絶望に至る病

 かつては王子という身分であったディートリヒは現在、治療が必要なほどの精神病を患っているという医師からの診断が出されていた。その結果、今は療養のためにと王国の地方にある王領地へやって来ていた。

 そこは自然豊かと言えば聞こえが良いが、都市の開発が進んでいない時代から取り残された忘れ去られたような地域でもあった。

 そしてディートリヒ王子は病気を理由に継承権を取り上げられ、精神病を患った王族としての記録に蓋をする為に、そんな忘れ去られてた土地へと連れて来られたのだった。

「私は、病気なんかじゃない。早く王都へ帰らせてくれ」
「ディートリヒ様、ひとまず落ち着いて下さい。さぁ、この薬を飲んで今夜はぐっすりと眠れますよ」

 一辺倒に病気じゃない事を主張するディートリヒだったが、その場で看護を続けている彼ら彼女たちの中でディートリヒの言葉に聞く耳を持つ者は居なかった。

 ただ、ひたすらにディートリヒが療養することを願って毎日彼のために生活する補助をして、時間が来たら治療のために薬を飲ませる事だけが自分達の仕事だと思って働くだけだった。

 毎日決まった時間に起こされ、決まった量だけ食事が出され、決まった薬の服用を指示される。

 どれも強制的と言えるぐらいに決まって行動させられていて、拒否は許されない。

 ある時ディートリヒが薬を飲むのを拒もうとしたら、力づくで押さえつけられて無理矢理に飲まされた事があった程だ。予定を崩そうとしても許されず、毎日決まった予定に沿って、代わり映えのない生活を進行させられている毎日だった。

 外出するのにもディートリヒが逃げ出すのを防止するために監視がついて、部屋の中でも誰かが必ず側に立っていた。何もさせてもらえず、時が流れるのをボーッと過ごすだけで、後は四六時中監視されているような生活。

 しかも、彼らはディートリヒの話を一切聞こうとはせずに、予定に従って働くだけだった。

 本当に頭がどうにかなりそうな、そんな生活を送っていたディートリヒ。

 けれどもディートリヒのもとには時々訪れてくれる、かつての婚約者であったオリヴィアという女性がいた。

「ディートリヒ様、お身体の具合いはいかがでしょうか」
「ふん、また来たのかオリヴィア」

 一週間に一度程度の割合で、ディートリヒの看病に来てくれていた彼女。しかし、婚約破棄という事件が今の状況を引き起こした原因だと考えているディートリヒは、自分の過ちを顧みずに彼女に対して強く当たることで精神を安定させていた。

 ディートリヒに暴言を吐かれても、悲しい表情を浮かべるだけで何も言い返さないオリヴィア。ただひたすら、精神の病が治ると信じて声をかけるだけ。

「ディートリヒ様、貴方の病気は必ず良くなります。だから今は、医師の指示をしっかりと聞いて安静に生活を続けて下さい」
「ふん」

 今、ディートリヒを一番に心配しているのがオリヴィアだろう。そして、優しく声を掛けてくれるのも彼女だけ。

 他の人間は、ディートリヒという王子の存在を忘れ去ってしまっている。オリヴィアだけが、ディートリヒという人間を認識しているのだった。

 それなのに、意地を張ってディートリヒは変わらず暴言を吐き続けた。病気なんかじゃないのに貴様の心配なんか必要ない、自分なんか放っておけと。

「どうぞお大事になさって下さい」

 そう言って、オリヴィアは最後まで心配する表情を浮かべて、ディートリヒのもとから去っていくのが毎回見られる光景だった。


***


 そんなある日、ディートリヒとオリヴィアの別れは突然やって来た。

 いつものようにディートリヒの病気見舞いへとやって来ていたオリヴィアが、前触れもなく告げた一言に彼は衝撃を受けた。

「私、新しい婚約者が決まりました」
「なんだと?」

 王族であったディートリヒから婚約破棄を言い渡された後、修道院に送られる人生を覚悟していたオリヴィアの元に新しい婚約の申し込みがあった。

 その婚約話は家の発展を目的にした政略結婚ではあったが、婚約相手はオリヴィアと年の近い青年貴族だった。知り合いではない人物、どんな性格なのかも未知である相手であった。

 だがしかし、その話を逃したらもう二度と自分の元には婚約の話が舞い込んでくることはないだろう。それに貴族として家を発展させる事こそが令嬢の役目と信じていたオリヴィアは、婚約の話を受けることにした。

 そして新しい婚約相手が決まったオリヴィアは、元婚約者であるディートリヒを見舞い通う日々は送れなくなったと説明した。

「申し訳ありません、ディートリヒ様」
「ふん、二度と貴様の顔を見ずに済むというのならば、清々する!」
「……失礼します」

 ディートリヒを見つめて悲しそうな表情で最後の一言を口にしたオリヴィアは、もう二度と後ろは振り返らず、彼のもとから去っていった。

 だからオリヴィアは、手を伸ばして引き留めようとするディートリヒの未練の行動を見ずに済んだのだった。


***


 その後、ディートリヒを心配して訪れるような見舞客は二度と来ることは無かった。以後、オリヴィアとの最後の別れを後悔する毎日を、死ぬその時まで彼は1人でその人生を送るのだった。