キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

2018-12-03から1日間の記事一覧

閑話07 目の当たりにした才能・後編

「案内ありがとうございました。山北さん」「いや、いいんだよ。それよりも、寺嶋さんに褒められるなんて凄いな君は」

閑話06 目の当たりにした才能・前編

僕は何故アイドルに成るのを目指しているのか、時々分からなくなる。オーディションに受かって、アイドル訓練生としてアビリティズ事務所に所属して8年も経っていた。それなのに一向にデビューできる機会は訪れていない。

閑話05 クラスメートの女の子

私がまだ小さい頃の、とても大切な思い出。

【スポンサーリンク】