キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

アンドロイドの見た異世界

第12話 魔法実践

ヴェルナーと彼の奴隷となったコレットの二人は、廃村となっていた場所に住み着いて暮らしていた。彼らがこんな人が寄り付かない寂れた場所を住処とした理由は、大病を患っていたコレットの治療のためだった。手術中には誰にも邪魔されない広い場所、そして…

第11話 日常の構築

奴隷商人から病気持ちの少女を一人引取って、魔物の森へと戻ってきたヴェルナー。腕の中に引き取った少女を抱えて来たのだが、彼女はぐったりとした意識のない状態であった。

第10話 村への帰還

ヴェルナーが道端で偶然出会った商人と奴隷の取引を行い、商談をまとめた後。猫耳族の幼女である、名前をコレットという少女を引き連れて、ヴェルナーはペスカの剣の拠点へと戻っていった。

第09話 奴隷

相変わらずヴェルナーは、ペスカの剣が所有する住処で居候となって、朝夕には彼らの飯の世話をしながら一緒に暮らすという生活を続けていた。だが、ヴェルナーとパーティーメンバーである彼らは日中には、別々になって行動をしている事の方が多かった。

第08話 滞在中

冒険者ギルドでの用事を終えて、建物から出てきた一行は路地に立ち止まって、先程のギルド内で起こった出来事の話について、それから今後のヴェルナーの予定についての話し合いを始めた。

第07話 加入不可の理由

「そうですか、わかりました」 受付の女性から冒険者ギルドへの加入を断られたヴェルナーは、表情も変えず平然と応じるのだった。しかし、本人以外は加入出来ないという事実に驚き、言葉を失っていた。

第06話 冒険者ギルドへの加入

アルノルドは、冒険者ギルドの受付を任されている女性に向けて偵察任務の結果報告を始めた。

第05話 ディフェシュタット

魔物の森から最も近い場所に存在すると言われている街、ディフェシュタットに3日ほどの日数をかけて到着したペスカの剣のパーティー4人とヴェルナー達。

第04話 街へ

ペスカの剣と名乗る、4人のパーティーメンバー達は先の戦闘で満身創痍だった。狼の魔物、名をアサシンウルフと呼ばれている集団の獣に大小様々な傷を負わされたのだ。まずは、その傷を治療しないと行動できそうにないのだか回復薬は切らしている。

第03話 ペスカの剣

魔物の森の中で戦闘を行っていた4人の男女達にとって、突然現れた見知らぬ男。その見知らぬ男であるCL-505型は、容赦なく狼のような姿をした獣に、躊躇いなく接近し、容赦なく素手で殴り屠っていく。そのスピードとパワーは圧倒的であり、一撃で敵の注目を…

第02話 周辺の探索

帝国軍で生産されたアンドロイドには、緊急事態が発生した場合には最優先で帝国へ帰還するようにプログラムされていた。そして、一体何が起こったのか詳細を伝える、情報という貴重なリソースを本土に持ち帰るのは、アンドロイドとしての義務であった。

第01話 迷子のアンドロイド

魔物の森。名前から分かる通り、魔物と呼ばれる存在が棲みついている森である。

アンドロイドの見た異世界~姿は人間、チート性能~

ある星域で戦闘を指揮していた戦闘指揮官アンドロイドCL-505型は、次の瞬間には見知らぬ惑星の森の中に転移させられていた。

【スポンサーリンク】