キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

2018-11-20から1日間の記事一覧

第10話 彼女たちの技術

ステインさんが持ってきてくれた数々の料理を食べ終えて、空腹が満たされると色々な事が気になりだした。

第09話 食事

目を覚ます。ベッドから身体を起こすと、俺の目覚めを感知したのか部屋の中が自動で薄ぼんやりとした光で照らされる。その光によって、段々と意識が覚醒してくる。

第08話 副船長とメカニック

ミラさんに案内されて、今後生活していくために割り当てられた部屋へとやって来た。案内が終わると、ミラさんは直ぐに部屋を後にして、俺一人だけが残された。

第07話 完治と個室

目を覚ましてから、既に三日が過ぎ去ろうとしていた。その三日間で、身体の怠さはや不調な感覚は取れて快調へと向かっていった。

第06話 彼/彼女たちの事情

話し合いは終わり、ミラさんから身体を回復させるためにゆっくり休むように言われる。そして俺はベッドに横になりながら、女性たち三人が部屋から出て行くのを見送った。

第05話 無人惑星地球

情報のすり合わせを行うための話し合いは続いた。そして話題は、現在の地球についてへと移っていった。

第04話 宇宙の現況

「それでは、コチラの事情も話しておきましょう」

第03話 診察と事情

お互いに自己紹介を済ませた後、ヨハンナさんは先程目覚めたばかりの俺の身体の状態に異常が無いか診察してくれる事になった。

第02話 覚醒

鼻の奥がツーンとするような感覚がして、目が覚める。

第01話 接触

「多分、この辺りだと思うのですが……」

【スポンサーリンク】