第10話 テント

 罠によって転移させられ、転移した先でドラゴンと遭遇することになった僕たちは精神と体力を消耗し、非常に疲れていた。今の状態で探索を進めても、集中力も欠けていて見つけられるものも見つけられない可能性が高い、そしてモンスターと戦闘に入っても苦戦する可能性を考えたので腰を下ろして休むことになった。

 幸い、僕は魔法使いなので魔空間という重量が関係なくアイテムを持ち運べるという便利な魔法が使える。その中に、食料や野営道具などをずっと昔から入れておいたあったので引っ張り出してきて今回活用することに。

「しかし、エリオット君が居て助かったわ」
「本当にそうだな。私達2人だけじゃ多分ドラゴンにやられて死んでいただろう。上手く逃げ切ったとしても、外に出ること無く飢えて死んでいただろうしな」
 2人は僕の渡した緊急用に用意しておいたバランス栄養食を食べながらしみじみと言う。

「まだ安心するのは早いですよ。それに、今日ダンジョンに潜るキッカケになったのは僕のです。だから、もしも僕が居なかったらダンジョンに入ることもなく、罠に引っかかることも有りませんでしたよ」
 この事に思い至って、少し心苦しく思っていた。もしも、僕がダンジョンに行こうと思わなかったらどうなっていただろうか。

「まぁそんな想像で物事を言い合っても仕方ないから今後の事を話しましょう」
 シモーネさんの言葉に同意する。過去のことよりも未来のことを。食事を素早く終えて、どうやって休むかを話し合う。

「とりあえず、誰か1人はモンスターが近づいて来ないか見張っておいて、そのうちに残りの2人が寝れば良いな」
「それなら、私が先に見張り役を請け負うわ。エリオット君と姉さんに比べて私はまだ余裕があるから、先に2人が休んでちょうだい」
 フレデリカさんとシモーネさんの2人で話がドンドン進んでいく。さすが、普段冒険者として活動している2人だった。気持ちを切り替えがシッカリ出来て落ち着いている。

「そうか、じゃあ私とエリオットが先に休ませてもらおうか」
 フレデリカさんが瞬時に判断して決まる。

「それで頼りっぱなしで申し訳ないが、地面に敷く何か、寝具とかあれば貸してくれないか?」
「えぇ、もちろん良いですよ。テントと寝袋があるんでソレを使いましょう」
 僕達が今居る場所は気温が低く少し肌寒くなっていて、そのまま寝っ転がって居るだけで地表に体温がじわじわと奪われてしまう。そうなっては体力回復もままならないので、魔空間から睡眠のための道具を取り出してくる。取り出したのは僕が昔旅していた時に使っていたテントと寝袋。保温してくれるテントと地表の冷たさを回避できる寝袋は非常に有用だった。

「ただ、このテント一人用なので僕も見張りします。先にフレデリカさんがこのテントで休んで下さい」
 僕はテントを取り出して2人に見せる。僕の言うように、基本的にソロでしか活動しない僕の持っているテントは一人用の物しかなかった。この一人用のテント、僕が1人で使う分には余裕だったが、2人で入ると窮屈になってしまう。ましてや、身長が僕よりも大きい2人だったので、どちらが入っても余裕がなくなる。

「うーん、それなら私よりもエリオットが先に休めよ。私よりも疲れているだろうし、元々お前の物だから先に使う権利があるだろう」
 フレデリカさんは僕に遠慮して先に使わしてくれるように言ってきた。しかし、今日ダンジョン内で前衛をしてくれて体力を一番使って頑張ってくれたフレデリカさんよりも先に休むのは心苦しい。
 そこから、しばらくの間に譲り合いになってしまった。どちらかテントの外で寝袋だけ使って寝ると言ったり、いっそのことテントを使わないでみんな外と言った意見も出たが、あるものを使わないのはもったいないという事になり、どうやってテントと寝袋を振り分けるか話し合いが続いた。

「それじゃあ、狭いですけど一緒に入ってみます?」
 僕が冗談で言うとフレデリカさんが、それは非常に良い提案だと同意してしまった。僕の考えでは断ってくると思っていたのに。そして、冗談が本気で取られたため今更冗談だったと言えないようになって、本当に一緒に寝ることに。
 今日初めて出会った女性と一緒のテントで寝るというのはどうなんだろうと思ったが、今は緊急事態だし少しでも早く多くの体力を回復するためにという配慮してくれているのだろう。

「やはり少し狭いな」
 直ぐにテントを立てて、先にフレデリカさんが中に入って行き僕の貸した寝袋に入り込む。寝袋は予備にもう一つ持っていたが、テントの中で2人で寝る事になった今は窮屈になってしまうため一つの寝袋を共有することになった。

「お邪魔します」
「コレは君のだろう、遠慮はいらない」
 フレデリカさんが入っている寝袋に僕も一緒に入ることに。女性とこんなに密接するのは何時以来だろうか。妙に暖かいフレデリカさんの体温を感じるほどに密着する。

 僕が寝袋に入りきった時に、フレデリカさんと顔が向かい合う形になった。改めてフレデリカさんの顔を至近距離でじっくりと見て、非常に整っている事に気づく。途端にこんなに綺麗な女性と一緒に寝ることになって恥ずかしさと、少しの疚しい気持ちが湧き出て胸が高鳴ってしまい、気づかれないように背中を向ける。

 テントは非常に狭くて、一つの寝袋を共有することで、肌と肌の接触は当然だった。
僕はローブを脱いでいて、薄着の状態に。フレデリカさんは露出が多くて締め付けの強い防御着を脱いでリラックスしていた。そして、今はほとんど裸に見えてしまう下着状態になっていた。彼女の肌の感触がより直接的に感じれてしまう。
 背を向けた僕の身体を後ろから抱きしめるフレデリカさん。この姿勢が収まりが良いということで、後ろから抱きしめられるままにおとなしくする僕。後頭部に丁度彼女の大きくて柔らかな胸が当たる感触を意識しないように考えるが、どんどんと頭がポーッと暑くなってくる。多分僕の顔は今真っ赤になっているだろう。ソレぐらいに恥ずかしかった。

 そんな状態だったからしばくの間は興奮してしまって眠れないと思っていたけれど、想像以上に疲れていたみたいで、僕は気づけばグッスリと眠りに入っていた。
そして、目が覚めた時には既にフレデリカさんが見張り役をしていて、僕はいつの間にかシモーネさんに抱きしめられていた。全然気が付かなかった、いつの間に。

 

スポンサーリンク

 

backindexnext