キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

2018-12-04から1日間の記事一覧

第30話 デビューの誘い

アビリティズ事務所の副社長である、確か金盛さんとい名の人が突然ライブ後の控室に入ってきて俺を見つけると、スッと近寄ってきた。特に会う約束もしていなくて突然の訪問で戸惑っていると、彼は甲高い声の早口で話を始めた。

第29話 数万人のプレッシャー

普段は野球をするグラウンドにはアリーナ席として今は観客席が並べられており、そこにお客さんも並んで座っている。更に奥には普段なら野球を見るためのスタンド席が、今日はライブを鑑賞するためにお客さんが座っている。

第28話 トップアイドル

「今日のライブ、よろしくね」「はい、宜しくおねがいします」

【スポンサーリンク】