キョウキョウ NOVEL's

キョウキョウ著によるオリジナル小説を公開しています。

04話 事情説明

驚き顔のまま固まった七瀬寧々を自室へと招き強引に座らせると、待っててと言って飲み物を用意するために一人で階下のキッチンへと向かう。

03話 七瀬来る

異常な事態に仮病を使って学校を休むことになったのて、その間の時間が自由になった。という訳で、空いた時間に出来る限り情報収集をしようと考えた。

02話閑話 助けを求める声

「あれ? 珍しい」 スマートフォンの通知に現れた送信者の名前を目にした七瀬寧々は、そう呟いていた。なぜなら、この送信者は余程の事情が無い時以外には向こうから連絡を送ってくる事が稀であり、今までで指で数えられる程度の回数しか記憶に無かったから…

02話 仲間を呼ぶ

これからどうしょうか。解決するべき問題を頭に思い浮かべながら、引き続きベッドの上であぐらと腕を組んで座りながら考える。

01話 状況判断

「んー? あー? えー?」 目が覚めて身体を起こして感じた違和感。茶色の学習机に、真っ白な本棚。身体が沈んでふかふか、座り心地のいい高級そうなシングルサイズベッド。

女性過多な別世界生活

人口の約90%が女性であるという異常な世界。当然のことながら数少ない男性の価値はうなぎ上りとなっていて、男は過保護なほどに優遇されて、女性からは憧れの存在となっていた。

閑話 初めての接触

物心がついたときには、既に師匠から魔法を学ぶ毎日だった。

第09話 佐藤の一日

俺の朝の目覚めは、ミヨさんと一緒に寝ているベッドの上から始まる。

第08話 異世界での生活

家主であるミヨさんからの了承を得て、しばらく彼女の家にご厄介になる事となった。

第07話 三人の朝食

「ミヨ、今朝はなんだか随分とご機嫌みたいだし、朝食も豪華だね」「そんな事は無い。いつも通りの食事だ」

第06話 もう一人の魔者

翌朝、起きると見慣れない風景が目に飛び込んできた。そういえば、と経緯をすぐに思い出して実情を把握する。

第05話 夜

外も暗くなっていて、今から森を抜けて街に出るのは危険だと言われたので、ミヨと名乗る少女の家に一泊させてもらう事になった。

第04話 現状認識

これまでの経緯を彼女に話してみた。何も分からないままに、気がついた時には森の中に一人で居た事。居場所も分からず、森の中で彷徨っていた事を説明すると、今居る場所辺りの事を改めて詳しく教えてもらう事になった。

第03話 ベッドの上で

目が覚めたら、今度は硬い土の上ではなく、柔らかいベッドの上で横になっていた。自宅にある自分の部屋の天井のクロスではない、見覚えのない木造の天井だった。コンクリートで造られたような、病院の病室でも無さそうだ。

第02話 森の中の少女

森の中をさまよった結果、突然に遭遇してしまった白いトラのように見える獣。 その獣に対して俺は、打つ手もなく目をつぶって現実逃避するしか無かった。現代日本に、あんな大きなトラが自由に闊歩しているなんておかしい。そもそも、装備も道具もなく山の中…

第01話 不思議な森の中

気がついた時には、何故か見知らぬ森の中に倒れていた。 森の中で倒れていた経緯が分からない俺は、すぐにその状況を理解できないままにゴロンと横になったまま。

魔者と呼ばれた少女

武悟(たけさとる)は現代日本に住む学生だったけれど、気がついた時には何故か森の中で倒れていた。

プロローグ

その時、五人の女性が夜空に輝く光を見ていた。 一人は、日課である魔法の練習を毎日毎日ひたすらに繰り返して、修行の日々を過ごしている女性。彼女は、今日の一日のノルマとして設定していた量の訓練を終えて、小休憩している時にふと空に目をやると一番に…

派遣受付嬢による冒険者ギルド立て直し

冒険者ギルドの受付嬢であるマリベルは、派遣の仕事を受けて今日は北の大地にある街のマラアイという所にやって来ていた。

第39話 変わる世界

僕達5人は、3ヶ月という月日を経て商業の国の首都へと到着していた。

第38話 5人の成果と、王国の異変

フィーネと2人で街にある市場を回り、ダンジョンへ挑んだ時に必要そうな物を買い揃えてから、宿へと戻って来た。僕達2人が戻って来た時には既にフレデリカさんとシモーネさんの2人は先に宿へと戻って来ていた。

第37話 商業の国、最初の町

王国と商業の国の国境まで来た僕達。ここまでは、王国兵に出会うことはなかった。幸いにも、指名手配によって国から出る賞金首を目当てにするような冒険者とも出会うことはなく、ここまで特に問題なくやって来た。

第36話 5人の旅路

商業の国へ向かう旅は、ゆっくりと、だけど順調に進んでいた。

第09話 無名の実力

ズパァン! 剛毅の投げた球は直球ど真ん中で俺の構えたキャッチャーミットの中に収まる。その瞬間、まるで銃声のような重く鋭い音がグラウンドに響き渡った。

第35話 4人の事情と僕の決心

王国を抜けた僕達5人、最初に向かうのは商業の国。

第08話 初の対外試合

練習は順調に進んでいた。練習試合を繰り返して、しっかりと形になっていると思う。だが、今はまだ部員同士での練習試合しか経験がないので、夏の大会に出場するまでには一度、別の高校との練習試合をしてみたいと考えていた。

第07話 センセーション

皆の守備ポジションを決めた後、野球の練習として試合を繰り返す日々が続いた。

第06話 皆の能力

堀出学園にもともと野球部が無くって、立ち上げから行えて良かったことの一つは先輩部員が居ないという事だろう。上級生や下級生という年齢の違いはあるけれど、皆が一斉にスタートに立てた。

第05話 強引な立ち上げ

新しい野球部のスタート、嶋岡先生は協力的だったけれど他はそうでは無かったようだ。堀出学園での野球部立ち上げについて協議してもらった所、他の先生方から反対意見が多数続出して最初は活動を認められなかったらしい。

第34話 進むべき新たな道

王国から逃げ、街を抜けて平原で集まった僕達5人。

【スポンサーリンク】