キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

現代の賢者様

第06話 薬の行方

家へ訪れたのは2人の男。真面目な顔をしてキッチリとした黒のスーツを着て装飾品は何も身に着けていない30代後半ぐらいの年に見える律儀そうな男性と、グレーのスーツを着て左腕に高そうな腕時計を身につけていて、正直言って胡散臭い雰囲気で笑顔を浮かべる…

第05話 マスコミ騒動

それは両親と一緒に夕食をした後、いつもの様に居間でおしゃべりをしていた時だった。そろそろ私は寝る準備を始めようとした夜9時を少し過ぎた頃、突然家の電話が鳴り出した。 父と母は顔を見合わせ互いを見たが、どちらも電話の相手に心あたりが無かったの…

第04話 魔法薬

小学校で孤立していた私は学校が終わった放課後も一人で行動することが多くなった。と言っても小学校に来ている子たちの多くは家が遠くにある場合が殆どで、放課後は皆が遊ぶこともできずにすぐ帰らなければならないので状況は他とそんなに変わらなかったが。

第03話 小学校

小学校に入学することになった。 魔法の修行を始めてからちょっと1年を過ぎた頃。両親や使用人には魔法の存在を隠して、見つからないように鍛える日々を過ごしていたある日の事。私は両親から小学校について説明を受けていた。

第02話 前世と今世

この世界には数々の素晴らしい文化がある。音楽、演劇、絵画。現代では更に、映画やドラマ、マンガやアニメというものもあるらしい。

第01話 転生

私は転生者である。 よくある小説や映画の題材として目にする事はあるけれど、実際に体験した人は少ないんじゃないかと思う。それを体験している私は、生まれてからしばらくは、物語にあるように前世と今世の様々な違いに大いに混乱させられたのだった。

現代の賢者様

異世界で賢者として生きていた主人公が20世紀の日本へ転生。

【スポンサーリンク】