婚約破棄に至る病

「オリヴィア、貴様との婚約を今ここで破棄させてもらう!」

 今年で学業を終える学生たちが、卒業する記念のパーティを行っている最中の事だった。先の発言をしたのはディートリヒ王子。そして、言葉を向けられたのはオリヴィアという王子の婚約者だった。

 パーティが始まってしばらく経った後の、参加者達が各々で歓談している最中の出来事。

 後に国でトップに立つかもしれない人物でもある王位継承者であったディートリヒ王子の動向は、パーティでも皆の注目の的であった。だから、そんな彼の放った言葉は参加者達、皆の耳にも当然のように聞こえている。

 そのため、卒業パーティーの時間は一時ストップ。会場がシーンと静まり返った。ディートリヒ王子は、皆の注目が集まっていることを知りながら笑みを浮かべる。

「まさか、そんな……!?」

 婚約破棄を告げられたオリヴィアは、傍から見ても分かるくらいに動揺してディートリヒ王子の事を視線を外さず凝視していた。

「ふん、貴様との関係は今日ここで終わりだ。私は、今日から彼女と人生を共にする」
「オリヴィア様、申し訳ありません」

 狼狽えるオリヴィアを見て、計画通りに彼女を痛めつけたと勝ち誇る王子。そして、側に寄り添う女性は謝る言葉を口にするけれど、その表情はオリヴィアに対しての優越感がにじみ出ていた。

 そんな王子と新しい婚約者を名乗る女性から、醜悪な表情を向けられたオリヴィア。けれども、彼らの態度には一切傷ついてはいなかった。むしろ、驚きながらも同情の感情を彼らに向けている。

「だ、だれか。お医者様を呼んできて」

 そして、オリヴィアは婚約破棄を告げられた事を嘆くのではなく、今すぐにこの場に医者を呼んでくるようにと周りにいる誰かにお願いした。

「なに? オリヴィア、貴様何を言っている。ソレよりも、まず貴様の今まで行ってきた罪を清算する」

 何故、今この場所に医者を呼んだのかと不審に思う王子だった。しかし、彼女の行動を特には気にせず、さっさと話を先に進めようと王子は語りだした。

「お前は今まで、ここに居るアリス嬢に嫉妬し、イジメを行ってきた。その罪を謝罪しろ」
「いいえ、ディートリヒ様。そんな事実はありません」

 そう告げられた話を、完全に否定するオリヴィア。しかし、彼女の表情に申し訳無さの感情を読み取った王子は、オリヴィアが嘘を付いているのだと決めつけた。

「今までのアリス嬢に対する悪質な行いを、言い逃れをする気か!」
「オリヴィア様、王子の言葉を否定なさるのですか!?」

 オリヴィアに言いつける王子と、アリスという名の女性。しかし、オリヴィアは怯まない。

「言い逃れする気なんてありません、ディートリヒ様。私は、そこに居るアリスという女性を知りませんし会うのも初めてです。何故、知りもしない方に嫉妬の感情を向けるというのでしょう?」

 オリヴィアの知らないという言葉は、嘘偽り無く本当の事だった。卒業パーティーに出席している事から推測するに、自分と同じ学園に所属する学生らしいけれど姿に見覚えはなく、名前も聞き覚えはない女生徒。それ以外には何処の誰なのか、知りはしないオリヴィア。

「ふん、それも言い逃れをするために名を知らなかったと嘘を言っているだけだろう。それに、名なんて知らなくても嫉妬心を向けることはあるだろう」
「そうよ、オリヴィア様。貴方は、王子に強く心を惹かれていたのでしょう? そして、彼の心が私に向いたから嫉妬したのよ」

 何が何でも自分を悪者にしたいらしい王子と、自信満々に言い切るアリス嬢の言葉に絶句するオリヴィア。

「……」

 そして彼女は何を語っても無駄だと悟り、黙って彼らに視線を向けているだけだった。そんなオリヴィアに向けて、今まで行ってきたらしいという悪事をツラツラと語っていく王子。

 持ち物を隠した、呼びかけを無視した、階段から突き落とした等など。もちろん、オリヴィアには全て身に覚えがないことだったが何も言い返さない。

 そんな事をしている内にパーティー参加者の誰かの呼び出してやって来た医者が、呼び出しをお願いしたオリヴィアの元に駆けつける。

「お医者様、ディートリヒ王子が……」
「なんと!?」

 やって来た医者にオリヴィアが事情を説明する。突然にこんな場所で、婚約破棄を告げられたという事情を。そして、彼女から話を聞いた医者は驚いて王子を凝視する。

「おい、今は私とオリヴィアで話し合っている最中だ。関係無い者は退いてもらおう」
「そうよ、おじさんはあっちに行ってて」

 やって来た医者に向かって、立ち去るように王子が命令する。それに乗じるようにアリスも追い払うようにシッシッという手の動作を医者に向ける。しかし、医者は聞き入れない。

「恐れ多くも王子よ、事態は非常に深刻なのです。落ち着いて、私の質問に答えてください」

 それどころか逆に真剣な眼差しで何事か起きているのだと、それ調べる為に質問に答えるようにと王子は告げられた。そして、アリスは完全に無視されている。

「まずは、貴方の名前をお聞かせ下さい」
「何をバカなことを聞いている?」
「大事なことです、お答え下さい!」

 分かりきったことを何故聞くのかと、王子は不快な気持ちになって拒否しようとしたが、医者は語気を強めて詰問する。

「うっ! ……私の名は、ディートリヒだ」

 いきなり始まった医者の問診に、王子は戸惑いつつ言葉を返す。医者が向ける必死の形相に、答えないという判断は出来なかったから。

 それから、医者は王子の生まれた年月、王や王妃などの彼の家族について、今何か悩んでいる事があるか? と王子のプライベートな事まで事細かに、次々と確認していった。

 医者から聞かれた通り、仕方なく答えていく王子。質問は何十問も続けられて、王子自身に関する事を入念に確認されていった。

 そして、最後には今ココで問題となっていた出来事について。オリヴィアに婚約破棄を迫った先程の事について、質問しながら確認を進める医者。

「王子よ、オリヴィア様との婚約をなぜ破棄なされたのですか?」
「ふん。彼女は、ここにいるアリス嬢をイジメていた。そんな者が王妃に相応しくないことは明白」

 分かりきったことだと、吐き捨てるように言うディートリヒ。

「なるほど、それで王子はそこの彼女が代わりの次期王妃になると言うのですか?」
「もちろん、そうだ」

 その王子の言葉を聞いて、オリヴィアは絶望的だという表情を浮かべる。問診を続けていた医者も、苦々しい表情を浮かべた。その2人の表情を見て、我慢できなくなった王子は逆に問いかける。

「何だというのだ、さっきから一体!」
「恐れながら申し上げますが王子よ、貴方は病気です」

 一瞬医者から何を言われたのか理解できなかった王子は、しばらく呆けた顔をして、ようやく理解した頃にすぐさま否定する。

「馬鹿な、私は健康だ。病気なわけがない」
「身体は健康でしょう。ですが、心がオカシクなっているのです」

 こんな場面で婚約者であったオリヴィアに対して、わざわざ恥をかかせるような演出をしてから婚約破棄を告げたこと。しかも、国で決めた大事な婚約関係を王子が勝手に自己判断で破棄を告げた。それだけで、判断能力が欠如している事は明白だった。

 そして何よりも、今回の出来事と同じような事が過去の歴史でも起こっていたということ。そして、事を起こした者たちは皆が精神病を患っていたという記録がある。

「申し上げにくいことですが、王族たちには精神を病む者も多いと記録が残っています。残念なことにディートリヒ様も、今回の出来事で明確になってしまいました。彼を病室に連れて行こう」

 医者はいつの間にか近くにやって来ていた彼の助手に指示を出して、王子を病室に連れて行き治療を始めようとする。

「離せ! 私は病気なんかじゃない!」
「そうよ、ディートリヒ様を離してあげて!」

 医者と助手が王子をパーティー会場から連れ出そうと捕まえるが、病気なんかじゃないと暴れて反抗する。そして、暴れる王子を離すように縋り付いてお願いをしてくるアリス。

「彼女も、問題がありそうだ。一緒に連れて行こう。女性の手伝いを呼んできてくれ」
「離して、何で私も!」

 ディートリヒと一緒にアリスも連れ出されることになり、女性の手伝いがやって来てアリスを捕まえる。

 実は、過去の事例であるように婚約破棄という言葉を放った時に王子の側に寄り添う女性が精神病を発症する事になってしまった大きな原因である、という可能性についての考察記録が残っていた。そして、それらの女性も王族と同じように可笑しな精神病を患っていたという記録。それを調べるために、アリスも病室に連れて行かれる。

「貴方は病気なのよ、でも落ち着いて必ず良くなるわ」
「な、何を言っているオリヴィア? 病気? そんな筈はない!」

 暴れていたディートリヒは優しく気遣うオリヴィアにそう指摘されて、強く否定したものの不安に感じて焦っていた。

 王子は病気である筈が無いと口では否定しているものの、一つ一つ指摘された事を思い返して考えてみれば確かにオカシイ。いや、そんな筈はない。自分は正しいはずで、オリヴィアがアリスをイジメていたのが悪い。しかし、その証拠は。

 ディートリヒは自分の心の中で行った否定と肯定の繰り返しに、本当に頭がおかしくなりそうだった。そして、逃げ出す気力も徐々に無くなっていくと、医者に連れられてパーティー会場から連れ出されていった。

 連れて行かれるディートリヒの背中を見送りながら、オリヴィアは王子が起こした精神の変異や精神病発症に気付けなかった自分を責めて、涙を流した。そして彼女は心の底から、王子の快復を願っていた。