第12話 探索と特訓

 ドラゴンが立ちふさがる上層へ上がる階段への道を一旦諦めた僕たちは、逆に下層に向かって進むことにした。下層へ向かう目的は、出口を見つける為。その他の外へ出る手段を探すためだった。
 下層へ進んでいくとモンスターと遭遇することになったが、苦戦はするが倒せないほどの強さではなかったのでドラゴンと立ち向かうための特訓として戦闘を繰り返しつつ、どんどん下へ向かって進んで行った。



「フレデリカさん! 前方から3匹のゾンビピッグが来ますからお願いします。その後ろにウィッチが居ますから、そっちは僕が対処します。二人ともウイッチの魔法攻撃に注意して!」
「おう! 任せろ」
「姉さん、後ろは任せて」
 僕は2人に警告しながら、魔法を使うモンスターであるウィッチに照準を合わせてファイアアローを放つ。ウィッチは魔力耐久力が高くて魔法も使ってくるので少し厄介だが、こちらから連続で魔法を当てて相手に魔法を使う隙を与えないように手数で押す。
 一方、近寄ってきたゾンビピッグと呼ばれている豚のような姿をしているゾンビ化したモンスターに、フレデリカさんが大剣を叩きつけるように斬り込んでいく。シモーネさんはフレデリカさんの後ろに付いて、ゾンビピックのフレデリカさんへの噛みつき攻撃を牽制。確実に仕留めていく。

 リーヴァダンジョンに入った時に比べて能力が明らかにレベルアップしている2人。しかし、特訓を始めた最初のうちは非常に苦戦していた。
 リーヴァダンジョンの10階層で戦闘したモンスターに比べて、ココに出現するモンスターは耐久力や生命力が何倍も高いために、フレデリカさんの持つ大剣で精一杯の力で斬りつけても十分なダメージが与えられず反撃を受けて倒せなかった。シモーネさんの弓矢による攻撃はモンスターの身体に当たっても突き刺さらずに跳ね返されて、四苦八苦していた。
 そこで僕が、魔法を使って相手の行動を麻痺させて動けなくした上で防御力を下げる魔法をかけて、2人の攻撃を通るようにした後にとどめを刺して倒させることに。

 時間は掛かったが、繰り返しモンスターを倒した2人はみるみるうちに成長していった。筋力と俊敏性が上がって、大剣の刃や弓矢がモンスターの身体に通るようになると、僕の補助無しでモンスターを狩れるようになり、成長もスピードがアップ。そして、短時間でかなり腕の立つ剣士と弓使いになった。

「やっぱりモンスターが段々と強くなってきてますね」
 下層へ来る度に感じていた僕の素直に思った感想を口にする。どうやら、下へ行くほどにモンスターが強くなっていってるので、下層に行っても出口は無さそうだと思う。だけど、外へ出る手段は何がキッカケになるかわからないので、まだ希望は捨てない。

「あぁ、またエリオットの魔法による補助が無いとキツくなってきた」
「私たちはエリオット君にお世話になりっぱなしね」
 申し訳無さそうにする2人。なんと声を掛けるべきか思いつかないので話題を無理やり変えることに。

「大分下まで降りたと思うんですけど最下層はまだですかね?」
 10階層や20階層でドラゴンのような伝説級モンスターが出現するダンジョンがあるという記録は無かったはずだし、ドラゴンが居るフロアがある地点でかなり下層のほうだと予想する。少なくとも、ドラゴンが居た場所は30層位の位置だろうと思う。そう考えると、そこから更に20層を下がってきた今は、合わせて50層以上を降りてきたことになる。

 しかし、僕の記憶ではそんなに層の深いダンジョンは王都の近くになかったはずで、フレデリカさんとシモーネさんの2人にも聞いてみたところ、最近の情報では王都の近くにあるダンジョンで40層を超える地下に潜ったという話は聞いていないという。
 リーヴァダンジョンで引っかかった転移の罠、転移の規模や視界が暗転した10秒という転移にかかった時間から考えるに、王都にあるリーヴァダンジョンからそんなに離れた場所ではないと思っていた。しかし、どうやら想像している以上に遠くに飛ばされた可能性が出てきた。

 罠に引っかかった時、魔法陣の内容をもっとシッカリ観察していれば魔法陣によって指定された転移先を読み解いて今居る場所も分かったかもしれない。かと言って、あの時はシモーネさんと距離を詰めて離れ離れにならないようにするのが精一杯だった。あの時、僕だけ転移の魔法を身に着けているローブが無効化してしまい、シモーネさんとフレデリカさんと離れ離れになっていたとしたら、2人はドラゴンにやられていた事を考えると最良の判断だったとは思う。

 本格的に今居る位置がわからなくなってきた。せめて、最下層にたどり着けば何のダンジョンなのか分かるはずなので、そこから居場所を特定できるかもしれないが最下層には何時たどり着けるのだろうか。

 下がれど下がれどダンジョンが続いていき、再び精神的に追いつめられてきた僕達3人。フレデリカさんとシモーネさんの2人は階層を下るごとに驚異的なスピードでレベルアップしていくが、まだまだドラゴンと対峙するには能力が足りない。

 どうすればいいか考える。

 僕1人でドラゴンと戦う為に2人を魔法で眠らせてしまうか。いや、2人を眠らせてもドラゴンと戦闘している近くに眠らせてたままにしておく訳にはいかないし、ドラゴンの攻撃が届かない遠くの場所で眠らせておいたら、今度は僕がドラゴンと戦っている間に2人がモンスターに襲われるかもしれない。却下。

 2人を置いて僕だけが先に上層へ急いで戻りドラゴンに特攻。2人が僕に追いついた時は、ドラゴンを既に倒している。いや、2人を置いて行った場合に索敵や牽制を請け負っている魔法使い1人が抜けることで今までの連携が崩れて戦闘が非常に厳しくなる。3人揃っていないと上層へ戻れないかもしれないので却下。

 朝にダメと言われた方法、1人で挑ませてもらえないかもう一度2人を説得できないだろうか。それとなく聞いてみるたが、やはりダメ。譲渡して囮や援護でも良いから、戦闘に参加させてくれないと許可しないと2人は提案してきた。しかし今の彼女たちでは、ドラゴンの攻撃を受け切れることは出来ないので2人を守りながらの戦いになっていしまう。そうなると勝てる見込みが更に少なくなるので、却下。

 色々と案を考えてみるが、どれも十分でない。どうするのが一番良いのだろうかと考えに熱中するあまり、奥へ奥へとすごいスピードで下層へ潜っていった。

 そして、気が付くと僕たちは最下層へたどり着いていた。

 

スポンサーリンク

 

backindexnext