あべこべな彼女

「放課後ちょっと付き合って」
幼馴染である彼女は昼休みの時間、
教室の後ろの窓際にある僕の席へと来て、
いきなりそう言った。
混乱している僕は、その時は気付かなかったが、
教室にいた生徒のみんなが僕と彼女のやり取りを唖然としながら見ていた。

「へ?あ、え?あぁ、分かった、いいよ?」
突然の訪問と言葉に混乱しながら、
僕はそんな返事をするしかできなかった。

そんな僕のへんてこな返事で満足したのか、くるりと体を回すと
クラスを後にした。彼女は隣のクラスの生徒であるから、教室に戻ったのだろう。

友達の結城が近くへと駆け寄ってきて、聞く。
「なぁ、佐伯さん。お前に何の用だって?」
結城が聞くが、僕にはまったく見当もつかなかった。
「さぁ?」
「さぁって、お前。佐伯さんの人気知ってるだろ?教室のみんなの注目の的だったぞ」
僕の幼馴染の佐伯京子は、学園のアイドルといってよい、素晴らしい容姿を持っていた。
それなのに、誰とでも気軽に仲良くし、幼馴染の僕ともよい感じの関係を保ってくれていた。
だから、みんなにも特別人気があり、男子からの少々の嫉妬の感情を受けていることもあった。

それから放課後までの授業時間、彼女の言葉が脳内を繰り返しめぐり、
いったいどんな用なのか、頭の中であーでもないこーでもないと考えた。

もしかしたら、好きだという告白をされるんじゃないかと思った。
僕と京子との関係は、良好といっていいと思う。
幼馴染という強みがあるから、僕も少し強気でいられる。
しかしこうも考えられる。
もしかしたら、好きな人ができたんだという告白をされるのではないかと。

しかし、期待と不安だけが残り、結局答えは見つからなかった。

授業が終わり、彼女は朝と同じように突然教室にやってきた。
前の席の扉がバンと開くと、授業の先生と入れ替わりに入ってきて、
すぐさま僕の席までズンズンと進むと、いきなり僕の腕を掴んだ
そのまま出口まで引っ張られた。
「ちょ、ちょっと。まだ帰る準備が…」
「急ぐの。屋上に行こう」

彼女に腕を掴まれながら、そのまま廊下を進み、階段を上がった。
ギイと錆びついた扉を開けると、そこから風が吹きだし重い扉が一気に開く。
ここは学校の屋上だ。今は誰もいないようだった。

僕たちは、奥のフェンスまで近づいた。そして、そこから下校途中の学生や
部活動を始めようかとしている人たちが集まっているのを、なんとなしに見ながら話を始めた。

僕はかなり緊張をしながらも、それを隠そうとしながら聞いた。
「それで、話って何?」
彼女はためらいながら、言った。
「今日起きてから、みんながおかしいの」
「おかしい?」
どうやら恋の告白ではないようだった。
内心残念に思いつつも、話の続きを促す。
「それで?」

「うん、男子ががさつになって、
女子がお淑やかになったの」
「はぁ?それがおかしい?」
「それに男子がエロくなって、
女子がエロを恥ずかしがるようになったの」

「ん?うん、そう」
僕には何がおかしいのかがわからなかった。

「他にもいろいろあるんだけど、
なんだか女と男があべこべになったみたいなの」

「はぁ、あべこべ?」

僕の気のない返事に、業を煮やしたのか
彼女はいきなりスカーフをスルッと解くと、
脱ぎ始めて、上半身裸になった。
「ちょ、ちょっと!」
「これでも信じない?」

逸らそうとしても自然と胸へと目が向かってしまう。
肌色にピンクの突起が見える。
のーぶら?
瞬間、僕は無理やり体をあさっての方向に向けて彼女に言う。

「わ、分かったから。服着て!服!」
がさごそと彼女の衣服の着る音だけが、妙に耳に聞こえてくる。

「もう着たわよ」
「う、うん」
僕は視線を彼女に戻した。なんだかもったいないような妙な気分を感じて、
こんな時なのにエロ思考をする自分が情けなく感じると思うと同時に、
彼女がどこかおかしい事を認識した。

「だから、上半身ぐらい見せるのが当たり前だと思ってたのに、義隆みたいにみんなが慌てふためくの」
「え?そりゃそうだ。いきなりだったからびっくりしたよ。というか、ほかの人にも見せたの?」
みんなが慌てふためくということは、どこかで同じように服を脱いだのかもしれない。

「今日の体育の時間に、着替えようとしたら周りの女子が止めてくれたの」
「あぁ、そうなの」
かなり安心した。京子の裸を男子が見たなんて聞いたら、見た男子に嫉妬するだろう。
「って、僕には見せて平気だったの?」
「だって信じないんだもん」
たしかに、言葉だけじゃ信じられなかったかもしれないが、先ほどのは心臓に悪い。

「それで、いつからおかしいと思い始めたの?」
「おかしいと思ったのは、なぜか家にある学校の制服がスカートしかなかったことと
朝学校に来るときに男子の服装がちょっと変だなって思ったのことかな。
分かったのは、午前にあった体育の時間の着替え。
いつもなら男子が使ってる更衣室を使うなんておかしいじゃない」
女子が更衣室を使うなんて当たり前が、彼女の当り前じゃくなっている。

「う~ん、今日の朝からおかしかったということか。それで原因は何か思い当たる?」
「わかんない、昨日は普通に眠って、今日も普通に起きたし」
原因がわからないということは、直し方は見当もつかない。

「京子にとって、さっきみたいに服を脱ぐのは当たり前なの?」
「うん、脱ぐくらいなら当たり前。それよりも男子の服装のほうが目に毒だわ」
目に毒といわれても、僕にとっては当たり前なのだが。
「男子が胸にサポーターを着けてないのに、シャツ一枚で胸が見放題なのよ」

「ふーん」
僕は京子に、男と女と価値観が全く逆転していることをかなり詳細まで解説された。

ところで、なんで僕に相談なんかするのだろうか気になった。
こういうのは同性のほうが相談しやすそうな感じがするが。

「なんで僕に相談なんか?」
いくら考えてもわからないので、聞いてみた。
「だって、友達に相談するのも、頭おかしいって思われるかもしれないんし」
「じゃあ僕に相談したのは、幼馴染ってことで?」
彼女はびっくりしながら、僕に衝撃の一言を投げかけた。
「へ?彼氏としてよ」

学園のアイドル、佐伯京子はいつの間にか僕の彼女となった。あべこべな彼女として。

 

スポンサーリンク

 

index