そべっていた俺の耳に、甲高い女性の声が届いて聞こえたので、俺は地面に下ろしていた頭をのっしりと上げてから、声のした方向へと目を向ける。そうして、その女性の…

【スポンサーリンク】