VRMMOの育成シミュレーションゲーム

 人々から”訓練所”と呼ばれる場所。

 その場所は、名の通り人を育てて訓練するところ。大きな山の麓にある、建物がそれだ。そんな場所を世界中の国の人間たちが注目していた。

 なぜなら、その場所を”卒業”したと言う人間は皆が歴史に名を残すような偉人達ばかりだったから。例えば、世界一有名な冒険者の男、魔法の歴史を変えたと言われている魔法使いの女、そして極めつけは世界を暗黒へと誘おうと現れた魔王を退治した勇者様。他にも誰もが名を聞いたことがあるであろう剣士、商人、賢者、格闘家、召喚士、鍛冶師、等など。数えきれないくらいの偉人達が”訓練所”を卒業していると言っている。

 各国がそんな偉人達が誕生する”訓練所”という場所を、国の発展のために、戦争の手駒を揃えるために、金のために、と考えて自分のモノにしたいと思うのは簡単に想像できるだろう。
 だが、そう思ったとしても人々は簡単に”訓練所”に手出しをすることはなかった。
 いや、2つの国が手を出してしっぺ返しを食らってために、その様を見て皆が容易に手を出すべきではないと理解した。なにしろ、軍隊を引き連れて”訓練所”を襲撃しても、訓練所を守る人間たちが居て、襲撃を行った軍隊が逆に崩壊に追いやられたから。
 更に、襲撃の件について知った訓練所の卒業生たちは、襲撃を行った国に抗議したり、国を信頼しないようになって距離を取られるようになった。世界中の偉人達がそのような立場を取ったために、襲撃を行った2つの国は国家間で窮地に追いやられて国力を次第に失っていった。

 とまぁ、こんな人々に注目されている曰くつきの”訓練所”は、今日もいつもの様に運営されていた。


***


 気がついたら、ゲームの中に居た。最初のうちは現実だとは思わず夢だと思っていた。だって、俺は仮想世界というゲームの中で設定した”ホーム”と呼ばれる場所に立っていたから。
 ゲームの名前は「ユートピア」と言って、コンセプトはVRMMOという技術を用いながらも従来にあるようなファンタジー世界の冒険とは違った方向性を目指し、人を育ててファンタジー世界を旅させるという、ジャンルで言えば育成ゲーム。

 プレイヤーの持つ”ホーム”という場所で人を育成していき、育てたキャラクター達は卒業させて、ファンタジーの世界へと羽ばたかせて活躍させる。プレイヤーは基本方針は、キャラクターの育成だけしてファンタジー世界の冒険はしない。キャラクターを育てて、キャラクターを旅立たせて、キャラクターを活躍させる。

 そして、育成したキャラクターの世界での活躍度合いによって、システムから様々な報酬を貰って、その貰った報酬を次の育成する人材に充てて更に強い人材を育てていく、と言うもの。

 ”多人数オンライン”と名が付いているが、基本的にはプレイヤー同士は直接顔を合わせたりしない。フレンド通信等で連絡を取り合ったり、プレイヤー達が育てたキャラクターが、外の世界で交流したりして間接的に関係を持ったりするだけ。基本的には一人プレイだ。

 ユートピアが登場するまで、VRMMOというものはファンタジー世界を疑似体験して他人と交流しつつロールプレイングしながら冒険するものというイメージが強くて、その系統のゲームが多く開発されていった。そんな中で、登場したユートピアはVRMMOの技術を用いつつ、ファンタジー世界を旅しないという少し変わったテイストで新しい育成ゲームとして注目を浴びた。

 育て方で、無限とも思えるようなキャラクターを作り出すことが出来て、プレイヤーの育てたキャラクター同士の関係で、仮想の世界が変化していく。過去には、あるプレイヤーの育てた魔王と、あるプレイヤーが育てた勇者がぶつかり合うという事も有った。そんな風に自由度の高いゲームなので人気も出た。

 そんな世界にいつの間にか俺は居た。
 いつの間にゲームにログインしたのだろうか、とりあえず時間もわからないしログアウトして状況確認しよう、と思ってシステムウィンドウを開いてログアウトをボタンを探したが見つからなかった。

 少し焦りながら緊急事態だと判断し、ゲームマスターと連絡を取ろうとメッセージを送って見たけれど、返信は何時まで待っても無かった。仕方なく、他にログインしているプレイヤーは居ないか、フレンド登録してあったプレイヤー、24名の名前が載っている一覧を見てみるが、全員がログアウトしている状態を示していた。何時の時間にログインしても、少なくとも2,3人はログインしている状態が通常だったのに、今日はゼロ人。今までに無い状況。

 何らかの方法でログアウトして、状況を確認しなければ。情報ウィンドウを探りまわってみたが、ログアウトの方法は見つけることが出来ず、更には別の最悪な情報を手に入れてしまった。

”育成中のキャラクターが全員消えてる!?”

 その後は情報ウィンドウからホームの状況を一から全部確認し直して、確認。
 すると、育て上げて旅に出したキャラクターも、キャラクターを活躍させた実績も全て消え失せていることを見つけてしまった。
 ”うあぁ、最悪”と思いつつ、調べ続ける。ログアウトできないのはゲームのバグによるデータ破損のせいなのか、それとも現在の状況の原因はログインの失敗によるものか。何時ログインしたのかも思い出せないので、現在置かれている状況の原因は考えつかない。

 衝撃的な情報を見つけた俺は、その後いくら考えてもログアウトの方法を考えてみたが思いつかなかった。
 そして、今更ながらに気づいた。

 VRMMOという仮想世界で感じたことのない、壁のリアルな感触に僅かな風を感じれること。普段なら僅かな遅延がある身体、しかし今は思い通りに動いていた。そして、匂いを感じることが出来る事。余りにも現実的な状況。

 仕方なく、ゲームを進めて時間が経つのを待つことにした。もしかしたら、何か不都合があってゲームマスターの連絡が遅れているだけかもしれない。もしかしたら、何か不都合があって、ログアウトボタンが押せないだけかもしれない。何か不都合があって……。

 何故こうなったのかを考えていても仕方ないだろうと考えつき、ログアウトする方法も思いつかず、やれることはゲームをプレイすることだけだった。

 異常な事態でゲームをプレイする、それは無意識のうちに今の状況の事を考えないようするための現実逃避だった。

 情報ウィンドウから、ホームの現状況を確認する。幸いにも、今までに集めてきた施設の家具や内装、今まで集めた所有アイテム、課金アイテムなどは無事に倉庫に残って居ることが確認できた。一通り、自分の所有するホームを歩きまわって確認。多分、東京にあるドーム数個分の広さを誇る大きさの敷地。見まわるだけで1日が経過した。ゲームとしてプレイしていた時と同じように、ホームとして設定された建物から外へ出れない。ホームから出ようとすると、見えない壁に阻まれて外へ出ることは出来なかった。見えない壁に穴か、抜けられる道などが無いか外周を回って見たが、やはり出れなかった。
 外周を見まわっているうちに、見えない壁の外も一緒に観察してみたが人は見当たらない。ホームの片側には大きな山が、そしてもう片方は大きな木がたくさん茂っている薄暗い森になっていた。

 ホームの内部観察を終えた俺は、次にホームに所属させて訓練するキャラクターを選ぶことにした。情報ウィンドウを開いて、現在所属させることが出来る状態にある人材リストを表示させる。
 表示された18人の名前から3人だけを選ぶ。プロフィールに書かれた19歳の男子1人に18歳の女子1人。そして、まだ12歳の非常に若い女の子1人。今までのゲーム経験を活かして選んだ3人。男子1人に女子1人の合わせて2人は、速攻で育て上げて直ぐに旅に出せる見込みのある人材で、活躍も一定だけ期待できる早熟型。この2人はなるべく早く育て上げる計画を立てる。
 そして残りの女の子は、じっくり育ててジワジワと成長させていって、非常に強力なキャラクターとして育つであろうと予測されっる大器晩成型を選んだ。

 キャラクターがホームに所属するかどうかの成否が分かるのは半日後。もしかしたら、所属の誘いを断られる可能性もあるので油断はできないが、その間に施設の内部構造や置いてある道具、消耗アイテムなどについて再調査と整理。終われば、その後で3人の訓練スケジュールを組み立てる。ある程度だけ計画を決めると、俺は休むことにした。

 
 アラームが鳴る音で俺は目を覚ました。どうやら、誰かホームへとやって来たようなので、ホームの玄関となっている大きな門の方へと向かう。

 大きな門の前で、敷地に入らずに人が立っていた。
「どうしたんですか?」
 俺が声をかけると、3人組はビクンと身体を反応させて、俺の方へと向いた。

「あの、えっと、ココって”訓練”を受けられる場所で間違いないですか?」
 ボロボロに破けて汚れた布だけを身に纏った3人組。10代後半と思われる男子が立って、その後ろに10代程の女子。更に女子の後ろに10歳ぐらいの女の子。
 先頭に立つ男子が俺に向かって探るような目をしながら、聞いてきた。昨日選んだ3人だろうと思いつつ、彼らの事情を聞く。

「あぁ、そうだが。君たちは?」
「この場所に行くように、そして教えを請うようにと神から啓示を受けました」

 その言葉を聞いてゲームと同じような設定なのだろうと思いつつ、俺は彼ら3人組をホームへと迎え入れた。


***


 今まで育ててきたキャラクター達は何故か消えてしまって居ないけれど、育ててきたという経験は俺の中に残っていた。その経験を活かして、新たに迎えた3人を教育していくと、メキメキと成長していって3ヶ月後には旅立たせる為に目指す目標に到達していた。

 俺は早速、育てていた内の2人には直ぐに旅立ってもらって、ゲームの時と同じように、育てたキャラクターが世界で活躍すると貰える報酬が俺の現在の状況でも貰えるのかどうかを確認ですること、そして外の状況がゲームと同じような世界観なのか違った部分は無いのかを報告してもらおうと思った。

「先生、今までお世話になりました。この御恩は一生忘れません」
 俺に頭を下げてお礼を言ってくる少年は、冒険者として育てたライエルだ。武器は剣を持たせて、スピード型として避けて当てるキャラクターに育てた。3ヶ月という短い期間で有ったけれど、かなり納得のいく仕上がりだった。彼には、直ぐに冒険者として活躍してもらって、キャラクター活躍報酬について貰えるのか、どれぐらい貰えるのかを確認する。

「私も、ありがとうございました。先生に言われた通り、外の世界については私が調べて報告します」
 ライエルと並んで頭を下げているのはルーシーだ。魔法使いとして育て上げた彼女は、攻撃型の魔法を主に使い、彼女の方も俊敏性を上げて避けて当てる戦術を教え込んだ。そのために、ある程度の強敵ならば死ぬことなく生き残れるだろう。彼女には、外の世界の調査報告をしてもらうようにお願いしてある。彼女の情報で、俺の今後の方針も決まってくるかも知れない。

「二人共、3ヶ月間ありがとう。君たちは今日ココを卒業してもらうけれど、何時でも帰ってきても良い。もし大変な事が有ったら何時でも相談に来ると良い。もちろん、何も用事が無くても来てくれて一向に構わないよ」
「「ハイ!」」
 2人は気持ちの良い返事をしてくれた。そして、クルリと背を向けて森の方へと足を踏み出し歩いて行った。どうやら、向こうの方に街があるらしく一旦の目的地をそこに定めて歩き出したようだ。

「さて、レア。俺達も訓練をしようか」
「ハイ、先生」
 1人だけ残した女性の名はレア。彼女の才能は凄まじく、先に旅立ってもらってライエルとルーシーに比べて何倍も限界が高かったので、当初の考えの通りジックリ育てるために残って訓練を続けることに。彼女には、今後の育成キャラクターの世界での活躍による報酬稼ぎ頭として頑張ってもらうようにと計画している。


***

 

 ゲームでプレイしてた時に比べて、非常に没入していた。というのも、ゲームの時には感じなかった彼ら、彼女たちの現実感。とても、ゲームとしてプレイしていた様な適当さでは接することが出来なかった。本当に生きていると感じれたので、育成の方針も頭を悩ませて考えぬいた。
 結果、ゲームなのか現実なのか、ログアウトはどうやるのか疑問については頭の片隅に片付けられて気がついたら時間が経っていた。
 そして、その真剣さが結果に直結してゲームプレイしていた時には考えられないようなステータスを持つ者達を生み出すことが出来た。

 その後も、繰り返し人材をスカウトして、人材を教育して、育てたキャラクターを旅立たせた。順調に育成キャラクターによる世界活動することで得られる報酬を取り続けることが出来た。

 しかし、俺は知らなかった。育てたキャラクターが、世界で偉人と呼ばれるような有名人として活躍をしている事を。そして、世界中から”訓練所”として注目されていることを。

 

スポンサーリンク

 

index