派遣受付嬢による冒険者ギルド立て直し

 冒険者ギルドの受付嬢であるマリベルは、派遣の仕事を受けて今日は北の大地にある街のマラアイという所にやって来ていた。

「ふぅ、やっと着いた」

 街へ到着するまでに約二日間。乗合馬車に揺られてようやく到着した場所で、彼女は疲れたため息をついた。

 派遣先となった冒険者ギルドに訪れるための移動だけで疲れたが、この後には冒険者ギルドの受付視察と業務改善をしないといけないので、もっと大変になるかも知れない仕事が待ち受けている。

 ただ、この派遣受付嬢の仕事は女性で働いて得られる給料としては最上級と言われているぐらいに貰える額が多いので、辛さにも耐えて仕事が出来てしまう。

「よし、頑張りましょう」

 自分を鼓舞する言葉を吐いて、マリベルは街の中にある冒険者ギルドへと向かう。今日中に、とりあえずはギルドの受付の状況を一通り把握しておきたいと考えていたから。

 しかし、彼女の思惑は大きくハズレる。

「な、な、な、な、なんなの、この建物は!?」

 冒険者ギルドの建物を見つけて中に入ってみれば、マリベルは絶句してしまった。あまりにも、建物内が不清潔すぎたからだ。

 床は何ヶ月もモップがけをしていないような、床の木目が見えない程に泥で汚れてドロドロ。

 そして、棚やテーブルの上には溜まりまくったホコリがコンモリと積もって、しかも空気中に舞っているようにも見える。

 極めつけは蜘蛛の巣が張っているのを放置しているなんて、マリベルには理解できない状況だった。

 コレが天下の冒険者ギルドの建物か!? とマリベルには信じられない気持ちで一杯になっていた。

「何か用かい? お嬢ちゃん」

 男性の声が聞こえていたが、自分が呼ばれている事に暫く気付かずに立ち尽くしていたマリベル。ハッと気を取り戻して呼ぶ声の聞こえた方へと視線を向ければ、男性が冒険者ギルドの受付の席に座っていた。

 マリベルは再び信じられない光景を目にして、目眩がした。もしかして、私は別の建物に入ってきたのかと自分を疑った。

 でも、表には間違いなく冒険者ギルドを示す看板が掲げられていたのを目にしている。はずだ、たぶん、きっと……。

「冒険者への依頼なら、ここで話を聞くが?」
 ようやく視線を向けてきて話ができる体勢になったと思った男が、マリベルに問いかける。

「あのッ! 受付嬢は?」
「受付なら俺がしているが」

 いや、それはオカシイでしょ! あんた、男じゃないですか! マリベルは心の中で叫んだ。

 冒険者ギルドの受付嬢は、原則として女性が務めるべしと決まってある。その理由は、冒険者ギルドを訪れてくれた依頼人に対して、心理的圧迫を和らげるために話しかけやすいようにと女性を配置しているのが1つ。

 それから数少ない女性の為の働き口として確保する為、というのがもう一つの理由。勝手に受付に男性を置いてはならない。冒険者ギルド全部に適用されるべきルールだ。それなのに、ココではごく普通に何食わぬ顔で男が座っていた。

 あ、いや、もしかしたら今は何か事情があって代わっているだけかも知れない。マリベルは一縷の望みをかけて、その男性に尋ねた。

「あのー、女性の受付嬢は?」
「はぁ……? 女性の受付は、数ヶ月前に辞めたが」

 マリベルの問いかけに対して、ナニ言ってんだコイツ? と男は呆れた顔で返答していた。

 いやいやいや、その顔をして良いのは私の方だろッ! そっち側がして良い顔では決して無いはず。マリベルは頭が混乱しそうになったが、冷静に、心を落ち着かせて状況を聞き出そうと努力した。

「新しい受付嬢は雇わないのですか? もちろん、男性の貴方ではなく女性の受付嬢を」
「求人は出したんだが、新しい人が来なくてな」

 男の返答を疑問に思うマリベル。女性の働ける職場なんて娼婦ぐらいで本来少なくて、どの街でも受付嬢の仕事は人気の筈だから。求人を出せば、少なくとも1人は来て当たり前のはず。

 それなのに、新しい人が来ていない?

「何故です?」
「いやー、前の受付嬢が冒険者から嫌がらせを受けたって言って辞めて行ったんだが、その噂を街で広めやがってねぇ、やりたがる人が居なくなったんだ」

 マリベルは今日何度目かの目眩に襲われた。いや、これは困惑の目眩ではなく怒りによる目眩だ。彼女は怒りに震えた。

「ギルドマスターは、そんな状態になって何をやってたんですか!? 無能ですかッ!?」

 本来なら受付嬢を守らないといけないのは、ギルドの責任ある立場に居るギルドマスターだ。それなのに受付嬢が嫌がらせを受けて、辞めて出ていくままにするなんて。

 しかも、受付に男性を置いたまま何ヶ月も経っているらしい。

 しかもしかも! 派遣されてきた私が状況を知らないということは、ギルドマスターは今の状態について本部に報告すらしていない。

「誰が無能か!」
「貴方、ギルドマスターなの!?」

 マリベルの言葉に反応して激昂する、ギルドマスターであった男。その反応を見て、マリベルは彼がギルドマスターであったことを知る。まさか、ギルドマスターが受付をしているなんて思わず、世も末だと驚いたマリベル。

「何でギルドマスターが受付をしているんですかッ! そもそも、受付嬢が辞めていったという問題が起こった時点で然るべきところに報告するべきでしょう! するべきことをしないで、しないでいいことをやっていて、無能という言葉がバッチリお似合いでしょうよ!」
「う、うぐっ」

 マリベルは、真っ直ぐストレートに言葉を叩きつけるようにしてギルドマスターを批判した。そして、マリベルに何も言い返せないギルドマスターは唸るだけ。

「とりあえず、貴方は受付嬢が辞めてしまったという出来事の状況を報告書にしてまとめて本部に報告して下さい。被害者は誰で、加害者は誰か。どんな嫌がらせをされて、貴方が何を放置したのか。一切合切、嘘偽り無く、全て本当のことをしっかりまとめて下さいね」
「う、うむ」

 何の抵抗もできずに、受け入れるしか無いギルドマスターは返事をするのがやっとだった。

 そして、マリベルの態度にビビりながらも気になっていたことについて、気力を振り絞って尋ねるギルドマスター。

「と、ところで……、お前さんは誰なんだ」
「挨拶がまだでした。私は、派遣受付嬢のマリベルです。とりあえず、今日は私が代わりにに受付嬢を務めます。貴方はすぐに報告書の作成に取り掛かって」

 初日から災難だと、ため息をついたマリベルは箒を手に取って、建物の掃除から始めるのだった。


***


 本来のマリベルの仕事は、その土地の冒険者ギルドで受付嬢をしている人を視察して、必要なら指導を行い業務改善を実施することだ。それなのに、このギルドには視察するべき相手も指導を行う相手も居ない。

 しかも何故かマリベルは受付の仕事をする前に、冒険者ギルドのある建物の掃除を行っている。誰も掃除する人が居ないから、彼女がやるしか無い。マリベルには、建物内が汚すぎて放置が出来なかった。

「ふぅ、こんなもんかな」

 蜘蛛の巣を落として、ホコリを上から下へと払い、モップを掛ける。それだけでだいぶ見てくれはマシになった。少しだけ、掃除をすることでマリベルの気分は晴れた。

 だがしかし、次の瞬間には再びマリベルの気分は落ち込む。

「お! なんだ、建物の中がキレイになってるじゃん」

 チャラチャラとした軽薄そうな男の声。言葉遣いも悪いし、頭も悪そうだとマリベルは思ったが、得意の営業スマイルを浮かべて対応をする。

「冒険者の方ですね、依頼の確認ですか?」
「うぉ、美人な女も居るし」

 ジロジロと無遠慮に胸を見てくる男の顔面に向けて手が出そうになったが、我慢我慢とマリベルは辛抱強く唱える。

「なんか稼ぎの良い依頼、ある?」
「それでは冒険者ランクに見合ったモノを探しますので、冒険者証をお見せ下さい」

 欲深く曖昧な条件を出してくる冒険者、ここまで酷い人は久しぶりに見た。この街では彼のような人が多いのかも、とマリベルは思ってうんざりしたが内心は見せずに忠実に職務に励む。

 ランクを確認して、今ある依頼の中から適当なものを探して、さっさと終わらせる。そう思ったのだが。

「えー? 冒険者証? 持ってきてないなぁ」
「なんですって? 冒険者証を不携帯ですか?」
「いつも持ってきてねぇよ。何で今日は必要なんだよ」

 あのギルドマスター、証明証を見ずに冒険者に依頼を割り振っていたのか。マリベルは常識から大きく外れた事が行われている、この街の冒険者ギルドを受け入れがたい気持ちになる。

「冒険者証が無いと、依頼を割り振ることが出来ません。冒険者証を持ってきて下さい」
「えー? 何処に有るかわっかんねぇな」

「再発行しますか?」
「それ金掛かんだろ? いいや」

「それなら、冒険者証を持ってきて下さい」
「今度持ってくるから、教えてよ。いいじゃんさ」

 冒険者が馴れ馴れしく伸ばしてきた手が、マリベルの身体に触れようとした寸前。彼女の怒りが爆発した。ようやく抑圧していた我慢を解放できると、嬉しさすらあった。

 伸びてきた手をマリベルは掴み、グイッと引っ張って冒険者の体勢を崩す。そのまま受付テーブルの上に崩れた姿勢となった彼の背中に回り込んで、腕を極める。

「い、いてぇ、っっ放せ!」

 マリベルの手によってテーブルの上に押し付けられたポーズで動けなくなった冒険者。逃げようとすると、極められた腕が折れそうな痛みを感じて動けない。

「貴方は冒険者の資格を没収となります」
「な、何故だ!?」

「冒険者ギルドの受付嬢にセクハラを行おうとしました」
「そんな程度でかよ! つうか、いいかげん放せよッ!」

 マリベルの決定に従わない冒険者の彼は、抵抗を続けるが逃げ出すことが出来ない。当然、放せと言われても聞き入れないマリベル。

「資格の没収は決定です。名を名乗りなさい」
「はぁ!? テメェにそんな事を決める権限があるのかよ!」
「もちろんありますよ」

 冒険者ギルドの中で権限の高い順に並べると、一番の責任者であるギルドマスターの次に権限が高いのは受付嬢、という並び順になる事が多い。場合によってはギルドマスターと同等という所もある。

 そして今現在この冒険者ギルドの中では、地方に在る冒険者ギルドの責任者であるギルドマスターよりも高い権限を有している派遣受付嬢のマリベル。彼女よりも高い権限を有しているのは、本部のギルドマスターや幹部職員たちの他には居ない。

「早く名を名乗りなさい」
「だ、誰が言うかよ」

 マリベルの本気に、黙秘で応える冒険者。言う気はない彼の様子に、別の者に聞くことにする。

「ギルドマスターッ!」
「は、はいっ」

 実は隠れて様子をうかがい、マリベルと冒険者のやり取りを見ていたギルドマスターは、彼女の声に呼ばれてようやく表に出てきた。

「彼の名は?」
「彼は冒険者ランクCの、ニコルです!」

 マリベルに詰問されたギルドマスターは、新米の兵士のような口調でハキハキと質問に答える。

「彼は本ギルドから除名処分に決定しました。処理しておいて下さい」
「了解しました」

「ぐうっ、ま、待てよ!」
 この瞬間、冒険者のニコルという肩書であった彼は、ただのニコルとなった。納得の行かない彼だったが、抵抗を続けてもマリベルの拘束からは逃れられない。

 実は、かつて冒険者をしていた経験から得た腕っぷしの強さがあるマリベル。それに派遣受付嬢として各地を旅する為にも鍛え続けていたので、そこら辺の冒険者には負けない実力が有った。

「ほら、冒険者でなくなった貴方には関係のない場所となりました。早々に出ていきなさい」
「くっ、覚えてやがれ」

 ようやく拘束を解かれて、出ていくように言われたニコル。既に反撃しようとする気力が失せていて、悪党にふさわしい捨て台詞を吐いて建物から出ていくしか無かった。

 そんなニコルを見送り、ため息をついたマリベル。初日から、自分の関係ない業務をやらせれてヘトヘトだった。


***


 その後、マリベルの手によってマラアイの街にある冒険者ギルドは数々の問題を解決して、正常な状態へと戻っていった。

 様々な問題を見て見ぬふりをしていたギルドマスターは、ペナルティとして1年分の報酬を返上させられて、ギルドマスターとして再教育を受けるために本部へと戻された。

 代わりにやって来たギルドマスターは働き者として、マリベルと協力して冒険者ギルドの立て直しを図った。

 受付嬢に嫌がらせをしていたのは、マリベルが冒険者から除名処分にしたニコルその人であった。そして、嫌がらせされていたという問題が解決された結果、冒険者ギルドに元いたという受付嬢が戻ってきてくれた。

 ようやくマリベルは、本来の派遣受付嬢としての仕事である受付嬢視察と業務改善が出来ると喜んだ。

 そして、嫌がらせを受けていた受付嬢に今度は問題を自分でも回避できるように、冒険者ギルドで決めれれたルールを教えたり、護衛術を教えたりして職務を果たした。

「ふぅ、今度はどの街に向かうのかしら」
 トラブルが色々とあったが、何とかマラアイの街での派遣受付嬢の仕事を終えたマリベルは本部から送られてきた高い報酬を受け取る。そして新たな指示に従って、次の街を目指し旅立つのだった。